初夏の恵みを味わう散歩 ~ヒナゲシとアスパラガス

 初夏に入ると、ペルージャ近辺の野山や道の傍ら、そして除草剤を使わない畑では、ヒナゲシ(papaveri selvatici)の赤い花が一面に咲きほこり、道を行く人の目を楽しませてくれます。こちらは、ペルージャのすぐ北方にある郊外の村、チェネレンテ(Cenerente)の麦畑を撮影したものです。
f0234936_23231951.jpg

 写真の奥の方、中央よりやや左手には、チェネレンテの教会とその鐘楼が小さく見えています。5月に入ってから、この付近を車で通るたびに、鮮やかな一面の紅に感嘆していたのですが、なかなか写真に収めることができませんでした。

 6月6日日曜日の夕方、「麦畑を紅に染めるヒナゲシを撮影したい」と夫に頼み、車で繰り出して撮ったのが、上の写真です。「最近は暑くなって、毎日太陽が照りつけているから、もう枯れかけてしまっているよ。」と予告されていたとおり、残念ながら、もう一部のヒナゲシは枯れしぼんでいて、わたしが感動したときに比べると、赤の鮮やかさが目減りしていました。

 この後は、テッツィオ山の西側にある山道を散歩することにしました。

 散歩コースは、テッツィオ山自然公園の入り口から、トラジメーノ湖の遠景が美しい地点、ミーララーゴ(Miralago)まで。
f0234936_2350296.jpg

 写真の右手にある道の奥の方に、緑色の鉄柵があり、これがテッツィオ山自然公園(Parco Naturale del Monte Tezio)の入り口になっています。写真の左手には、夏の野山を彩るエニシダ(ginestra)の黄色い花が、今を盛りと咲いています。

 鉄柵があって、車は通れないのですが、柵の左側には人が楽に出入りできるだけの空間があって、散歩に訪れる人や犬が自由に行き来できるようになっています。車は、道の左側、エニシダの前に駐車します。

 さて、柵を通り抜けて、なだらかな坂道をしばらく登っていくと、やがて様々な散歩コースの分岐点に行き当たります。わたしたちは、そのうち2番コース(Sentiero n.2)を途中まで歩くことにしました。すべて歩くと、テッツィオ山頂付近にある十字架、Croce cella Pieve(下の写真)まで登ることになり、片道2時間近くかかるからです。
写真は、5月1日のテッツィオ山登頂時に撮影。登頂についての記事は、こちらです。


 分岐点で左に曲がり、2番コースを進みます。まずは、緑の木々に囲まれた森の中を、なだらかな坂を登りつつ、しばらく歩いて行きます。(下の写真)
f0234936_0481546.jpg

 途中ですれ違った下山中の人が、野生のアスパラガス(asparagi selvatici)をたくさん収獲していたため、わたしたちも、道の左右を注意深く見ながら、散歩をしていきました。最初は、「1本だけアスパラガスがあっても、何が作れる? もうアスパラガスの季節は終わりかけているんだよ。」と言っていた夫も、わたしが、1本2本と見つけていくうちに、やはり、「ペルージャっ子(perugino)としては、負けられない」というところでしょうか、時には道を少しそれて、森の中に踏み込み、真剣にアスパラガスを探し始めました。
f0234936_0454435.jpg

 上の写真で、中央付近に左右に長く伸びて生えているのが、野生のアスパラガスの親となる木です。細長いい薄茶色の幹と枝に、短い針のような濃緑の葉が生い茂っているこの植物を、ペルージャの人はasparagiaio(発音は、「アスパラジャイオ」)と呼びます。タケノコが竹の若芽であって、竹の近くに生えるように、野生のアスパラガスも、このアスパラジャイオが春先に出す若芽が育ったものなのです。アスパラジャイオの根は、竹の地下茎ほど長くは伸びないため、アスパラジャイオを見つけたら、そのすぐ近くに、アスパラガスが顔を出している可能性が高いことになります。上の写真をよくよくご覧になると、写真の右手にすくっと上方に伸びている黄緑色の細長いものがありますが、これが、野生のアスパラガスです。
f0234936_112551.jpg

 こちらの写真でも、やはりアスパラジャイオのすぐ近くに、アスパラガスがすくっと伸びています。

 というわけで、野生のアスパラガス探しは、まず森に茂っている緑の草木の中から、目ざとくアスパラジャイオを見つけることから始まります。アスパラジャイオが見つかったら、その周囲を注意深く見ると、野生のアスパラガスが見つかることが多いのです。すでに他の人が摘んでしまった残りの茎も、この日は何本も見かけました。また、アスパラジャイオがあっても、アスパラガスがない場合もたまにあります。

 この日は朝から日ざしが強く、暑くもあり、前夜のコルチャーノ合唱祭で疲れてもいたので、日陰の多いところ、つまり森の中で、あまり疲れない短距離の散歩をしようということで、この散歩コースを行くことに決めました。わたしたちが、アスパラガス探しに夢中になったのも、「季節が終わってしまう前に、おいしいアスパラガスを収穫しよう」というほかに、「あまり歩きたくないから、散歩をのんびり楽しむためにも、立ち止まって、アスパラガスを探そう」という気持ちがあったからです。
f0234936_165639.jpg

 こうして、しばしば足を止めては、アスパラガスを摘みつつ、のんびりと進んでいくうちに、やがて、目的地、ミーララーゴ(Miralago)に到着しました。上の写真は、このミーララーゴからの眺めです。「湖」(lago)を「見晴らす」(mirare)ことができるというその名のとおり、緑あふれる平地やなだらかな丘の向こうに、美しく水をたたえるトラジメーノ湖(Lago Trasimeno)が見えます。日の光が強かったため、写真では、残念ながら、緑の奥にある湖と空の区別がつかないのですけれども。道の傍らには、赤いヒナゲシの花が咲き、山の斜面のあちこちをエニシダの黄色い花が彩っていました。
f0234936_17123039.jpg

 この写真は、一足先にミーララーゴにたどり着いて、美しい眺めを楽しんでいる夫を撮影したものです。この道をさらに進んで、テッツィオ山を登っていくと、十字架、Croce della Pieve(三つ目の写真)まで行くことができるのですが、今回は、美しい風景とアスパラガスの収穫に満足して、ここで引き返すことにしました。
f0234936_18393462.jpg

 岩肌や緑の草木の間に、この美しい桃色の小さな花がいっぱいに咲いているところもたくさんありました。
f0234936_18421654.jpg
 
 道端には、風変わりなラン(orchidea)の花も咲いていました。「歩く植物・動物事典」の夫によると、花が昆虫の形に似ているのは、この姿で昆虫を呼び寄せて、受粉を手助けしてもらうためだそうです。このランは花弁が白いのですが、同じ種類で、花弁が薄紫色のランの花もあります。(下の写真)
f0234936_18484599.jpg

 こうして、道の傍らに咲く花を楽しみながら、そして、わたしは松やモミの木の花粉に苦しみながら、出発地点であった、テッツィオ山自然公園前の駐車場まで戻りました。わたしたちが車で到着した午後6時頃には、道の左側に車がびっしり並んでいたのに、散歩を終えて戻った午後7時半過ぎには、車がわたしたちの車も含めて、2台しか残っていませんでした。(2枚目の写真は、散歩が終わったあとに撮影したものです。)

 なお、このテッツィオ山散歩の2番コース(Sentiero n.2)については、テッツィオ山文化協会(Associazione Culturale Monti del Tezio)のサイトに、詳しい説明があります。該当ページは、こちらです。イタリア語で書かれていますが、道筋を示す航空写真もあります。

 高さ961メートルのテッツィオ山、5月1日にわたしたちが歩いたコースには道が分かりにくい地点もあったのですが、テッツィオ山自然公園入り口から出発する散歩コース(詳しくはこちら)は、どの道もきちんと案内板があって分かりやすく、歩きやすいように整備されています。公園入り口近くのコンプレッソ(Compresso)までは、ペルージャ中心街から、apmのバス(現在は、KとZ15)で行くことができますので、付近に住まれている方は、ぜひ一度散歩を楽しんでみてください。
f0234936_17284481.jpg

 こちらが、今回わたしたちが収獲した野生のアスパラガスです。翌日に食べることにしたため、鮮度を保つために、水につけておきました。次の日の夕方、下ごしらえをしてから、卵とじにして、おいしくいただきました。季節が終わりかけているからか、とても細いアスパラガスが多かったのですが、独特のさわやかな苦味を楽しみながら、食べることができました。

 野生のアスパラガスやその卵とじの調理法に興味のある方は、こちらをご覧ください。

Articolo scritto da Naoko Ishii

「この記事いいな」と思われたら、クリックをお願いします。
Cliccate l'icona con la talpa se vi è piaicuto l'articolo.
 人気ブログランキングへ

こちらもクリックして、応援をいただけるとうれしいです。
Sarei contenta se mi incoraggiaste cliccando anche l'icona con i fiori.
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
    にほんブログ村

by milletti_naoko | 2010-06-10 11:55 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/13932294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 食の安全と酪農の危機 和伊折衷の誕生祝い >>