古き良き時代のコーモ ~遠来の友人からの贈り物

 6月28日月曜日の午後は、遠いコーモ市から、我が家に来客がありました。コーモは同名の湖、コーモ湖のほとり、イタリアの北端にあります。

 わたしの夫、ルイージが友人のルーカたちと、22年前の夏に、アドリア海岸の町、イジェア・マリーナの海辺(詳しくは、こちら)を訪れたときに、まだ独身であったシルヴァーナたちと出会って、一緒に休暇を過ごしたのがきっかけで、今でも家族ぐるみのつきあいがこうして続いているとのことです。
f0234936_5435964.jpg

 上の写真に写っているのが、この遠来の友人たちで、右から、シルヴァーナ、その夫のエンゾ、そして、エレオノーラとダニエーレ、二人の子供たちです。シルヴァーナとエンゾは、人手が足りず多忙な職場で、何とか金曜日・月曜日に休暇を取って、4日間のウンブリア旅行をすることに成功しました。

 客をもてなそうと、義母がテーブルに運んだのは、まずは、こちらのビスケットです。
f0234936_60222.jpg

 トスカーナ州のビスケット、カントゥッチ(cantucci、複数形)のウンブリア版で、ウンブリア州では、これをトッツェッティ(tozzetti、複数形)と呼びます。このトッツェッティは、義母の手作りの一品です。
f0234936_613432.jpg

 おいしいので、ぜひレシピが知りたいとシルヴァーナが言うので、義母が長年いろいろなおいしい料理のレシピを集め続けてきたノートを、テーブルまで持って来ました。

 シルヴァーナは、時々義母に質問をしながら、手帳にレシピを書き写していきます。
f0234936_6161820.jpg

 今回、シルヴァーナは、最近亡くなった父君の著作を1冊、わたしたちに、思い出にと贈ってくれました。題名は、訳すと『昔のコーモの思い出』

 彼が生きた古き良き時代、1930年代から1950年代の初めにかけてのコーモの町の様子や生活を、詳細に描いていて、現在、この本を読書中の義父母によると、「ペルージャでも、昔はこうだった。懐かしい。本当によく書かれている。」ということです。

 いずれメルマガでも一部ご紹介するつもりですが、たとえば、洗濯機(lavatrice)が家庭に普及する前には、洗濯は主婦の仕事だったけれども、シーツやテーブルクロスなど、特に洗濯の大変なものについては、洗濯女(lavandaia、コーモ方言では lavandéra)が有料で請け負い、公共の洗濯場(lavatoio)や川、湖のほとりで洗濯をしていたとあります。本の第1章は、こうした今はなき、あるいは廃れつつある昔の職業(le professioni ormai estinte)に充てられています。

 参考までに、6月にマルケを訪れたときに見かけたこの昔の洗濯場(lavandaia)の写真をいくつかご紹介します。
f0234936_18373517.jpg
 いずれも、勢いよく流れる川沿いに設けられていて、たとえば、この洗濯場は、セーフロ(Sefro)の村の中心にあります。(セーフロを訪ねたときの記事は、こちらです。)
f0234936_1841138.jpg
 こちらは、セーフロの村はずれにある洗濯場。洗い桶もあります。
f0234936_18435598.jpg
 一方、この大きな洗濯場は、セーフロの近隣にあるピオーラコ(Pioraco)村の中心にあります。今は、川の水を使って洗濯する人もいないので、川では白鳥たちがのんびりと泳いでいます。
f0234936_18535933.jpg

 今度は、お義母さんの方から、本についてシルヴァーナに質問。シルヴァーナはレシピを書き写す手をいったん止めて、質問に答えます。

 この本、『昔のコーモの思い出』で、特におもしろいのは、コーモのことわざ(proverbi comaschi)を当地の方言で記し、解説してある第3章です。

 次のコーモ方言のことわざが、どういう意味がお分かりですか。

 I du ròpp impussibil: fà stà fermi i fiöö e fà cuur i vècc.

 イタリアに住まれている方、イタリア語を学習中の方は、少し頭をひねって考えてみてください。お分かりになりましたか。

 答えは以下の通り。本には、方言で書かれたことわざの下に、著者がそのイタリア語訳と解説を付しています。

 Due cose impossibili: far rimanere fermi i bambini e far correre i vecchi.

 (絶対に不可能な二つの事業:子供をじっとさせておくことと老人を走らせること‐石井訳)

 解説には、「元気な盛りの子供は一瞬もじっとしていることができない一方、老人は歳を重ねるにつれて、若いときの体力を失っていき、あまり体を動かさずに過ごすことを好むようになる」とあります。執筆したときすでに80歳が近かったシルヴァーナの父君の解説には、自身の人生の述懐もこもっているのでしょう。奥深いものがあります。

 ダニエーレは、ルイージやわたしがコーモ方言のことわざの意味を理解できるかどうか試し、シルヴァーナはルイージに、コーモ方言の発音を教授していました。
f0234936_1942680.jpg

 やがて、仕事を終えて駆けつけたルイージの弟マルコも会話に加わり、皆で久しぶりの再会とおしゃべりを楽しんだあと、シルヴァーナたちは、高速道路を車で約5時間という長い帰途についたのでありました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

「この記事いいな」と思われたら、クリックをお願いします。
Cliccate l'icona con la rana se vi è piaicuto l'articolo.
 人気ブログランキングへ

こちらもクリックして、応援をいただけるとうれしいです。
Sarei contenta se mi incoraggiaste cliccando anche l'icona con il mare.
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
    にほんブログ村

by milletti_naoko | 2010-07-01 12:20 | Feste & eventi | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/14093727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆん at 2010-07-02 13:19 x
こんにちは、早速遊びに参りました^^
綺麗な写真満載の素敵なブログですね!

私の場合、何度かイタリアへ行ったことがある・・・と言ってもありがちな世界遺産的な観光旅行ばかりですが、もっとずっと沢山の美しい名所があるのでしょうね。なかなか行くことは叶わないでしょうが、これから楽しく拝見させて頂きます。

イタリア語にも精通されているご様子、素晴らしいです。
Commented by milletti_naoko at 2010-07-02 21:59
夫と日本を旅行するときにも思うのですが、やはり日数が限られていると、日本旅行にしてもイタリア旅行にしても、ありがちな観光旅行になってしまう、というよりは、そうやって要所を押さえざるを得ないのではないかと思います。

わたしの方も、ゆんさんの細やかな感性でとらえたすてきな日本だより(?)を楽しみながら読ませていただきたいと思います。

また機会のあるときに、どちらにお住まいか教えていただけると幸いです。
<< パノラマ鳥瞰 夏のマレンマ自然公園を訪ねて2 >>