花の名は

 春の話になりますが、こちらは、4月に、我が家の庭で、目を楽しませてくれた花の一つです。
f0234936_0153924.jpg

小さな白い花がいっぱいに咲いている様子も美しいのですが、一つひとつの小さい花のつくりも、それは可憐で、見ていて飽きません。

f0234936_016924.jpg
  
 野菜畑へと降りていく階段の脇に咲いていたので、野菜を取りに行くたびに、花をじっと見つめていたら、この花の一風変わった咲き方を発見しました。
f0234936_0163299.jpg

 まずは、こんなふうに、麦の穂のような、それでいて、大きな芽でもツボミでもありそうなものが、茎の先端に現れます。

f0234936_0165599.jpg

 よくよく周囲を見ると、この麦の穂のようなものが、薄い袋状の包みの中に、小さなつぼみをたくさん秘めていることが、分かります。

f0234936_0171558.jpg

 このつぼみが、まるで卵から1羽ずつ孵っていくヒヨコのように、一つ、また一つと、薄い膜を突き破って、頭を持ち上げていきます。

f0234936_0173884.jpg

 「ほら、君たちも目を覚まして、頭をもたげてごらん。日差しが暖かくて、気持ちがいいし、空気も新鮮だよ。」

f0234936_018079.jpg

 「本当だ。外の空気は、なんてすがすがしいんだろう。」
 「あんまり慌てないで、一人ずつゆっくりおいでよ。みんながいっぺんに来たら、窮屈だから。」

f0234936_0184085.jpg

 そうして、一つひとつのつぼみが、少しずつ膜を破って、外に出て行き、さらに、そのつぼみが一つひとつ、順番に小さく白い花を咲かせていくのです。

f0234936_0454761.jpg

 遠くから見ても、近くから見ても、可憐で美しいこの花は、こんなふうに、とても不思議な咲き方をします。イタリアではもともと野山に自生する花だそうですが、我が家では、どうもお義父さんが、庭用にと買って育てたようです。

 この可憐な花、ラテン語の学名がAllium neapolitanum。イタリア語では、aglio napoletanoなのです。訳すと、なんと「ナポリのニンニク」。ユリ科ネギ属に属しているそうですが、ニンニクとは花もかなり違うし、臭みもなく、花が可憐なだけに、名前が悲しい気がします。もし日本語名があるとすれば、花にふさわしい名であってくれと、思わず祈ってしまうのでした。

Articolo scritto da Naoko Ishii

「この記事いいな」と思われたら、クリックをお願いします。
Cliccate l'icona con la rana se vi è piaicuto l'articolo.
 人気ブログランキングへ

こちらもクリックして、応援をいただけるとうれしいです。
Sarei contenta se mi incoraggiaste cliccando anche l'icona con il mare.
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
    にほんブログ村

by milletti_naoko | 2010-08-10 17:24 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/14373824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 花いっぱいの山の庭園 旅立ちの時 >>