花いっぱいの山の庭園

 7月17日土曜日は、景色のよい静かなところを見つけて宿泊しようと、朝から1日中車で移動し続けました。夕方になって、二人ともすっかり疲れ果てた頃に、巡り合ったのが、この庭園です。

f0234936_4464575.jpg

 目に飛び込む鮮やかな色の美しい花の数々が、わたしたちの疲れを吹き飛ばしてくれました。

f0234936_4471624.jpg

 色の明るさと美しさに、わたしがとりわけ魅かれたのが、こちらの花です。

f0234936_448249.jpg

 花には、日中は花を開いているけれども、日が傾くと閉じてしまうものが多いので、庭で最初にこちらの花を見たときに、「なんて美しい色の花だろう、咲いているところが見られなくて残念」と、思わず夫に言いました。

f0234936_4482538.jpg

 幸いまだ庭に日差しが降り注いでいるところがあって、こんなふうに花をいっぱいに咲かせているところを見ることができました。

f0234936_449416.jpg

 庭は広くて、さまざまな色の花がそれぞれに自分の花を咲かせています。庭の端には小さな池もありました。

f0234936_4492949.jpg

 イタリアではあまり見かけないコスモスの花も、色とりどりの花を美しく咲かせています。「秋桜」とも言うくらいで、日本ではもっぱら秋に見かけた花を、思いがけずイタリアの夏山に見つけて、不思議ながらも、うれしい気分になりました。

f0234936_4495771.jpg

 こちらの花は、イタリア語で、bocca di leone。訳すと、「ライオンの口」なのですが、それは、一つひとつの小さい花を手で上下に押し分けると、獣が口を大きく開けたような形に見えるからです。我が家近くの道端にも、あちこちに生えていて、やや紫がかった濃いピンク色をしています。上の写真では、左から二つ目の花です。日本語では、キンギョソウと呼ばれているようです。

f0234936_4503118.jpg

 こちらは、ケシ(papavero)の花の数々です。日頃、わたしたちが野山や麦畑によく見かけるのは、赤、あるいは赤みがかったオレンジ色のヒナゲシです。こんなに様々な色があることも、そして、一輪の花が二色で彩られているものがあることも、知りませんでした。

f0234936_4505890.jpg

 この庭は、名をGiardino di montagnaと言います。日本語に訳すと、「山の庭園」となるのですが、野山で見かける花よりも、人々が庭などで育てている花の方が多いような気がしました。

f0234936_4532244.jpg

 この庭園は、国立トスカーナ・エミリア地方アッペンニーニ自然公園(Parco Nazionale dell'Appennino Tosco-Emiliano)オレッキエッラ(Orecchiella)にあります。上の写真に写っているのは、このオレッキエッラの観光案内所です。子供やあまり歩き慣れていない人でも楽しめるようなトレッキング・コースがいろいろと用意されていました。

f0234936_4542732.jpg

 週末で人も多く、野生的な自然を好む夫には、物足りなかった様子だったので、結局、オレッキエッラはわたしたちのトレッキング候補地からは外れることとなりました。そこで、山の庭園の後方に聳え立つ岩壁、Pania di Corfinoを眺めながら、オレッキエッラを後にしました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

「この記事いいな」と思われたら、クリックをお願いします。
Cliccate l'icona con la rana se vi è piaicuto l'articolo.
 人気ブログランキングへ

こちらもクリックして、応援をいただけるとうれしいです。
Sarei contenta se mi incoraggiaste cliccando anche l'icona con il mare.
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
    にほんブログ村

by milletti_naoko | 2010-08-11 22:00 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/14380631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 百の湖自然公園を訪ねて1 花の名は >>