百の湖自然公園を訪ねて1

 7月10日、11日の週末に友人たちと共に、チンクエ・テッレを訪れた後(記事はこちら)、わたしと夫は、休暇の旅行を二人で続けるべく、国立トスカーナ・エミリア地方アッペンニーニ自然公園(Parco Nazionale dell'Appennino Tosco-Emiliano)に向かいました。

f0234936_5552725.jpg

 自然公園は、北西から南東へと細長く延びていて、北西部はエミリア・ロマーニャ州パルマ県、南東部はトスカーナ州ルッカ県に属しています。

f0234936_59331.jpg

 上の絵と地図は、それぞれ、自然公園が発行した、『Un parco da scoprire』(訳すと、「ぜひ発見してみたい自然公園」)と題する観光案内と地図から借用しました。

 7月12日月曜日の朝、リグーリア州のホテルを後にして、まずは、自然公園の近くにあるポントレーモリ(Pontremoli)という町を目指して、車で北東に向かい、そこから、自然公園へと、少しずつ山道を登っていきました。
f0234936_5112992.jpg

 風景や花の美しいところがあると、車を止めて、眺めを楽しんだり、写真を撮ったりして、のんびりと進んで行きます。

f0234936_5115919.jpg

 このgarofaninoは、夫が好きな花の一つです。野山を歩いていると、大きさも色も、そして、模様や花の形もさまざまな、このgarofaninoをよく見かけます。

f0234936_513621.jpg

 途中、カサリーナ(Casalina)という小さな村で、車から降りて、散歩をしました。緑の山の中に、赤屋根の並んでいる様子が美しくて、わたしたちの気に入ったからです。上の写真に見えるサン・マッテーオ教会(Chiesa di San Matteo)は、残念ながら閉まっていました。

f0234936_5143933.jpg

 カサリーナ村を通り過ぎてしばらく行ったところに、小川が勢いよく流れていました。

f0234936_5151837.jpg

 小川のすぐ近くには、果実の赤いニワトコ(sambuco)の木がありました。以前にも、アッペンニーニ山脈のどこか涼しい山の水辺で、赤い実でいっぱいのニワトコをいくつか見かけたことがあります。

 昼ごろになって、ようやく国立トスカーナ・エミリア地方アッペンニーニ自然公園(Parco Nazionale dell'Appennino Tosco-Emiliano)内に入りました。
f0234936_5174943.jpg

 写真は、公園の北東部に位置するラグデイの山小屋(Rifugio Lagdei)です。自然公園の案内パンフレットがあり、地図やガイドブックも売っていました。

 国立トスカーナ・エミリア地方アッペンニーニ自然公園は、あまりにも領域が広いために、すべてを網羅した詳細な地図はなく、ラグデイ(Lagdei)は、この広大な自然公園の北西部にあります。そして、国立公園の北西部には、州立百の湖自然公園(Parco Regionale dei Cento Laghi)と重なる部分が多くあります。(記事の最初にある絵地図を参照のこと)そこで、わたしたちは、次の地図を7ユーロで購入しました。

f0234936_5203125.jpg

 ラグデイの山小屋では、食事も取れるし、宿泊もできます。昼食に夫が食べたのは、ジェノバ風ペストのテスタローリ(testaroli al pesto genovese)です。
f0234936_5215879.jpg

 もちもちしたパスタとペストがそれはおいしいと、夫は大喜びでした。

 わたしが頼んだのは肉料理です。

f0234936_5225565.jpg

 名前は覚えていないのですが、肉全体に味がしっかりしみわたっていて、とてもおいしかったです。

 飛び込みで宿を頼んだため、ラグデイの山小屋から少し離れたところにある、別棟の建物(下の写真)内にある大部屋にしか空きがありませんでした。
f0234936_5234794.jpg

 月曜日で幸い宿泊客も少ないため、二段ベッドが三つある大部屋を、二人だけで使えるようにしてくれました。トイレ・シャワーも共用で、本来は安い宿泊料金が、大部屋を二人だけで使うための追加料金が8ユーロ、シーツのレンタル代が二人分で10ユーロであったために、結局は、高くついてしまいました。

 ラグデイの山小屋は、車でないと行き着けないのが難点ですが、食事もおいしいし、景色がすばらしく、お子さんや高齢者の方がいても、ゆっくり自然を楽しめるところです。特に、大人数で、山でのんびり過ごしたいという方には、おすすめです。早目に連絡すれば、二人用、あるいは三人用の部屋を予約することも、可能です。

 ただし、山小屋のホームページ表紙(リンクはこちら)によると、土日だけは、年間を通じて開いているものの、毎日開いているのは、夏は6月15日から9月15日までで、冬は12月26日から1月6日までの二つの期間だということですので、ご注意ください。

 ラグデイの山小屋の宿泊情報(イタリア語のみ)へのリンクはこちらです。
Cfr. Link  Rifugio Lagdei – camere e tariffe

《参考》

・百の湖自然公園の湖の数々
 ⇒ 記事、「百の湖自然公園2」(リンクはこちら

・ラグデイからエミリア・ロマーニャ州最大の氷河湖、聖湖へのトレッキング
 ⇒ 記事、「ラグデイと聖湖」(リンクはこちら


Articolo scritto da Naoko Ishii

「この記事いいな」と思われたら、クリックをお願いします。
Cliccate l'icona con la rana se vi è piaicuto l'articolo.
 人気ブログランキングへ

こちらもクリックして、応援をいただけるとうれしいです。
Sarei contenta se mi incoraggiaste cliccando anche l'icona con il mare.
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
    にほんブログ村

by milletti_naoko | 2010-08-12 22:41 | Emilia-Romagna | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/14387109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 百の湖自然公園を訪ねて2 花いっぱいの山の庭園 >>