朝顔とテラスの夕食

 庭のテラスに、夫が竹と鉢植えのジャスミンを利用して作り上げたアーチについては、以前にも写真でご紹介しました。(記事はこちら

f0234936_23553745.jpg

 そのジャスミンが植わる土に、夫が朝顔の種をまいたのですが、最近になって、ようやくこの朝顔の花を、毎朝楽しめるようになりました。

f0234936_23562319.jpg

 遅咲きのジャスミンの花が終わった頃から、ちょうど朝顔の花が美しく咲き始めました。さわやかな空色の花が、白く縁取られた淡い緑色のジャスミンの葉と、やさしく調和しています。

f0234936_23564827.jpg

 椿やアジサイ、桜と並んで、朝顔も懐かしい日本を感じさせてくれます。小学校の宿題で植木鉢に育てた朝顔、その観察日記を毎日書かなければならなかった朝顔は、赤かったような紫色だったような。いずれにせよ、淡く優しいパステル・カラーの朝顔は、わたしが認識していた「朝顔の色」の中にはなかったので、少し意外でした。

f0234936_23571071.jpg

 空のように、そして湖の水面のように淡いこの色が、わたしも好きです。イタリアでも、夏には、朝顔で垣根を覆っている家を時々見かけます。ただ、この場合も赤・紫・紺と色が鮮やかな場合が多く、木の格子に絡ませたり、緑色の鉄網の塀に絡ませたりしてあることがほとんどです。

f0234936_23575017.jpg

 竹とジャスミンでアーチを作り、さらに淡い空色の朝顔で飾った夫の、その独創性と和洋の様式を巧みに組み合わせた技に敬服。この優しい色に囲まれたテラスで、もっと時間を過ごしたいところですが、蚊がとても多いので、今のところは、もっぱらアイスクリームを二人で食べるときに活用しています。

f0234936_23591915.jpg

 去年の夏は、もっとしばしば食事をテラスで取りました。風が通って涼しいし、外のおいしい空気や眺めも楽しめます。手前の料理は、ナスとズッキーニを薄切りにして、グリルで網焼きにし、塩を振り、パセリとニンニクをみじん切りしたものを散りばめた上から、オリーブ・オイルをたっぷりかけたものです。準備するのに時間はかかりますが、長く保存もできるし、畑から採りたての旬の野菜のおいしさを十分に味わうことができます。

f0234936_00141.jpg

 こちらは、別の日に義父母を招いて、一緒に夫手作りのピザを食べたときの写真です。ピザ作りにいそしむ夫の写真をご覧になりたい方は、こちらの記事をお読みください。

f0234936_003685.jpg

 9月になり涼しくなりましたが、まだつぼみもたくさんあります。夫に言わせると、夏の終わりは秋分の日だそうで、その夏が終わるまでに、まだまだ朝顔が、涼やかな空色の花で、目を楽しませてくれそうです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

「この記事いいな」と思われたら、クリックをお願いします。
Cliccate l'icona con la campanella se vi è piaicuto l'articolo.
 人気ブログランキングへ

こちらもクリックして、応援をいただけるとうれしいです。
Sarei contenta se mi incoraggiaste cliccando anche l'icona con il mare.
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
    にほんブログ村

by milletti_naoko | 2010-09-07 17:03 | Fiori Piante Animali | Comments(0)
<< モヤシが食べたければ 滞在許可証よもやま話1 >>