モヤシが食べたければ

 日本に住んでいた頃は、モヤシを特に好んで、買ったり食べたりしていたわけではありません。にも関わらず、ここイタリアでは、スーパーなどで、缶入りのモヤシを見かけると、夫の抗議をふりきって買うことがよくあります。ふだん見かけない希少品なので、目に入るとほしくなる、ということもあるかもしれませんが、家で、「日本の味」と懐かしみながら食べることになります。

f0234936_0194310.jpg

 ただし、夫が反対するのは、モヤシが嫌いだからではありません。わたしが、

「モヤシは健康にもいいんだから。」と言うと、

「モヤシを食べたければ、種から育てるんだね。生のモヤシはともかく、こんな缶入りのものでは、栄養価も低いし、何が添加されているか知れたものじゃない。」

と夫が切り返すのが、わたしがモヤシの缶に手を伸ばすたびに、ほぼ確実に繰り返されるやりとりです。それでも買うときと、あきらめるときとどちらかが多いかと言うと、買うときの方が多いかと思います。

「種を買うって、一体どこで大豆の種が売っているっていうのよ。」
が、わたしの決めの一言でした。

f0234936_021264.jpg
(確かに、原材料をよく見ると、砂糖・塩・酢に加えて、食品添加物も二つ並んでいます。)

 イタリア語では、モヤシを「大豆の芽」(germogli di soia)と呼び、しょうゆは「大豆のソース」(salsa di soia)と言います。大豆(soia)を使った食品が日常生活と切り離せない日本では、「モヤシ・しょうゆ」という独自の名前を持った食品が、イタリア語では「大豆の」(di soia)という形容を伴って呼ばれるのは、やはり、これまで食されることのなかったものだからでしょう。

 一方、豆腐や味噌については、すでにイタリア語でも、tofu、misoという言葉が浸透しつつあります。ただし、「豆腐」を知らない人に説明するのに、「大豆で作ったチーズ」(formaggio di soia)と書いてあるのも、よく見かけます。

f0234936_0221987.jpg

 イタリアにも、豆類は豊富にあります。我が家の野菜畑にもあるソラマメ(fave)や豆が育つ前に青野菜として食べるサヤインゲン(fagiolini)。ウンブリア州の南にあるカステッルッチョ(Castelluccio)産のものがおいしいとされるヒラマメ(lenticchie)。(豆類の名は、複数形で使うことがほとんどなので、すべて複数形で記しています。)

f0234936_0235597.jpg

 除草剤を使わないため、ヒラマメの花と共に野の花も美しく咲くカステッルッチョ。(2008年6月26日撮影)

f0234936_0242572.jpg

 他にも、ヒヨコマメ(ceci)に各種のインゲンマメ(fagioli)など、食卓に上り、店で見つける豆類の種類も豊富です。しかし、そういう豆類の中に、ごくまれにazuki(なぜか緑色の小豆)を見かけることはあっても、大豆(soia)を見かけたことはありませんでした。

 というわけで、先日も、「他に食べる方法がないんだから、仕方ないでしょう。」と、夫の反対を押し切って、モヤシの3缶パックを買ったところでした。

 それが、なんと昨夕、夫が園芸店で、モヤシを育てて食べることができる大豆(soia)の種を、見つけて買ってきてくれたのです。

f0234936_025519.jpg

 二人で裏面の育て方を見てみると、手間はかかるけれども、それほど複雑ではなく、5日間ほどで、種からモヤシが育つようです。そこで、

「イタリアで新鮮なモヤシが食べられるなんて! さあ、今にも栽培を始めましょう。」と提案したら、

「この間買った3缶を食べ終わってから。」

ともっともな反論をされてしまいました。

f0234936_026440.jpg

 というわけで、今日からさっそくモヤシ3缶の消費に取りかかりました。

f0234936_0262681.jpg

 大量消費のために、まずは昼食用に一缶開けて、水気を切り、サニーレタス、ニンジン、トマトやゆで卵と共に、ミックスサラダを作りました。

f0234936_0264452.jpg

 一人で食べる昼食なので、サラダと玄米ごはんですませました。ちなみに、イタリアのレストランでは、サラダにレタス以外にもトマトなど他の野菜が加わったものを、insalata mista(ミックス・サラダ)と呼び、これにさらにたんぱく質を含むチーズ、ゆで卵あるいはスモーク・サーモンが加わった場合は、店独自の名前をサラダにつけたり、あるいはinsalatona(直訳は「大型サラダ」?)と呼んだりしています。

 旅行中に食べ過ぎて、おなかがもたれたり、夜遅くにピザ屋に行ったりしたときに、わたしがよく頼むのが、このinsalatonaで、パンもついてくるので、野菜もたんぱく質類も、そして穀類もバランスよくとることができます。

 我が家では、夫も昼食を取るときは基本的にパスタを作りますが、夕食ではセコンドと野菜料理を用意し、夫はパンと、わたしは玄米ごはんと食べるようにしています。時にはリゾットやチャーハン、巻き寿司などを作るので、そういうときには夫もごはんを食べるのですが、白米や玄米のごはんだけを食べることには抵抗があるようです。週に1、2度は、たんぱく質の豊富な豆類のスープをセコンドの代わりに食べるのですが、そう言えば、夏は暑いので、最近は豆スープを作っていませんでした。

 どうも話がそれましたが、今晩のハンバーグもモヤシ入りにして、できるだけ早くモヤシを食べてしまって、モヤシ栽培に移り、皆さんに結果をご報告できたらと思っています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

「この記事いいな」と思われたら、クリックをお願いします。
Cliccate l'icona con la campanella se vi è piaicuto l'articolo.
 人気ブログランキングへ

こちらもクリックして、応援をいただけるとうれしいです。
Sarei contenta se mi incoraggiaste cliccando anche l'icona con il mare.
 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
    にほんブログ村

by milletti_naoko | 2010-09-08 17:30 | Gastronomia | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/14561007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆん at 2010-09-10 13:11 x
もやしの缶詰、初めて見ました!
新鮮な袋詰めを見慣れているせいか、缶詰もやしに関してはご主人の意見に同感してしまいますが、貴重な日本の食材ですもんねー。なおこさんのお気持ちもよくわかります。
あちらは缶詰野菜が日本よりはるかに充実してますね。
旅行中スーパーをのぞくと、種類の豊富さに驚きます。

もやしの種、見つかって良かったですね。
私は入りゴマや豆板醤・ごま油・おろしにんにくと和えて、ナムル風に作ったりしますが、いかにも食材が東洋的ですね^^;

insalatonaと言うのですね。
次回(いつかわかりませんが)の旅行の為に覚えておきます!
Commented by milletti_naoko at 2010-09-10 15:54
もやしは中華風に料理するのも好きなのですが、ゴマ油も非常に値段が高いので、買ったり使ったりするのに、ついつい躊躇してしまいます。ゆんさん風もやし料理も、いつか作ってみたいと思います。ただ、外国の調味料がとにかく高いので、選択するとなると、厳選して日本の酒やしょうゆ、みりんを買うことになります。

insalatonaはどの店もたいてい下に、かっこ入りでサラダに入っている具の名前が列挙してあります。サラダ菜やトマトまでは定番で、よく見るのがトウモロコシやニンジン、オリーブ、ゆで卵やツナ、パルミジャーノ。クルミが入ったりしている店もあります。店によっては、盛りだくさんのサラダの種類がたくさんあって、insalata nizzardaとかinsalata caraibi(ニース風サラダ、カリブ人のサラダと言っても、本当に各地でそういうサラダを食べるかは不明)などさまざまなサラダがメニューに並び、この場合も、サラダ名の下に材料名が列記してありますよ。


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

シクラメン・夕日が彩るポルヴ..
at 2017-09-21 23:59
湖の幸と夕景、音楽も楽しめる..
at 2017-09-20 23:45
映画、『この世界の片隅に』、..
at 2017-09-19 22:42
夕焼けの湖を飛ぶフラミンゴ、..
at 2017-09-18 23:37
マック2本指すいすい移動の術..
at 2017-09-17 23:53

記事ランキング

タグ

(591)
(517)
(325)
(273)
(209)
(187)
(164)
(155)
(144)
(132)
(131)
(118)
(111)
(94)
(88)
(86)
(85)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

アリスさん、なんとザリガ..
by milletti_naoko at 07:51
Brava senor..
by tomio at 21:24
なおこさん、湖畔の街でも..
by ayayay0003 at 10:48
tomioさん、イタリア..
by milletti_naoko at 22:13
アリスさんも感動されたん..
by milletti_naoko at 21:42

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク