リッチョーネの花市

 先週の週末はアドリア海岸の町、リッチョーネ(Riccione)で、花市(リンクはこちら)が開かれました。そこで、わたしと夫も、9月19日日曜日に、この花市を訪れました。色とりどりの花々を見て楽しんだのはもちろんですが、むしろ、庭をより美しく、居心地のいい空間にするためのアイデアがたくさん見つかって、興味深かったです。

f0234936_17411080.jpg

 会場は、館、Villa Lodi Fèとその庭園です。入り口で3ユーロを払って入場。この花市の正式名は、Giardini d’autore、訳すと「芸術家の庭園」です。残念ながら、この日は朝から雨が降っていました。

f0234936_17413515.jpg

 妖精や鳥の置物に囲まれた鉢では、蓮の花が、美しく咲いています。

f0234936_17421347.jpg

 こちらの装飾は少々グロテスクで、水草に覆われた水面に浮かぶ顔の口から水が噴き出ていて、水を入れてある鉢は、紫がかった色をしています。「蓮の花と水草」から日本で連想する池や庭の趣向と大きくかけ離れているところが、逆に意表をつかれて、おもしろかったです。

f0234936_17424052.jpg

 竹林の間に、竹を組んで小道を作り上げ、人が通れるようになっています。西洋風の花市の一隅に潜む「和の空間」。傘をたたんでは、小道へと入って行く人が大勢いました。

f0234936_1743265.jpg

 竹林の小道を抜けると、金属で作ったさまざまな鳥や動物、植物などの置物を飾った、不思議な空間がそこにありました。ツバメ、鶏、スズメ、……どれもよくできています。

f0234936_17432195.jpg

 キノコやリス、ハリネズミもあります。ハリネズミの行列が、何だか愛嬌があって、かわいかったです。フランス人の女性が一つひとつ手で創り上げた品のようで、看板はフランス語で書かれてあり、金髪の女性が、このおとぎ話のような空間を訪れる客に、作品の説明をしていました。

f0234936_17434738.jpg

 色も形もさまざまな、美しいランの花が並んでいます。

f0234936_1744666.jpg

 こちらの店では、果物、野菜など、さまざまな植物を乾燥させ、天然素材を使ったいい香りをたっぷり染み込ませた、まさに自然志向の「芳香剤」を売っていました。

f0234936_17443151.jpg

 漂ってくる香りが好ましいものであることはもちろん、色使いや置物など、店の装飾がそれは美しいので、思わず足を止めました。

f0234936_17445447.jpg

 他にも、花を使った香水や石けん、基礎化粧品、そして、さまざまな果物のジャムなどが売られていました。野生の鳥が一休みして、餌を取るための鳥の家も、さまざまなデザインのものを木で作ってありました。

f0234936_17451275.jpg

 こちらは、バラで作ったシロップです。バラの香りがたっぷりの赤いシロップは、とても甘くておいしかったです。

f0234936_17453153.jpg

 鉢植えの花や果物の木の他に、こうして球根も売られていました。

f0234936_17455266.jpg

 こちらは、夫によると、南アメリカ原産の植物だそうです。

f0234936_17471061.jpg

 花に水をやるのがうれしくなるような、こんな道具類も売られていました。

f0234936_1747359.jpg

 陶器の装飾が加わった美しい植木鉢や噴水も、館の建物の前に飾られていました。

 天気には恵まれませんでしたが、美しい花や趣向を凝らした品々を、たくさん見ることができて、実りの多い花市訪問となりました。

f0234936_174807.jpg

>追記(9月28日)

 園芸を専門に執筆活動を行うミンマ・パッラヴィチーニさんが、ご自身のブログ内でこの記事を取り上げ、それをきっかけにコメントの応答もしました。

LINK ↓↓
MIMMA PALLAVICINI’S WEBLOG – ‘questo si questo no' di Mimma

 ミンマさんは、わが夫が愛読する園芸誌、『Gardenia』や『Giardinaggio』に数々の寄稿をし、庭園や園芸、花についての本も何冊か出版されている方です。

 というわけで、お誘いに乗って、そのうちイタリア語で、日本庭園や日本人が古来から花に寄せてきた思い、その思いを歌った和歌などについて、執筆してみるかもしれません。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2010-09-25 10:58 | Feste & eventi | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/14666805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 奇跡の救いに感謝、フランコ訪ねて2 イタリア運転免許への書き換え >>