ペルージャ、チョコレート祭り

 バーチのチョコレート工場があることで知られるチョコレートの町、ペルージャ(Perugia)では、毎年10月から中心街で、チョコレート祭り(Festa del Cioccolato, Eurochocolate)が催されます。今年の開催は、10月15日から10月24日。わたしたちも、昨日の夕方、散歩がてらチョコレート祭りを訪ねました。

f0234936_18151100.jpg

 ヴァンヌッチ通り(Corso Vannucci)は、町が誇る美しい大噴水・大聖堂(上の写真、奥)からイタリア広場まで続くペルージャの目抜き通りです。さまざまなチョコレートや関連製品を販売するブースが、路上に並んでいます。

f0234936_18154878.jpg

 こちらの看板には、Evento PeriGolosoとあります。これは、ちょっとした言葉遊び。 Evento per i golosiおいしいものに目がない人向きのイベント)という言葉と、Evento pericoloso危険なイベント)という言葉を掛けてあります。

f0234936_18172164.jpg

 ブースの中には、おいしそうなチョコレートが並んでいます。イタリア全国から来たチョコレート専門店のブースもあれば、ぺルジーナやリンツなど、チョコレート菓子の大手製造者のブースもあります。

f0234936_18175659.jpg

 ピザを思わせる大きな円形のチョコレートの上に、さまざまなトッピングをして販売しているブースもありました。ブラックチョコレート、ホワイトチョコレート、コーヒー風味のミルクチョコレートと、チョコレートの種類も豊富です。

f0234936_18184321.jpg

 こちらは、マッテオッティ広場(Piazza Matteotti)。ヴァンヌッチ通りと平行に延びるこの広場にも、チョコレート販売ブースが並びます。子供たちのためのメリーゴーランドもあります。

 写真の左手に見えるのは中央郵便局。郵便局の正面左にある緑のブースでは、日頃からポルケッタやポルケッタ入りパニーノを販売しています。チョコレートを売る露店は、この郵便局の左側の通りにも、ぎっしりと並んでいます。

f0234936_18194212.jpg

 瓶入りのチョコレートクリームも、シナモン風味、ヘーゼルナッツ入りなど、種類が豊富です。

f0234936_1821751.jpg

 なんと、カカオ入りのパスタもあります。タッリャテッレ、リガトーニ、ウンブリチェッリなど、種類はさまざま。手前のショーケースには、チョコレートリキュールが並んでいます。

f0234936_18212756.jpg

 カカオ入りのパスタのレシピも、貼ってありました。香草とブルーベリー(erbette e mirtilli)となら、確かにおいしいパスタになるかもしれませんが、プリモとデザートの間をいく不思議な味になりそうです。

f0234936_18214671.jpg

 ピアディーナ(piadina)に、チョコレートクリームのヌテッラ(Nutella)を塗って、立ち食い用に販売しているところもありました。イタリアのスーパーでよく売られていて、人気のあるチョコレートクリームがこのヌテッラです。パンやケーキの上によく広がり、子供や若者に好きな人が多いのですが、夫や義弟は、原材料名を見て、体に悪い、質のよくないものばかりだと顔をしかめます。

f0234936_182286.jpg

 大きなチョコレートの板に、唐辛子やへーゼルナッツなど、さまざまな具が大胆に入れられたものも、売られていました。

f0234936_18222719.jpg

 箱入りの板チョコも、いろんな風味のものがあります。1ユーロと安いものから、3、4ユーロするものまで、たくさん見かけました。家に帰って、原材料を見てから、安いチョコレートと高いものでは、カカオの割合が違うことが分かりました。ここで私たちが買ったのは、左手に見えるオレンジ風味のチョコレート。1ユーロですが、とてもおいしかったです。(すぐに開封して、歩きながら食べました。)安いのはたぶん、ミルクチョコレートでカカオの量が少なく、代わりに牛乳が多く使われているからでしょう。

f0234936_1822523.jpg

 一方、こちらの店で買った板チョコは、4ユーロ。ジャスミン入り紅茶風味の純ブラックチョコレート(puro cioccolato fondente con tè verde al gelsomino)です。夫はジャスミンの花が好きで、庭にも植木鉢が数多くあり、緑茶もジャスミン風味のものを、助け合い市で購入したばかりです。(記事はこちら

f0234936_18232182.jpg

 左から四つ目が、このジャスミン入り紅茶風味チョコです。他にも、蜂蜜、プロポリス、アロエ、ラムなど、いろんな素材が入った板チョコがたくさんあります。

f0234936_18234592.jpg

 ホットチョコレート(cioccolata calda)も、好みの風味のものを、選んで飲むことができます。このチョコレート会社の板チョコは、箱に材料の香草や植物、材料ではないけれども関連する動物の絵などがとても写実的に描かれていて、夫はその絵にすっかり魅かれてしまいました。

f0234936_18252775.jpg

 チョコレートで模造した目玉焼き、ゆで卵に、モルタデッラ(写真右)、そして、ゴルゴンゾーラを初めとする各種チーズ(写真下)。創造力には果てがありません。意表をついていておもしろいので人目を引くのですが、さて買う人がいるのかどうか、心配です。

f0234936_18255346.jpg

 チョコレートのCDもあります。「チョコレート味の甘い調べ」(Dolci note al cioccolato)という名前が心にくい。

f0234936_18261242.jpg

 雨の日が続いたあとの、秋晴れの美しい1日で、右にサン・ピエートロ教会、中央にサン・ドメーニコ教会の鐘楼が、夕日を浴びて、ほんのりと紅に染まっています。中央よりやや左のずっと奥の方に見える山の中腹に、白く小さく見えるのは、アッシジ(Assisi)の町です。

f0234936_18275512.jpg

 チョコレート以外にも、傘、パーカー、タオルなど、チョコレート祭りの関連商品がたくさん販売されていました。わたしたちが気に入ったのが左手の商品。「ぼくはチョコレート嫌いだよ。」(Non mi piace il cioccolato.)と言うピノキオの鼻が長く伸びています。残念ながら、子供用のみて、大人用はありませんでした。


f0234936_18282466.jpg

 こういう衣装(?)を身にまとい、全身で宣伝に努めている人々もいました。

f0234936_18284620.jpg

 チョコレート祭り中は、中心街近くに駐車場を見つけるのは難しいだろう、ということで、ピアン・ディ・マッシアーノの大駐車場に車を置き、ミニメトロ(記事はこちら)で会場まで行きました。死者の市が始まるのは11月1日からとは言え、付近にはもう、たくさんの出店や遊具施設が並んでいます。美しい夕焼けに感動しながら、車へと向かいました。

 チョコレート祭りでは、他にもショウガ入りチョコレートやイチゴ味のチョコレート、そして、ヘーゼルナッツ入りのチョコレートクリームを購入しました。これから少しずつ、慌てずに大切に味わっていきたいと思っています。

>追記(10月26日)
 チョコレート祭りについて、もっと知りたいという方は、次の記事もぜひお読みください。
「チョコレート祭り、番外編」(リンクはこちら
Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2010-10-20 11:35 | Feste & eventi | Comments(20)
Commented by Acui at 2010-10-20 21:15 x
きゃーーー!
日本でもやらないかしら、チョコフェス…
食べなくてもその場にいるだけで幸せになれそうな光景ですね。
ピノキオの写真可愛いです^^
Commented by milletti_naoko at 2010-10-20 21:45
日本ではチョコレートと言うと、2月のバレンタイン・デー直前がシーズンですよね。その時期に、一緒にチョコレート祭りをしたら、食べる楽しみと贈る楽しみも増して、いいような気がします。

そうなんです。このピノキオの絵と言葉が本当にかわいいので、大人用がなくて、とても残念。
Commented by mika14march at 2010-10-20 22:52
はじめまして♪

昨日はコメントありがとうございました(^-^)
大好きなチョコレートがたくさん、、、、(◡‿◡*)
じっ~~と見ちゃいました!
あれもこれも欲しくなっちゃいそう♪♪
パスタも一口どんな味がお味見したいところです(◡‿◡*)

素敵な光景がたくさんのブログでじっ~と見ちゃいました^^
イタリア、、大学の卒業旅行で一度だけ行きましたが、とっても素敵な国でした♪
いつかまたじっ~くりいけたらいいな(^-^)

naokoさんのブログで、イタリア旅行気分を味わっています~♪
記念に応援していきます~(^-^)
Commented by milletti_naoko at 2010-10-20 23:28
カカオのパスタは、甘さと塩の加減がとても難しいと思うので、やはりシェフが腕をふるったものを食べてみたいものです。ガラスに貼られたレシピには、材料は並んでいても、分量は書いてありません。

こちらこそ、コメントと訪問ありがとうございます!わたしもおいしそうなお料理をたくさん見て、啓発されました。北海道には幼い頃住んでいたため、かえって大人になってから旅行で行くということがなかったのですが、秩父別のローズガーデンも本当に美しくて、ぜひ「旅行で寒いところは避けたがる」夫を説得して、もう一度訪ねてみたいと思いました。

わたしが住んでいたのは豊平区月寒というところです。当時は、大きな公園があちこちにあり、冬には小山でスキーを楽しんだ記憶もあるのですが、なにしろ30年前のことですから、もうすっかり変わってしまったかもしれませんね。応援ありがとうございます。札幌は、数多いわたしの故郷の一つなので、わたしも時々、思い出探しも兼ねて、ブログにおうかがいします。
Commented by ank-nefertiti at 2010-10-21 00:05
なにからなにまでチョコレート!
チョコ好きの私にはたまらないお祭りです^^

フィレンツェでも確かチョコレートのフェスタがあったと思いますが、ペルージャの方が大がかりなんですねぇ!
このお祭り、行きたいなぁと思いました。

秋のイタリア、よいですね~^^
Commented by milletti_naoko at 2010-10-21 00:51
見て歩くだけでも、十分楽しめるお祭りです。数年前に週末に訪れると、ラッシュ時の東京の駅のようなありさまだったので、以来、平日に訪れるようにしています。「おいしそう、でも、後でもっといいものがあるかも。」とチェックしながら回って、買いそびれたチョコレートもありました。

秋のイタリアは、ポルチーニのキノコ料理に、採れたてのオリーブ・オイル、新酒ワイン(novello)が味わえるので、食の楽しみが多いです。
Commented by Delfino at 2010-10-21 01:02 x
あーーー!!!ペルージャのチョコ祭り!行きたいんですよぉ、ここ。チョコホテルもあるので、そこにも泊まりたい。といい続けて早数年。ちっともこの時期にいけません。いいな~、うらやましいなぁ。

イタリアのチョコラータ・カルダ、濃くって大好きです。日本のはサラサラで味も薄いから。。。
ヌテッラ中毒のイタリア人は知っていますが、ヌテッラに顔をしかめるイタリア人は初めて知りました。思い込みの激しいイタリア人とは違って、冷静な判断のダンナさま、好感度あーっぷです(笑)

話が少しずれますが、チョコと牛乳と肉はセロトニンを増やして、うつ病を防ぐそうです。プチうつになりやすい秋に食べるといいとTVでやっていました。あ~、だから日本人と違って、イタリア人に鬱は少ないのかと、妙に納得でした。
Commented by milletti_naoko at 2010-10-21 02:41

ぜひぜひ来てみてください。来年の4月には、イタリア統一150周年記念の一環として、トリノでも再び盛大にチョコレート祭りが行われるそうです。うちに帰ってからパンフレットを見て、実は劇場やRocca Paolina内でも、もっともっと興味深い催しがたくさんあったことに気づきました。やはり何事も予習が必要ですが、昨日の夕方は二人とも疲れていたので、外で傾きゆく日を浴び、目を楽しませながら散歩できてよかったと思います。

夫が顔をしかめるのは農業に関心があり、自分でも野菜や植物を育てるのが好きなので、健康によいもの悪いものにこだわるからです。義弟については、ぺルジーナのチョコレート工場で働くがゆえの職業病か、お菓子に限らず食品はすべて手に取るとすぐに原材料に目を通す習慣があります。特に甘いものに関しては、仕事柄、何が健康によくて何が悪いかをよく知っています。

夫はチョコレートクリームが大好きで、例年チョコレート祭りではいろいろな瓶のラベルをじっくり読んで、原材料や風味を見極めたあとで瓶をいくつか購入しています。たまに泊まりがけで遊びに来る友人たちがヌテッラの瓶を残していくと、夫もうれしそうに食べていますが……
Commented by (mstk)a.it at 2010-10-21 05:33 x
月曜日に行ってきましたが、僕も予習が足りず販売ブースだけ一通り眺め、丘の上を抜ける風の冷たさに早々に退散してきました。
細工物とか実演を見たかったのですが。

Commented by milletti_naoko at 2010-10-21 05:49
月曜、火曜は曇り空の上、雨がちで寒かったですよね。こういう時、中心街をよく吹き抜ける冷たい風には、本当に身が凍えます。お時間があれば、晴れて天気のいい昼間にもう一度行かれてはいかがでしょうか。

コメントをありがとうございます。ブログ拝見しました。料理長とはすばらしいですね。シエナには数か月だけですが、住んだことがあります。ウンブリア州山中のホテルとは、どちらでしょう。シビッリーニ山とテッツィオ山にはよく登るのですが……
Commented by desire_san at 2010-10-21 08:04
初めて訪問させていただきます。
素敵な写真をたくさんの載せられているのに心ひかれて書き込みさせて頂きました。また時々訪問させてください。
私は、10月初めイタリアのフィレンツェとベニスを旅して、ルネサンス美術の傑作を見てきました。ヴェネツィアで美術館などをまわりルネサンス美術を見た思い出や、
ヴェネツィアの街を歩いて撮った写真などをブログに加えましたのでぜひ見てください。
http://desireart.exblog.jp/11448786/#11448786_1
なにかコメントしてくださると感謝です。よろしくお願いします。

Commented by (mstk)a.it at 2010-10-21 08:18 x
こんばんは。
実は明日でイタリア撤退なのです。
ウンブリアはスポレートから1時間位のCerreto di Spoletoにある修道院を改装したアルベルゴで働いていました。山奥すぎて車の無い外国人労働者にはちょっと無理な環境でした。
Commented by Rosa at 2010-10-21 14:43 x
初めまして。twitterからお邪魔しました♪
なんとも魅惑的なお写真の数々!素敵すぎますっ!
ペルージャでチョコ祭りなんて知りませんでした。
ホントにイタリアって奥が深い国ですね~。
ますます好きになりました!
これからも素敵な情報楽しみにしていますね。
Commented by milletti_naoko at 2010-10-21 15:50
desire_sanさんへ

訪問とコメントありがとうございます。日が短くなったので、今からすぐに洗濯に取りかかりますが、あとでゆっくりブログを拝見するつもりです。こちらこそよろしくお願いします。
Commented by milletti_naoko at 2010-10-21 15:58
(mstk)a.it at さんへ

そうですか。よくよくお考えてのご決断なのでしょうし、イタリアで身につけられた技術と経験が、日本できっと道を開くのに役立つことでしょう。仕事は場所で躊躇することがわたしもよくあります。車と言えば、最近ようやく日本の運転免許をイタリアのものに書き換えました。自動車学校に行って練習し、中古車でも買って自立しなさい、と夫にも義父にも言われますが、維持費もかかるし、ハンドルも走る側も逆だし、こちらでは車間距離が狭いし、もともと運転も駐車も下手だし、ということで、この免許がいつ日の目を見るかはなぞです。話が少し逸れてしまいました。ご無事の帰国と今後のご活躍をお祈りします
Commented by milletti_naoko at 2010-10-21 16:04
Rosaさんへ

訪問とうれしいコメントをありがとうございます。イタリアも各地に美しい風景や町並み、芸術作品、おいしいものがあふれているため、やはり日本に伝わる情報はごく一部で、そういう知られざるイタリアも少しずつお伝えしていけたらと思っています。

ペルージャのチョコレート祭りは、イタリア国内では有名で、ウンブリア・ジャズ、死者の日と並ぶペルージャの三大行事の一つではないかと思います。初めてイタリアに暮らし始めたのがマルケ州で、後に「ペルージャに行く」と告げると、皆から、「チョコレート祭りのときに会いに行くね」と言われた記憶があります。
Commented by piyopiyonist at 2010-10-24 14:18 x
昨晩はtwitterでこちらをご紹介くださりありがとうございました。チョコレート祭り。。素敵です!

かつてゴディバさんのチョコレートリキュールを大量にサンプルとして送られショウガ風味のチョコレートムースのレシピを提出したことがあるのですが、こちらを紹介されるまでチョコレート製品というとベルギーやフランスのイメージでした。

まだまだ私は無知だなぁ。。

こちらではラジオのイタリア語講座が夕刻に流れます。英語も中途半端なんですが「チョコレート祭りにいつか行くぞ」を目標にちょっと頑張ってみようかな?なんて考えています。
Commented by milletti_naoko at 2010-10-25 03:53
piyopiyonistさんへ

こちらこそ、お越しいただけて光栄です。ご訪問、コメントをありがとうございます。

やっぱりイタリアの人はおいしいものが好きなので、チョコレートでも各地でより趣向を凝らした美味なチョコレートを作り上げていこうと、いろいろなチョコレート専門店があるのだと思います。

イタリア語に旅行で困らない程度の会話力は、独学でもさまざまなテレビ・ラジオ講座や教材を利用すれば、十分に身につくはずです。ぜひ頑張ってください。イタリア語学習用のメルマガも発行しています。よろしかったら、右側にリンクがありますので、サイトとメルマガのバックナンバーものぞいてみてください。

英語ができれば、それに越したことはありませんが、やっぱり語学はやる気が一番です。「チョコレート!」が動機でも、それが強ければ、英語が完全ではないことがかえってイタリア語を頑張るバネになっていいと思いますよ。
Commented by hacci at 2010-10-27 09:44 x
イタリア(umbria)に行くのは春と決めてしまっているのですが、チョコレート大好きな私としては、来年は10月に・・・・
処で私はナポリのチョコメーカーのBABBIが大好物なのですが
日本では値段が高い!!!
チョコ祭りにはBABBIも出店してるのかしら・・・・・
Commented by milletti_naoko at 2010-10-27 16:34
チョコレート、おいしいですよね。わたしたちは、すでにジャスミン入り緑茶風味チョコレート以外はすべて食べてしまいました。来年の春はイタリア統一150周年の行事の一つとして、トリノでも盛大にEurochocolateが開かれるようですよ。

出店している業者の数が多い上、夫があとから聞いた話では、おいしく価値あるチョコレートには屋内での展示・販売が多かったようなので、BABBIがあったかどうかは残念ながら分かりません。また、分かり次第お知らせしますね。
<< チョコレート祭り、番外編 白牛と紅葉 >>