新年に乾杯!

 2011年の訪れを、わたしたちは、エミリア・ロマーニャ州にあるこちらのSantuario Madonna dei Cappuciniで迎えました。

f0234936_0482372.jpg

 この教会のある町は、Sant’Agata Feltria。ペルージャから昼過ぎに到着したわたしたちは、すでにリミニから来ていた友人たちとあいさつしてから、教会わきの宿泊施設に荷物を置き、町を散歩しに出かけました。

f0234936_0485811.jpg

 坂道を下っていると、左手の建物の中に、美しいプレゼーペ(presepe)(記事はこちら)が飾られていました。

f0234936_0491856.jpg

 町の広場(piazza)に面したこちらの建物は、劇場、il Teatro Angelo Mariani です。

f0234936_0501279.jpg

 城塞(Rocca)へと続く、石畳の階段と、両側に建つ家に、趣があります。

f0234936_0503176.jpg

 こちらが、城塞、Rocca Fregoso。わたしたちは、大晦日の晩、真夜中直前に宿を出て、新年の訪れを、この城塞で迎えました。

f0234936_0512889.jpg

 高い位置にあるので、教会の尖塔や雪が積もった家々の屋根が、下方に見えます。

f0234936_0514618.jpg

 この尖塔を持つ教会(collegiata)は、町の中心にあり、祭壇前には、みごとなプレゼーペ(presepe)が飾られていました。

f0234936_0562796.jpg

 散歩を終えて、元修道院であった、教会付属の宿まで戻ると、ちょうどフランコたちが、リミニから到着したところでした。

f0234936_0564426.jpg

 総勢約40名でのにぎやかな夕食のために、早くから皆で準備を始めます。次から次へと皆で食器棚から運び込む食器を洗っているのは、ブルーナとマルゲリータ。

f0234936_057585.jpg

 食器の準備が整い、次々に人が集まってきます。手前には軽食用のテーブルが用意されました。奥のテーブルでは、さっそくにぎやかにゲームが始まっています。

f0234936_0573346.jpg

 午後5時半から、宿が隣接する教会、Santuario Madonna dei Cappuciniで、年の締めくくりのミサに参列しました。

f0234936_6542785.jpg

 この日の夕食とデザートは、各自が作って、家から持ち寄りました。わたしが用意したのは大量の巻き寿司。手前の一皿に加えて、奥にももう一皿あります。ルイージは前日まで仕事で忙しかったため、今回は、デザートを手作りする代わりに、セルペントーネを購入しました。

f0234936_105268.jpg

 ただし、イタリアで新年を迎えるのは欠かせないヒラマメ(lenticchia, pl. lenticchie)とザンポーネ(zampone)などは、船長スピーディ(記事はこちら)と働く海の男、ルチャーノたちが、宿の台所で調理していました。

f0234936_113132.jpg

 さて、大きなテーブル四つに皆が並び、それぞれのテーブルで、代表者が、新年に向けて思うことを述べたあとで、グラスを合わせて、乾杯しました。順に、料理が並ぶテーブルまで出向いていきます。子供たちは、皆が同じテーブルで食事をしています。

f0234936_11505.jpg

 こちらはデザートのテーブルです。セルペントーネ(serpentone)(記事はこちら)が二つ並んでいます。やはり新年を迎えるのに欠かせないブドウに加えて、シュトルーデルもあります。

f0234936_135051.jpg

 2010年最後の二人での写真も、撮影してもらいました。

f0234936_141016.jpg

 新年が訪れる20分ほど前に、有志は宿を出て、城塞、Rocca Fregosoに向かいます。

f0234936_144579.jpg

 イタリアで新年の祝いに欠かせないのは、また花火です。子供たちは、うれしそうに線香花火を楽しんでいます。

f0234936_1569.jpg

 フランコの時計を基準に、カウントダウン。2011年の訪れと共に、スプマンテの栓を抜き、皆のコップについでいき、乾杯。そして、皆と、「新年おめでとう!」と、あいさつをしていきます。

f0234936_152885.jpg

 やがて、あちこちの町で打ちあがる花火や、誰かが城塞にしかけた花火が、暗い夜空を華やかに彩り始めました。ひとしきりおしゃべりをしたあと、宿に戻り、わたしはその後すぐ、午前1時頃床につきましたが、夫や友人たちは、午前2時、3時頃まで長い間、さまざまなゲームに興じていたようです。

 皆さん、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-01-02 17:16 | Feste & eventi | Comments(8)
Commented by ank-nefertiti at 2011-01-03 01:38
naokoさん、明けましておめでとうございます♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします^^

40名で迎える新年!
さぞかしにぎやかで楽しくていらしたことでしょう!
そしてなんてたくさんの太巻き寿司~
作るの大変だったでしょう?
きれいに巻けていて、見事ですね♪

イタリアの新年を迎える行事は、にぎやかなんですねぇ!
日本でも最近カウントダウン!なんてTVでやっていますけれど、イタリアのそれにはかなわない!

今年がnaokoさんにとって素敵な年でありますように!!!
Commented by milletti_naoko at 2011-01-03 03:29
杏さん、明けましておめでとうございます!

こちらこそ、今年もよろしくお願い申し上げます。なかなかにぎやかな年末年始で、楽しく過ごしました。車に揺られている間に、丸かった巻き寿司がすっかり角ばってしまったのですが、みんなが喜んでくれたので、うれしかったです。

こういう小さな町でも、各種花火をたくさん売っている店があって、驚きました。もう一つ驚いたのは、線香花火を持った手を、子供たちが振り回していること。日本では、考えられないと思うのですが、最近では日本でも、こういう花火の楽しみ方をするのでしょうか?

杏さんにとっても、新しい年が、充実したすてきな1年でありますように!!! 今年もよろしくお願い申し上げます。
Commented by Acui at 2011-01-03 10:12 x
あけましておめでとうございます!
持ち寄りパーティー楽しいですよね^^
真っ先に目が行ったのがなおこさんの作ったお寿司だった私はやはり生粋の日本人だと思いました。笑
来年は私も花火を見ながらのカウントダウンをしたいなあ。

本年も引き続きよろしくおねがいします!
Commented by Rosa at 2011-01-03 18:34 x
なおこさんBuon Anno♪
すっごく楽しそうな年末年始ですね~!うらやましい限りです♪
今年も楽しいことたくさんありそうで、何よりです!
今年もよろしくお願いいたしま~す♪
Commented by milletti_naoko at 2011-01-03 19:27
Acuiさん、あけましておめでとうございます!

本来はカウントダウンのあとで花火が上がるそうなのですが、子供たちは待ちきれなかったようで、花火と共に新年を迎えました。日本でも、最近では新年に花火の上がるところがあるのですか? もしなかったら、自分で買うこともできますよね。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします!
Commented by milletti_naoko at 2011-01-03 19:32
Rosaさんへ

Felice Anno Nuovo anche a te! ヒラマメは、「食べたら金持ちになるっていうから毎年食べてるけど、そんんなにたくさんの金を見たことないぞ。」と言いながら、しっかり食べている人が何人かいました。日本でもイタリアでも、年末年始に縁起をかついで食べるものがそれぞれあって、興味深いです。年越しそばが食べられなくて残念ですが、「郷に入れば郷に従え」ということで…… こちらこそ、今年もよろしくお願いいたしま~す! ← この「ま~す!」で、サザエさんを思い出してしまうのは、わたしだけでしょうか?
Commented by (mstk)a.it at 2011-01-03 22:55 x
明けましておめでとうございます。
今年もウンブリア情報を楽しみにしています。

今年もよろしくおねがいします。
Commented by milletti_naoko at 2011-01-03 23:41
(mstk)a.it さんへ

明けましておめでとうございます。わたしもお仕事の進捗ぶりを楽しみにしています。こちらこそ、今年もよろしくお願いします。少し風邪を引いてしまったのですが、明日は友人を訪ねて、スポレートを訪れるつもりです。
<< 霧の雪山、初歩き 2010年をふり返って >>