霧と霜のペルージャ

 ペルージャでは、快晴の日がしばらく続いたあと、昨日、2月10日から天気がぐずつき始め、気温が下がってきました。

f0234936_6265762.jpg

 昨日は朝起きると、一面が霧に覆われていました。手前のオリーブの木は、お義父さんが、よく晴れた日に剪定をしたばかりです。オリーブの右手に見える隣家の畑は、霜に覆われて真っ白になっています。

f0234936_6271842.jpg

 午前8時には、霜も少しずつ解けてきたものの、まだ庭の緑は薄い霜に覆われています。ヒナギクの花もいくつか写っています。日中は、かわいらしい白い花をいっぱいに開いて、庭を飾ってくれるヒナギク(margherita)(記事はこちら)ですが、夕方には花を閉じ、翌日空が明るくなると、再び花を開きます。

f0234936_6273857.jpg

 昼食後のコーヒーは、お気に入りの直火式コーヒー沸かし器で、準備します。ビアレッティ社のMoka(記事はこちら)と言えば、側面に描かれた小さな紳士。この口ひげの小紳士(l’Omino con i baffi)は、テレビがまだ白黒だった時代に、イタリアの家庭に笑いを届けながら、コマーシャル(リンクはこちら)の中で、ユーモラスに、Mokaのすばらしさとおいしいコーヒーに欠かせないものが何かを、語っていました。(解説はこちら

 新たにコーヒーを準備する前に、昨日沸かして使い終わっていたコーヒーの粉を取り出して、テラスに行き、植木鉢のジャスミンの根元にまきました。最近夫から、使い終わったコーヒーやお茶がらを、植物の根元にまいて、土とかき混ぜると、いい肥料になると聞いたからです。使い終わったコーヒーの粉は、消臭剤としても使えるので、乾かしたあとに、古い靴下に入れて、靴箱に入れたりもしています。

f0234936_6275810.jpg

 テラスへ出ようと窓を開けたとたんに、「エサだ!」と勘違いしたネコたちがいっせいに集まって来ました。わたしが植木に水をやったり、コーヒーの粉を土と混ぜたりするたびに、「すわ食べ物か」と思っては駆けつけて、鉢の中をのぞきこんだり、匂いをかいだりしています。

f0234936_6281564.jpg

 おやつにチョコレートを一つ。ぺルジーナの工場に勤める義弟が、クリスマスに贈ってくれたチョコレートは、たくさんあって、入れ物に入りきらないほどだったのに、少しずつ減ってきて、残りわずかになりました。チョコレートの製造工場で働く義弟に言わせると、「ブラックチョコレートのNero Peruginaは、上質の材料だけをぜいたくに使って作った逸品だから、口に放りこんで何となく食べるのでは、もったいない。ゆっくりなめて口の中で溶かしてゆき、存分に味わわなければ。」ということです。確かにNeroはおいしいし、ブラックチョコレートは、健康にもとてもよいそうです。

f0234936_6283174.jpg

 午後になってもなかなか霧が晴れず、ようやく晴れたかと思うと、夕方にはまた霞がかかり始めました。薄いベールをかぶった夕焼けもまた、風情があります。

 昨日の晩は、再び、ツナとポテトのあっさりグラタンを作りました。(レシピはこちら

f0234936_6295572.jpg

 じゃがいもとニンジンをゆでて、オリーブオイルと塩で味つけして食べるのに比べると、少し時間と手間がかかりますが、こんがり焼けたパルミジャーノの香ばしい味と食感を、夫がすっかり気に入ったので、再び作ってみました。

f0234936_6302011.jpg

 夫が大喜びで食べてくれたので、うれしかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-02-11 22:33 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/15491973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ensyuu at 2011-02-12 08:04 x
 何時見ても、可愛い猫達ですね。
 
Commented by Yuka at 2011-02-12 10:08 x
直火式コーヒーメーカー!なんだかとてもそそられます。コーヒーの粉がいい肥料になるとは初耳でした。
私もコーヒーは大好きです。カフェイン摂取には気をつけていて一日3杯以下にしています。ゆったりとした時間が流れているようでうらやましいです!
Commented by ムームー at 2011-02-12 15:23 x
なおこさん
ヒナギクのお花も霜のなかでも健気に頑張っていますね。
猫ちゃん達も可愛い、何か食べるものかとよってくるのですね。

霞がかかった夕焼け空も素敵~
昨日の琵琶湖は夕陽が雲間に隠れていましたの。

グラタン美味しそう~
作ろうと思いながらレシピを何度も見ています。
もうお風邪はよろしいでしょうかぁ~

Commented by かや at 2011-02-12 16:17 x
こんにちは☆
ネコちゃんたち、寄ってきてますね~♪
コーヒーのにおいも好きなのかな~?

日本の栃木県も、この間、霧に包まれた朝がありました。
霧の後は晴れ、この冬の関東平野はずっと晴れの日が多かったのですが、ここ数日は雪が降ったりやんだりしています。
この寒さを乗り越えれば、たくさんの花が咲くでしょうかね。

凸\(^ー^)応援ぽち
Commented by milletti_naoko at 2011-02-12 17:59
ensyuuさん、こんにちは!

野菜畑に行くときは、まるでお供をするかのように、ネコたちみんながぞろぞろと後について来たり、前を走ったりするんですよ。かわいい子たちです。
Commented by milletti_naoko at 2011-02-12 18:04
ゆかさんへ

コーヒーが沸き上がるときの香りを楽しみ、音を聞きながら、ああ、コーヒーが飲めるぞ、と気持ちの準備もするのが好きなんです。牛乳と砂糖をたっぷり入れて飲むので、あまり味の違いが分からないということもあるのですが、やっぱり自動エスプレッソマシンよりも風情があるような気がします。
Commented by milletti_naoko at 2011-02-12 18:11
ムームーさんへ

寒がりのわたしは、寒くてもけなげに咲くヒナギクたちは、えらいなあと思います。一度義弟が鶏小屋で、いきなりネコが一匹入り込んでネズミを早業でしとめたのを見たことがあるそうです。

雲全体が茜色に染まる琵琶湖も、きっと美しかったことでしょう。でも、ようやく行くことができたのに、見たい景色が見られないというのは、残念ですよね。

グラタン、ぜひ一度作ってみてください! たっぷりパルミジャーノをふりかけるのが決め手です。
Commented by milletti_naoko at 2011-02-12 18:13
かやさん、こんにちは♪

ネコたち、食いしん坊で好奇心が旺盛なのですが、夫に言わせると、少々退屈もしているので、何か変化があると、おもしろそうだと寄ってくるのではないかということです。

日本はこの冬ずいぶん雪が降っているそうですね! 冬が寒いと、それだけ春が楽しみですよね。

いつも応援クリックをありがとうございます♪
Commented by ぽん at 2011-02-12 19:02 x
コーヒー大好きです。私も毎朝ドリップ式ですが、コーヒーの香りを楽しんでいます。こちらでもイリーやラバッツアのコーヒーがスーパーで簡単に手に入ります。イリーはまだ試したことはありません。(日本でも看板を見ました。)濃いコーヒーが大好きです。それと上質のブラックチョコ。とてもよいおやつの時間になりますね。コーヒーのかすは、ナメクジよけになるときいたので、植物のまわりにまいてましたが、これはあまり効果なさそう・・・。
Commented by milletti_naoko at 2011-02-12 20:05
ぽんさんへ

イリーのコーヒーも時々買うのですが、いつも決まったものを買うのではなくて、いろんなメーカーから出ているものを見比べて、これおいしそうというものや、値のはる上質のコーヒーがお買い得というものを、あれこれ買っては、味を比べています。うちでもラヴァッツァのコーヒー粉も時々買いますよ。イリーの缶は、便利なので、他社のコーヒー粉を買ったときにも、粉を紙袋から、この缶に移して使っています。

昔夫のおばさんでそれはおいしいコーヒーを入れる人がいて、3種類のコーヒー粉を大きな紙を広げた上で、よく混ぜ合わせてから、使っていたようです。買ったコーヒー粉が気に入らないとき、夫は2種類別々のコーヒー粉をよく混ぜるのですが、こうすると、おいしいコーヒーが味わえると言っていました。わたし自身は、砂糖も牛乳もたっぷり入れるので、あまり味の違いが分からないのですが……
<< 新聞と芸術の町 バレンタインデーの思い出2 >>