ペルージャ春だより1

f0234936_2325120.jpg

 ペルージャ郊外にある我が家でも、桜(ciliegio)が美しい花を咲かせ始めました。

f0234936_2331826.jpg

 輝くように白い桜も、それなりに美しいのですが、どうしても薄桃色の日本の桜が、恋しくなります。

f0234936_2333574.jpg

 純白の桜を背に、リラ(lillà)の花のつぼみも、少しずつ開き始めました。

f0234936_234538.jpg

 桜とリラが花開くその下には、こちらの白い花が、にぎやかに咲いています。学名をAllium neapolitanumというこの花は、咲くまでの過程が、それはおもしろいのです。興味のある方は、こちらの記事(リンクはこちら)をご覧ください。

f0234936_2342962.jpg

 そして、この白い花のすぐそばでは、ルナリア(Lunaria)が、赤紫色の花を咲かせています。平たく薄い円盤状の実がなるために、イタリア語では、Moneta del Papa(訳すと、「教皇のコイン」)という別名があります。

f0234936_234597.jpg

 野の花たちの近くでは、フダンソウ(bietola)がすくすくと育っています。我が家では、青菜の料理には、もっぱらこちらのフダンソウを使っています。

f0234936_2352041.jpg

 野菜畑に生えている桜は、庭の桜の木よりも一足早く咲き始めたために、もう花の間から、緑色の葉が育ち始めています。

 今日の午後、夫は大きなリュックサックを背負って出発しました。まずは電車で、ラッツィオ州のリエーティに近いグレッチョまで行き、そこで、ロマーニャから訪れた友人たちと合流して、車でポッジョ・ブストーネを目指します。一行は明朝から巡礼の旅を始め、4月16日土曜日に、アッシジに到着する予定です。夫は、15日金曜日に、巡礼途中ですが、いったん帰宅します。金曜の晩に、夫の属する合唱団、コラーレ・テティウム(Corale Tetium)がペルージャの中心街にある聖フィリッポ・ネーリ教会(Chiesa di San Filippo Neri)(記事はこちら)で、Desolata(記事はこちら)に参加するからです。わたしは、学校での日本語の授業があるので、巡礼には参加できない(参加しなくてもよい?)のですが、巡礼日の最終日である16日の早朝に、夫と共にスペッロにいるはずの友人たちと合流して、アッシジまで、皆と一緒に歩くことになっています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへNinki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-04-09 16:07 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/15788229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クロちゃん at 2011-04-10 19:00 x
なおこさん、こんばんは♪
素敵な花便りを拝見させていただきました。
ありがとうございます。
私の周りもようやく桜が満開となりました。(^^)/
日本は今日、統一地方選挙の投票日でした。
Commented by milletti_naoko at 2011-04-10 21:08
クロちゃん、こんにちは♪

日本の桜、みごとでしょうね! こちらで楽しめる美しい花々を眺めながら、心は日本で咲いてあるであろう桜に向かいます…… 選挙に大勢が参加し、日本の国がよりよい方向に向かっていきますように。
Commented by bianchi_saitoh at 2011-04-10 22:17 x
なおこさん、お久しぶりです。

いろいろな種類の花が庭にあるんですね。

千葉も桜は満開です。
仕事で花見とはいきませんでしたが・・・。

桜はやっぱりピンクがいいですよね。
ウチもオヤジが買ってきた河津桜(早咲き)が来年はかなり成長して花を楽しませてくれることを期待してます。

日本語学校、順調に走り出したみたいでなによりです。
来週はアッシジなんですね。
日本からみるとうらやましいです。でも当たり前のように近くにあるんですよね。

報告、楽しみにしています。
Commented by milletti_naoko at 2011-04-10 23:01
bianchi_saitohさん、お久しぶりです!

お義母さんたら、「どうして日本では、実がならずに、すぐに散ってしまう桜をそんなにたくさん植えているの。果物も食べられる方がいいでしょうに。」と不思議そうです。色の白い花は、日本の桜を思うと少し物足りないのですが、しばらくしたら、おいしい真っ赤なサクランボがたくさん実ります。

お仕事がお忙しいのですね。ありがとうございます。わたしも学校の授業や準備を楽しんでいます。生徒さん、ちょうど地震直前に日本を訪れて、飾られていたひな祭り人形に興味を持ったとのことなので、明日は、ひな祭りの説明もしたいと思います。旅行が好きだと言うので、『奥の細道』の冒頭文を読んでいたら、そんなふうに話が広がりました。

アッシジはペルージャから車で約30分。近すぎるので、逆になかなかわざわざ訪れることがあまりないのですが、今度の週末には歩いていくだけあって、町の魅力をもっと堪能できるかと思います。報告するには、やはり20数キロメートルを歩かないと……往生際の悪いわたしです。
<< ペルージャ春だより2 日本の桜3 京都大原実光院 >>