5月の野菜畑

 5月4日水曜日、お義母さんといっしょに野菜畑(orto)を訪れたとき、ルーコラ(rucola)が育ちきって、花を咲かせていることを教えてもらいました。

f0234936_7332987.jpg

 早春には、青い若菜を摘み取って、おいしくいただいていたルーコラの背が、こんなに高くなって、いっぱいに白い花を咲かせています。ルーコラやフダンソウ(bietola)については、我が家は放任主義。どんどん育って、花が咲き、種ができて、風に乗って畑に散らばった種から、再びおいしい青菜が生えてくることを期待して、こうして育ちすぎてしまっても、畑に残しておきます。

f0234936_734541.jpg

 純白の花を咲かせていた桜(ciliegio)の木からは、花はとうに姿を消し、サクランボ(ciliegia)が少しずつ大きくなってきています。おいしいサクランボが赤く熟す前に、ツグミたちがつついて食べたり、落としたりしてしまうのが、毎年悩みの種です。

f0234936_7343830.jpg

こちらは、チャイブ(erba cipollina)。味も香りも日本の青ネギに似たこのチャイブは、ネギ属で、わたしは青ネギ代わりに、和食を作るのに活用することが多いのですが、お義母さんは、しばしば、細かく刻んで、オムレツの具にしていています。このチャイブが、かわいらしい花を咲かせているということも、お義母さんから、この日、教えていただきました。

f0234936_7351183.jpg

 ルナリア(Lunaria)も残っている花はごくわずかで、代わりに、薄い円盤状のさやが、たくさんできています。このさやは、やがて白く透きとおるのですが、そうして白くなったさやを、お義母さんは、おしゃれな室内飾りとして使っています。

f0234936_7354736.jpg

 実は、この日、お義母さんの後について、久しぶりに野菜畑に繰り出したのには、理由があります。前日に、写真の左手にある野菜を、義母が下の部分だけ使って、あとは処分しようとしていたので、わたしは上の部分を譲り受け、夕食に長ネギ代わりに使いました。そうして、玉ネギの上にあたる部分も、長ネギのようなもので、こうして食べられるのに、イタリアでは食べないのは、もったいないなと思いながら、おいしくいただきました。それが、この日、お義母さんが、この野菜が、ネギではなくて、ニンニクだとおっしゃるのです。

f0234936_73623100.jpg

 それで、お義母さんが、畑に行って、ニンニク(aglio)の生えているところを、一緒に見に行きましょうと、提案したのです。緑の一重の葉がいくつか上に伸びているこちらがニンニクなのよ、と言ったあと、義母がいくつか掘り出して、わたしにも二つ分けてくださったのが、一枚前の写真です。家に土を持ち込まないようにということで、外の皮を畑でむいてしまっていますが、この左側の野菜は、やはりニンニクであって、下の少し膨らんでいる部分が、しばらくするとさらに膨らみ、やがて内部に、ニンニクの実が育ってくるそうなのです。一方、玉ネギの地面の上に伸びる青い部分は、右手のように筒状になっています。

f0234936_737313.jpg

 こちらが玉ネギ畑で、地面の下では、少しずつ玉ネギ(cipolla)が育ってゆき、上にいくつも細長く伸びる青い部分は、先ほども書いたように、どれも筒状になっています。玉ネギがちょうどニンニクのすぐ右側に植えてあったので、教えていただいて、違いがよく分かりました。

 こうして、野菜畑に来たついでに、そういえばバラの花も、そろそろ咲いている頃かしら、と思い当たって、バラの様子を眺めに行った次第なのです。(記事はこちら

f0234936_738135.jpg

 初夏に入り、庭のエニシダ(ginestra)の黄色い花も、少しずつ開き始めました。

f0234936_23201166.jpg

 今頃、テッツィオ山(Monte Tezio)では、斜面のあちこちに、色とりどりの自生のラン(orchidea spontanea)が美しく咲き、野生のアスパラガスが顔を出していることでしょう。そして、山はまもなく、エニシダの黄色い花と野バラのピンクに覆われることでしょう。

関連記事へのリンク・LINK per gli articoli correlati(↓↓)
- ペルージャ春だより1 / Aprile nell’orto
(↑↑)今は実のなり始めている桜とルナリアは、4月の初めには、美しい花をいっぱいに咲かせていました。/ Ciliegi e Lunaria in fiore ai primi d’aprile.
- 百花繚"蘭" / Orchidee Spontanee del Monte Tezio (1-2/5/2010)


 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ Ninki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-05-07 00:46 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/15929683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クロちゃん at 2011-05-07 09:25 x
なおこさん、おはようございます。♪
野菜畑は花を楽しませてくれて、実になって味覚を楽しませてくれて嬉しい存在ですね。
恥ずかしながら、ニンニクがこのように生えているのは今まで知りませんでした。(^^ゞ
イタリアではニンニクはあまり好まれないのでしょうか。
食文化は国によってちょっとづつ違いもありますね。(^^)/
Commented by ekko_kopanda at 2011-05-07 22:07
なおこさん、こんばんはekkoです。
野菜畑で色んな野菜を育てているんですね♪
ルーコラもチャイブもこんなにきれいな花が咲くの初めて知りました。
ニンニクの葉はニラに似ていますね。
確かに日本でもニンニクの葉や玉ねぎの葉は
産地や作ってなかったら、なかなか食べる機会がないので、
食べる事の出来るなおこさんが羨ましいなぁ~。

そうだ、今日日本のテレビ番組でイタリアのアッシジやってました。
聖フランチェスコが住んでいた聖フランチェスコ聖堂の中にある
小屋なども映っていて、とても興味深かったです。
この間のなおこさんのアッシジのお話を思い出しながら
見ていたのですが、ほとんど同じところだったので
より深く知る事が出来て嬉しかったです。

Commented by milletti_naoko at 2011-05-08 00:09
クロちゃん、こんにちは♪

いえいえ、ニンニクは、イタリアではしばしば食べるんですよ。パスタの具を料理するときは、食材にもよりますが、細かく刻んだ玉ネギとニンニクをしばらく炒めてから、他の材料を入れることが多いし、肉や魚の料理、青菜を炒めるときまで、あちこちでニンニクが大活躍しています。ブルスケッタなんかは、トーストしたパンの両面に、ニンニクをすりつけたりもしますし……

身近に野菜畑があり、優しいお義母さんやお義父さんが教えてくださるおかげで、今まで知らなかったことを、たくさん知ることができました。
Commented by milletti_naoko at 2011-05-08 00:12
ekkoさん、こんにちは!

季節ごとに、いろいろな野菜が育っています。もう少ししたら、トマトやズッキーニが、緑の野菜畑に、赤い実と黄色い花で、彩りを添えてくれるはずです。ニンニクの葉は、お義母さんに言わせると、まだニンニクの実ができる前、若いうちだけ、まだ柔らかいので、食べることができるということです。いろんな味が味わえ、知らなかったことを学べるので、興味深いです。

聖堂の中に小さな教会があるのは、きっとSanta Maria degli Angeliの大聖堂だったのではないかと思います。日本でもアッシジの特集があったんですね!
Commented by ank-nefertiti at 2011-05-08 00:50
naokoさん、こんばんは。
ご無沙汰してしまってごめんなさい。

イタリア、美しい季節になりましたね・・・
数年前、6月に訪れたとき、エニシダのよい香り、ジャスミンのよい香り、ラヴェンダーのよい香り、で百花繚乱!という感じで、もうクラクラしました^^
野菜畑、見事ですねぇ!
きっとどの野菜も美味しいのでしょうね~^^
naokoさんの暮らしぶりは、いつ拝見しても地に足がきちんとついていて素敵だなと思います。

アッシジの記事も懐かしく拝見しました。
もう一度行きたい街です、アッシジ・・・
Commented by ムームー at 2011-05-08 09:35 x
なおこさん
野菜畑では色々なお花が咲いていますね。
玉ねぎとニンニクの葉の違い、知ってる
ようで見分けにくいですねぇ。
新鮮なお野菜をいただいて、お花をめでて素晴らしい
生活~憧れ~

自生の蘭もきれいですねぇ~
こういう景色を眺められて素敵ですわぁ。
Commented by milletti_naoko at 2011-05-08 22:41
杏さん、こんにちは♪

いえ、とんでもない。気の向いたとき、時間と気持ちに余裕のあるときに、のぞいていただけるとうれしいです♪ 杏さんがお忙しいのは十分承知していますから…… わたしも最近ばたばたしていて、この記事は、これまでの最短記録、30分ほどで書き上げました。

道端や山の斜面をいっぱいに覆うエニシダの黄色い花には圧倒されますよね!花の美しい、いい時期にイタリアを旅行されたんですね。
採れたての野菜は、どれもおいしくて、お義父さんや夫に感謝しています。仕事で授業の準備をしたり、ブログやメルマガの記事を書くのは楽しくて熱心にするのですが(給料はそれほど高くないのに、夫曰く、時間のかけすぎ)、掃除は手を抜き気味なので(室内土足だし、最近はポプラの綿帽子が、開け放した窓からたくさん入ってくるのです。こちらは家の中の掃除のできの基準が妙に厳しいんですが、わたしはマイペースです…)、夫には、頭が雲の中と言われることが時々あります。やるべきことすべてを、バランスよく、着々とこなしてゆけるように、気をつけたいとは、思っております。

ぜひまたアッシジを訪ねて、その際には、ペルージャにもお越しくださいね♪
Commented by milletti_naoko at 2011-05-08 23:43
ムームーさん、こんにちは!

季節ごとにいろんな野菜や花が育ち、畑の散策も楽しいものです。何か見つけるたびに、撮影しようとカメラを取りに室内に戻るわたしを、お義父さんもお義母さんも、半ばあきれながら、ほほえましそうに見守ってくださっています。

ニンニクが地面の上の部分がどんなふうに育つかなんて、そう言えば、考えたこともありませんでした。毎日何かと新しい発見があって、おもしろいです。自宅の野菜畑で採れる野菜は、農薬も使われていないし、採れたての新鮮なものがおいしく食べられて、ありがたいです。サラダやキャベツの間には、よくナメクジが隠れているのですが、ナメクジも食べることができる安心な野菜ということですよね。ただ、水洗いしていて後から後から出てくるナメクジに触る勇気はないので、夫を呼んで退治してもらいます。退治と言っても、虫も殺せぬ優しい夫は、手にナメクジたちを取って、庭に放すのではありますが……
<< 庭とバラとアスパラガス バラに思う >>