初夏のポルヴェーセ島1

 イタリア中部にある州の中で、唯一海のないウンブリア州には、その代わり、広く美しいトラジメーノ湖(Lago Trasimeno)があります。

f0234936_23115170.jpg

 5月7日土曜日は、このトラジメーノ湖に浮かぶ三島のうち、最も大きいポルヴェーセ島Isola Polvese、上の写真)を訪れました。

f0234936_23131752.jpg

 マッジョーレ島(Isola Maggiore)へのフェリー(traghetto)は年中通してあるのですが、ポルヴェーセ島へのフェリーが運航されているのは、春と夏だけです。フェリーは、上の写真に見えるサン・フェリチャーノ(San Feliciano)の村はずれにある港から、出ています。湖畔の切符売り場が閉まっていたので、船上で往復切符(一人5.20ユーロ)を購入しました。

f0234936_23143454.jpg

 天気がよかったので、湖を周遊するヨットをいくつか見かけました。湖面は青い空と白い雲を映し出して、美しい空色をしています。

f0234936_23145236.jpg

 最初に訪れたのは、こちらの水生植物園(Giardino delle Piante Acquatiche)

f0234936_23152213.jpg

 庭の主人公であるはずのスイレン(ninfea)は、まだようやく最初の花がいくつか咲き始めたばかりでした。

f0234936_23161056.jpg

 水生植物園からさらに坂道を登ると、りっぱなオリーブの木々に囲まれたまっすぐな道を歩くことになります。オリーブや草の緑の向こうに、湖と遠くの山々が見えています。

f0234936_23162658.jpg

 オリーブの間を北へと歩いて行くと、やがて、かつて建っていた教会の鐘楼が見えてきます。道端には、時々ヒナゲシ(papavero)が真っ赤な花を咲かせていました。

f0234936_23164840.jpg

 聖セコンド教会(Chiesa di San Secondo)は、屋根と壁の大部分が崩れ落ちてしまい、鐘楼と壁の一部だけがかろうじて残っています。一方、この教会と隣接するオリヴィエターノ修道院(Monastero Oliveitano)は、修改築が進み、科学教育施設として利用される予定のようです。

f0234936_23171197.jpg

 道端では、ニンニク科の花、Aglio Roseoではないかと思える花が、かわいらしいピンク色の花を咲かせていました。

f0234936_23172589.jpg

 港のある南の端から、島を縦断して、北の端の近くまでやって来ました。前方には、遠くにカスティッリョーネ・デル・ラーゴ(Castiglione del Lago)の町が見えています。

f0234936_23174378.jpg

 階段を下りたところには、こちらの石のいすがあって、湖の眺めを、座って楽しめるようになっています。

f0234936_23175950.jpg

 湖にさらに近づこうと岩の上を歩くと、カヤックで湖の周りを進む人がいました。わたしたちも、かつて二人でカヤックをレンタルして、ポルヴェーセ島の周囲を一周したことがあります。眺めが美しく、鳥たちを近くで眺めることができて楽しかったです。(つづく)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ Ninki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-05-18 16:18 | Viaggi in Umbria | Comments(8)
Commented by かや at 2011-05-19 01:06 x
こんばんは☆
南国の島のような、南国の海のような、穏やかな景色ですね~。
ずいぶんと広い湖のようですね。日本で言うとどこの湖ぐらいの大きさなんだか。
初夏らしくて爽やかな写真です☆

凸d(^ー^)応援pochi!
Commented by クロちゃん at 2011-05-19 06:48 x
なおこさん、おはようございます。♪
青空と湖の水色がメルヘンの世界に思えます。
色んなものが待っていそうな夢の島に冒険の旅ですね。
ニンニク科の花もさっそく現れた妖精でしょう。(^^)/
Commented by ムームー at 2011-05-19 10:51 x
なおこさん
どちらを歩かれても素晴らしい所ばかりで
ため息が出ますわぁ。
素敵な眺めの湖、まわりの景色と堪能します。
ヒナゲシが咲いたりにんにくのお花があったり、
あきさせませんねぇ~
旅した気分になります、ありがとうございます。
Commented by ekko_kopanda at 2011-05-20 16:25
なおこさん、こんにちは~ekkoです。
湖なんですね~とっても大きいので海かと思いました。
こちらも自然が豊かで本当に癒されますね。
いつもステキな所へ行かれててとっても羨ましいです♪

そらまめの収穫はどうですか?
私も一度、生で食べてみたいです。
Commented by milletti_naoko at 2011-05-20 23:32
かやさん、こんにちは☆

まだ5月だと言うのに、真夏のように日差しの暑い1日でした。晴れた日は、湖が空を映して、本当に美しいんです。4月からずっと行きたいと言っていたのですが、「わたし一人でもバスで行く」と言ったら、ようやく連れて行ってくれました。

いつも応援のポチをありがとうございます!
Commented by milletti_naoko at 2011-05-20 23:34
クロちゃん、こんにちは♪

去年の4月に訪れたときは島全体に色とりどりの花が咲きほこっていて、それは美しかったのですが、そういうときに限って、「どうせ何度も訪れているから」とカメラは持参していませんでした。でも、今も、美しい花たちが眼と心にしっかり残っています。ニンニク科の花には、不思議とそれはかわいらしく、美しいものが多いんですよ。
Commented by milletti_naoko at 2011-05-20 23:36
ムームーさん、こんにちは。

島を歩くと、どこからでも湖の青が目に入って、緑や青に、心を癒される気がします。季節ごとにいろいろな花が咲いているのも楽しみです。こちらこそ、うれしいコメントをありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2011-05-20 23:38
ekkoさん、こんにちは。

そうなんです。とっても大きい湖で、湖畔からフェリーで10分ほどで行ける島が、自然が豊かで、趣があって、それはすてきなんです。ソラマメは、昨日仕事から帰ったら、お義母さんが調理してくれたスープが待ってくれていました。わたしも一度畑に出て、ソラマメを摘んでみたいと思います。サクランボもそろそろ真っ赤に熟して、食べ頃になってきました。
<< 初夏のポルヴェーセ島2 瓶も酔っ払い? >>