アイゴ来る!

 昨日、6月16日木曜日、いよいよアイゴ(記事はこちら)を手にすることができました。

f0234936_6162065.jpg

 店からは、6月24日に到着予定と聞いていましたが、契約書に書かれた納車予定日は、6月30日。このイタリアでまさか予定よりこんなに早く車が来るとは思わなかった、とディーラーの担当者に告げると、「トヨタは日本の会社だからね。」と返事が返ってきました。この担当者、かなり若く見えるのですが、Leiで呼んでいたわたしに、すぐtuを使って話し始めました。

 こういう店員は時々いて、夫からは、「君は若く見えるから、親しみを持って、tuで呼びかけるのであって、別に敬意が足りないわけではない。」と聞きつつも、やっぱり敬意が欠けているようでどうかなあと思っていました。最近、日本語の授業中に、日本の店員の言葉遣いのていねいさなどを話していたときに、「イタリアで、店員がわたしにすぐtuで呼びかけるのが気になる。」と言ったら、ミンモさんも、夫と同様に、「敬意の欠如ではなく、親しみを込めてであって、ぼくも、軍服を着ていないときは若く見えるからか、tuで話しかけられることがある。」と言っていました。

 それはさておき、店の担当者から、「車が来たので、必要書類と支払いの準備を整えて、店に来たら、その翌日には車が引き取れるよ。」と電話があったのは、6月13日月曜日。翌日火曜日は、支払いの準備を整えたものの、学校での講習会が終わったのが、午後6時過ぎ。バスでディーラーに行っていては、閉店時間に間に合わないため、会が終わってすぐに、「どなたかサン・シスト(トヨタの店のある場所)から車で来ている方はいませんか。」と尋ねると、ファルシ語を教える年配の先生がさっと手を上げて、「少し遠回りになるけれども、ここはぜひ私が送ってあげましょう。」と言ってくださいました。

 実は、ダリー語とファルシ語の先生方や生徒さんは、休み時間も何だかいつも自分たちだけで話をしていて、別世界を作っている感じでした。それが、毎日あいさつを続け、先生方二人の氏名(名前は二人ともアリーと同じなので)を覚えて、呼びかけるうちに、最近になって、二人ともが、飛びきりの笑顔で応えてくれるようになったばかりだったのです。

 優しいファルシ語の先生のおかげで、おしゃべりを楽しみながら、閉店前にトヨタの店に到着し、担当者に必要書類を提出し、支払いも済ませ、「これで、明日は車が手に入る。」と思っていたら、「実はまだ一つ必要な書類があって……」と、担当者。そんなの、最初から、きちんと言っておいてほしかったけれど、ここは、イタリアです。

 水曜の授業のあとに、その書類を申請しに市役所の出張窓口に行って、意外な事実が発覚し、一体いつになったら、車が手に入るのか分からない状況になりました。車を買ったことは、ミンモさんにもすでに、授業中に話していました。「わたしは新しい車を買いました。白い小さい車です。」と、前の週に習った形容詞の復習も兼ねて話をしたのですが、「くるま」という単語がピンと来なかったため、日本語で話が伝わるまでに、しばらく時間がかかりました。そのあと、休み時間に、「問題は、どうやって車をディーラーからうちまで運ぶかなのよね。夫の車で店に行ったら、わたし一人で車を運転して帰ることになるけど、もう9年間も車を運転してないし、かと言って、教習所に通うのもどうかと思うし……」と言うと、「ルイージの車の後について帰ればいいじゃない。あ、ルイージの車も君の新車も、両方とも傷む可能性があるね。」と、にんまりするミンモさん。他の軍人さんと笑いながら、「車が来たとき言ってくれたら、ぼくらが同乗するよ。」と、どこまで本気だか知りませんが、言ってくれました。

 閑話休題、そんなこんなで、6月16日は、「車がいつ手に入るか分からない」と嘆いていたのに、夕方になって、同日中に引き取りが可能だと判明。夫と二人で、バスに揺られて、ディーラーまで車を受け取りに出かけました。広い広い店の駐車場で、わたしがしばらく運転をしたあとは、夫の運転で、店を後にしました。小さい車なのに、車内は意外と広く、夫も運転しやすいと喜んでいました。音もまったく気になりません。トラジメーノ湖に行こうとして、無料高速道路(superstrada)を進み出した夫が、「ここは運転も簡単だから、君が運転したければ。」と言うので、途中で、運転を交代しました。

f0234936_6165157.jpg

 ハラハラどきどき、緊張しながら、幸いあまり混んでいない高速道路を進み、まもなく高速道路を下りて、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)の沿岸を走り始めました。ポルヴェーセ島(Isola Polvese、上の写真)へのフェリーが出る村、サン・フェリチャーノ(San Feliciano)の港近くに車を止めて、しばらく湖畔を散歩しました。

f0234936_6172710.jpg

 二人とも仕事を終えてからディーラーに出かけたため、サン・フェリチャーノに着いたのは、午後8時20分頃。傾きかけた夕日が、湖を美しく照らし出している頃でした。このあと、湖の見えるピザ屋で夕食を食べて、ささやかに祝い、帰り道は、わたしが、やはりどきどきしながら、運転して帰りました。帰宅したのはかなり遅かったのに、義父母も義弟も、「それはぜひ、新しい車を見なくては!」と、真っ暗な戸外に出て車を眺め、「かわいらしい、いい車だね。」と言ってくれました。

 一人でリラックスして運転できるようになるまでには、まだまだ月日がかかりそうですが、とにかく、ようやく久しぶりに、わたしの車が手に入りました。何だかとってもうれしくて、帰宅が夜遅かったのに、興奮も冷めやらぬまま、「車が来たの! 運転をしたの!」と、携帯電話で喜びのメッセージを伝えてから、床につきました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ Ninki Blog Ranking

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/Nihon blog mura Blog Ranking

by milletti_naoko | 2011-06-17 23:17 | Viaggi in Umbria | Comments(8)
Commented by ムームー at 2011-06-18 08:38 x
なおこさん
素敵な車ですね、形も色もいいなぁ。
早くに受け取れて良かったですね、おめでとうございます。
雲の微妙な色、水面を照らす夕陽の輝き、ため息がぁ~
夕陽見事です~最近夕陽が見れなくて寂しいです、見せて貰えて嬉しいわ。

待ってて下さったご両親様たち、優しいですねぇ。
Commented by クロちゃん at 2011-06-18 09:49 x
なおこさん、おはようございます。♪
新しい車、おめでとうございます。
ウキウキ、ドキドキ、興奮の時間でしょう。
これから自分の運転で色んな場所に出掛けられる楽しみが増えましたね。
湖面の光の道も美しいお祝いに見えます。(^^)/
Commented by Tia_Loca at 2011-06-18 19:01
新車は嬉しいですね!
僕は帰国してとりあえず原付を買いましたが、行動範囲がグンと広がりますよね。
Commented by milletti_naoko at 2011-06-18 21:40
ムームーさん、ありがとうございます!

丸っこくて、前面がワンちゃんの顔みたいで、何だか愛嬌がありますよね。ディーラーには赤のマニュアル車もあり、やっぱり赤もきれいだなと少し未練を残しつつ、でも、この白いアイゴ、とっても気に入っています。

湖に落ちる夕陽っていいですよね。思いがけず美しい夕陽を見られて、うれしかったです。
Commented by milletti_naoko at 2011-06-18 21:43
クロちゃん、こんにちは♪

ペーパードライバーが長い上、日本で運転するのとは勝手が違うので、「ウキウキ、ドキドキ」に加えて、かなり緊張もするのですが、とってもうれしいです。ありがとうございます! 夫が、交差点とカーブでの動きに問題があると言うので、やっぱり少しは教習所の路上講習に通う必要があるかなと思ったりもしています。

湖面の輝く道、湖と太陽からのお祝いだと思うとうれしいです♪
Commented by milletti_naoko at 2011-06-18 21:54
Tia Locaさんって、まさたかさんですよね?

ありがとうございます!! 自分で自由に動けるってうれしいですよね。わたしの場合、交通手段は手に入ったのですが、まだ一人自由に乗りこなすだけの技術がないので、いろんな人に協力してちまちま練習していくか、教習所の路上講習に通う必要があるかなというところです。学校の授業が終わる6月末までに、車で行くことができるようになるかしら??? こういう時に限って、夫と来たら、日曜日から、友人たちと1週間ほど南の島に出かけるんですよ! わたしは仕事があるのでペルージャに残ります。やっぱり教習所に通うのがいいかもしれません。
Commented by maccarello at 2011-06-24 21:20
納車おめでとうございます!!
アイゴ、かわいいですね。色も白で正解だった気がします。:)
運転してみていかがですか?
左ハンドルも、運転してみたら意外と違和感無くないですか?:)
いきなりスーペルストラーダ運転できるなら、全然大丈夫ですよ!
ぜひ、楽しい新車ライフを楽しんでくださいねー。:D
Commented by milletti_naoko at 2011-06-25 00:59
さばぇさん、こんにちは!

とても運転しやすいし、オートマにもまったく問題がなく、夫もわたしも気に入っています。見たみんなが、「かわいい!(Bellina!)いい選択をしたね。」と言ってくれているので、トヨタの車の宣伝にもなっているかもしれません。

初日は右折・左折のたびに、間違って車の窓ガラスを拭いていましたが(ワイパーとウィンカーの指示を出す場所も、日本の比べて左右対称ではないかと思います)、翌日にはその間違いもなくなりました。ただ、日曜日から夫が旅行に出かけたので、以来アイゴ君は庭の隅にじっとしています。生徒さんが町での運転練習につきあってくれると言ってくれたのですが、大切な任務を控えた人を危険にさらすわけにはいけないと、お断りしました。「戦地に行くより、わたしの車に同乗する方が危険かも…」と半ば冗談めかして言いながら…… 日曜の晩に夫が帰って来たら、またあちこち出かけたいなと思っています。月曜日からは、二人とも仕事があるので、すぐには無理かもと思いつつ。ありがとうございます!!
<< フェラーリがいっぱい ブスは禁句 >>