夏の映画は夜空の下で

 夏になると、ペルージャでは毎年、夜に野外映画上映会があります。

f0234936_19463825.jpg
Cinema all’aperto, ArenAria – Perugia 2011/7/7 21:21

 今年の夏に映画を上映するのは、Cinema Frontone(6月14日~9月9日)とArenAria(7月1日~8月30日)の二つです。どちらも鑑賞券は、会場で購入します。午後9時半に上映予定とあるのですが、上映開始は遅くなりがちです。

f0234936_1947127.jpg
Panorama visto dal parco vicino al mercato coperto 2011/7/7 21:02

 Cinema Frontoneの会場は、フロントーネ庭園(Giardini del Frontone)です。ペルージャ中心街から、サン・ドメーニコ教会の前を通り、サン・ピエートロ教会の尖塔を目指して一直線に歩いて行って、サン・ピエートロ教会に着くと、ちょうど道路の反対側に、フロントーネ庭園の入り口があり、ここで、鑑賞券を販売しています。上映プログラムは、こちらです。

f0234936_19473155.jpg
Palazzina Lupattelli 2011/7/7 21:11

 一方、7月7日、ちょうど七夕の晩に、わたしたちが見たのは、ArenAriaの映画です。会場は、ペルージャ外国人大学の数ある校舎(リンクはこちら)の一つ、ルパッテッリ校舎(Palazzina Lupattelli、上の写真。中心街の駐車場に車を置いて、長いこと歩いて行ったのですが、行って初めて、観客用の無料駐車場が、会場近くにあったことを、知りました。

f0234936_19481277.jpg
Fiori di Oleandro e Palazzina Lupattelli 2011/7/7 21:10

 たそがれの空の下に咲くキョウチクトウ(oleandro)の花に、夜桜を思わせるようなあでやかさがあります。

f0234936_19483615.jpg

 プログラムは、インターネット上で見られる上(リンクはこちら)、印刷されたものが、外国人大学の入り口や上映会場など、町のさまざまな場所に置かれていますが、こうして、会場近くにも置かれていました。

f0234936_19485781.jpg
Cinema all’aperto, ArenAria – Perugia 2011/7/7 21:48

 この日、上映されたのは、古いイタリア映画で、ナンニ・モレッティ監督の『親愛なる日記』(原題は『Caro Diario』、リンクはこちら)です。ArenAriaでの上映には、上映前に、内容の解説があります。さて、まずは写真中央の男性が、解説者登場の前に、解説者を紹介し、登場すると、「実は、君も観客も驚くことに、今夜は特別ゲストとして、監督自らが……」と、解説者に言ったあと、監督の実物大の写真を貼りつけた厚紙を、取り出しました。ここで、一同爆笑。

 映画は、ユーモアと風刺に交えて、イタリアの現代社会の問題点や美しい風景も伝えるもので、興味深かったです。ただでさえ20分遅れて登場した解説者が、20分ほど解説をした後の上映であり、さらに途中休憩(スタンドの飲み物やスナックを売るためかも)を挟んだため、それほど長い映画ではなかったのですが、終わったのは真夜中過ぎ。わたしと夫は、それから駐車場をまで、夜の町を長いこと歩きました。中心街を通り過ぎたとき、真夜中の方が午後9時頃よりもにぎやかで、若者が大勢いることに驚きながら……

 ちなみに、ArenAriaの映画は、天気の悪いときには、映画館、Cinema Zenithで上映されます。

 今回ご紹介した映画は、日本で買おうとすると法外な値段がします。イタリア映画を活用して、イタリア語を学習したいという方は、次のページを参考にしてください。
・「おすすめのイタリア映画」(リンクはこちら

LINK – Programma dei Cinema all’Aperto di Perugia(↓↓)
(リンク~ペルージャのこの夏の野外映画上映会のプログラム)
- Frontone Cinema (Giardini del Frontone, Borgo XX Giugno)
- ArenAria (Palazzina Lupattelli di Via XIV Settembre)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-08-06 12:51 | Feste & eventi | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/16380894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かや at 2011-08-06 21:37 x
こんにちは☆
野外で映画って???と一瞬思いましたが、なるほど、夜なら見れますね。
日本にはこういうのってほとんど無いですよね。
星も見えるような夜空の下ならロマンティ~ックかも。

凸d(^ー^)応援pochi!
Commented by milletti_naoko at 2011-08-06 21:59
かやさんのコメントで思い出したのですが、映画を上映していないときに、周囲が暗かったため、スクリーンの右手を、蛍が数匹飛び回っているのが見えたんですよ! 緑が多い郊外に住む我が家では、蛍をたまに見かけたことがあったものの、まさか中心街にこんなに近いところで、蛍がいるとは思わなかったので、びっくりしました。

応援のポチをありがとうございます!
Commented by クロちゃん at 2011-08-06 22:21 x
なおこさん、こんばんは♪
映画もイベントのひとつでしょう。
野外映画上映会ってなんだか素敵です。
蛍も見物に来ていたのでしょうか。(^^)/

私は無事人間社会に戻って来ました。
これからもまたよろしくお願いします。
Commented by ムームー at 2011-08-06 22:22 x
なおこさん
野外で映画を見られるなんて素敵ですね。
星空のもと、ホタルの姿を見ながらって
ロマンチックだわぁ~
生活を楽しんで居られるのが良くわかります。
なおこさんの所は郊外で緑豊かなんですね。
素敵だなぁ~
Commented by milletti_naoko at 2011-08-06 23:36
クロちゃん、お帰りなさいませ! 旅のご報告、楽しみにしていますね。

夏になるとイタリアでは、コンサートや村祭りなど、いろいろなイベントが各地で行われます。エアコンも扇風機もない家の中は暑いし、涼を取ることも兼ねて、町を散歩したり、こういう催しに参加したりする人も多いかと思います。
Commented by milletti_naoko at 2011-08-06 23:40
ムームーさん、実はわたし、日本でもとても緑の豊かなところに住んでいて、田んぼの蛙の鳴き声がにぎやかに聞こえてくる家に住んだり、牛や馬がすぐ近くに住んでいて、時々鳴き声が聞こえたりする家に暮らしたりしたのですが、それでも、蛍は日本では見たことがなかったのです。こちらの方が蛍が多いのかしらと不思議に思います。ペルージャの郊外に住む人々が、自宅で耕す畑には、農薬を使わないからかもしれません。
<< 花の生命力 花のカステッルッチョ >>