花の生命力

*文末に、イタリア在住の日本人有志による「日本国政府に『脱原発』政策の実現を求める公開嘆願書」の署名を募集するページへのリンクあり。第一弾の署名の締め切りは、8月8日イタリア時間午後12時。
f0234936_23312954.jpg
2011/7/6

 6月初めにご紹介したテラスの花(記事はこちら)は、少しずつ育ち、一つひとつ花が開いていって、

f0234936_23323056.jpg
2011/7/6

 7月初めには、鮮やかに美しい色の花でいっぱいになり、毎日、花を眺めるのが、楽しみでした。

 それが、7月末に2週間の旅(記事はこちら)から帰ってくると、毎度のことで、何となく予想はしていたのですが、花が半分、右手の植木鉢に至っては、ほとんど枯れてしまっていました。

 このテラスは西向きで、午後は長い間強い日が当たるので、もともとそれでも咲くことができる花を、ということで、花屋さんの助言も聞いて、ペチュニア(petunia)バーベナ(verbena)の花を、選んでいました。それでも、7月中旬は、晴天の暑い日が続き、義父母が時々水をやってくれてはいたものの、広い野菜畑の水やりや野菜の収穫に忙しく、毎日というわけにはいきません。

f0234936_23341125.jpg
2011/8/6

 ペチュニアの花はいくつか花を咲かせ、左の鉢のバーベナには、まだいくつか花が残っていたのですが、右の鉢については、白のバーベナこそ、花はなくても、いくつかつぼみが見つかったものの、赤いバーベナは、花どころか、つぼみも見当たりませんでした。

f0234936_23343337.jpg
2011/8/6

 それでも、旅行から帰った7月25日以来、毎日朝晩水をやり、つぼみが育つよう、咲き終わった花を取り除いていくと、少しずつですが、花たちが、息を吹き返してきました。明日で、帰宅してから、ちょうど2週間になります。この数日は、白いバーベナが、ようやく再び花を咲かせ始め、つぼみの数もかなり増えていました。(上の写真)

f0234936_23345346.jpg
2011/8/6

 そして、2週間前には、つぼみさえ見当たらなかった赤いバーベナも、少しずつつぼみの数が増え続け、小さいつぼみだけ日々増えるものの、花が咲かないので、心配していたら、昨日の夕方になって、ようやく、鮮やかな紅の色がほのかに見えるまでに、ほころんだつぼみが、ひとつふたつと姿を現し始めました。

 ああ、枯れかけたように見えたバーベナも、しっかり生き抜いてくれていた、明日はきっと花を見ることがでいるだろうと、昨日の晩から、楽しみでした。

f0234936_23351480.jpg
2011/8/7

 ですから、帰宅してから2週間になる今朝になって、実に1か月ぶりに、鮮やかに赤いバーベナの花が咲いているのを見たときは、本当にうれしかったのです。

f0234936_23353451.jpg
2011/8/7

 他のたくさんの小さなつぼみたちも、今はまだ緑色ですが、これから少しずつ少しずつ、美しい花を咲かせてくれることでしょう。

f0234936_23355834.jpg
2011/8/7

 一足先に花を咲かせ始めた白いバーベナと、競い合いながら。

f0234936_23361428.jpg
2011/8/7

 わたしも、この花たちのように、強くありたいと思います。何があっても、自分の足でしっかりと立ち上がり、再び歩き出せるようでありたい。

 昨日は広島への原爆投下記念日であり、まもなく終戦記念日が訪れます。焼け野原から、明日を信じて苦労を重ねた世代の血のにじむような努力で、豊かな国へと生まれ変わったわたしたちの国、日本。被災地でまだ苦しまれる方も多く、放射能汚染も、政府などの対応が問われるときですが、今の日本にもやはり、枯れかけたように見える中で、美しい花が咲き、緑色の小さなつぼみが、たとえどんなに咲くのが先になるかも知れぬとしても、育ち始めていると思うのです。被災地で、暮らしを建て直そうと、日々励まれる方々、それを支える多くのボランティアの方たち、支援者、支援企業。なでしこジャパンの活躍。

 情報を隠蔽して、悲惨な状況を見ぬふりしていられる時代では、もうありません。政府や関係機関、産業界が、花を脅かす激しい日照りの存在を隠すことなく、必要な水を、ありとあらゆる手段を講じて手配し、花やつぼみを枯らさずに、問題の根本自体を解決し、これからも緑色の小さなつぼみが、美しい花が少しずつ増えていくように対処し、いつかまた、危機を乗り越えたからこそ、より美しいものとなりますように。水戸黄門や大岡越前が、たとえお上の側にいなくとも、民主主義国家であるはずの日本では、対話や提案、交渉を通じて、改善していけるはず。必要な情報がたとえ開示されていなくても、今は、忍者を使わずとも、入手して、普及させることのできる高度情報化社会にあります。日本国民も、国の主権者として、成長を遂げつつあり、きっと少しずつ、国全体があるべき方向を目指して進んで行くはず、とわたしは信じています。

*追記
 この記事を書いてすぐに、イタリアに住むわたしたちにもすぐできることがあることを、ねるさんの記事(リンクはこちら)に、教えていただきました。

・イタリア在住の日本人有志による「日本国政府に『脱原発』政策の実現を求める公開嘆願書」のメールを通じての署名募集(リンクはこちら

 署名の第一次締め切りは、「8月8日イタリア時間午後12時(真夜中)」とのことです。わたしもさっそく嘆願書を添付して、署名し、メールを送付しました。賛同される方、ぜひよろしくお願い申し上げます。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
人気ブログランキングへ

こちらもクリック↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

by milletti_naoko | 2011-08-07 16:43 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/16386687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かや at 2011-08-08 00:19 x
こんばんは☆
バーベナとペチュニア、復活して良かったですね。
一見、か弱そうに見える花も、丈夫だったりしますね。
ペチュニアは僕も育てていますが、最近は時間がないので手入れしていないんですけど、毎日たくさんの花を咲かせています。
種を取っておけば来年また育てるのも簡単ですし、こぼれ種からも勝手に生えてきて花を咲かせますよ。

今は、ごく微量の放射性物質で牛肉に米に大騒ぎの日本ですが、あんな原爆が爆発した後なら広範囲にもっとひどい濃度で汚染が広がったはずですよね。
原発事故も恐ろしいですが、核兵器なんてものはもっと恐ろしい結果を招く兵器なんですから、まずはそちらを早く世界から無くしてほしいものですね。

凸d(^ー^)応援のpochi!
Commented by milletti_naoko at 2011-08-08 01:58
かやさん、こんばんは♪

こちらは日差しが強い上、日照時間が長いので、西日の長く当たるテラスで、よく元気に頑張ってくれているなと思います。種からも育てることができるんですね。他の花や野菜は、種を取ったり、枝から育てたりする夫が、こういう夏の花たちに限っては、毎年花を買うのは、花が安いこと、毎年花を変えて楽しみたいからかとも思うのですが、今年の花には愛着もひときわあるので、ぜひ種を取ってみようと思います。助言をありがとうございます。
Commented by りえ at 2011-08-08 05:03 x
本当ですね。
原爆だって乗り越えてきた国ですもの。大丈夫。
今回のことがあって、祖父母のことを色々考えました。
あの世代の方々の忍耐強さ、根本的な生命エネルギーの輝きって凄いですよね。
見習わなくては。
Commented by milletti_naoko at 2011-08-08 06:13
りえさん、こんばんは。

「こういう事態は何度も切り抜けてきて、そのたびに一から建て直してきたから、今回も大丈夫。」と、今回の震災で家を失いながら、そうおっしゃる高齢者の映像を見ながら、その笑顔と強さと確信に、地震発生当時、驚いたのを覚えています。日本はきっと大丈夫。まずはそれを信じて、一人ひとりができることをしていくことが大切な気がします。

お会いしたいなと思いつつ、イタリアのお里に帰られたのではないかと……! いえ、お里からですか? 
Commented by クロちゃん at 2011-08-08 07:03 x
なおこさん、おはようございます。♪
鮮やかな花たちの強さに元気をもらえます。
こちらもようやく暑い夏が戻って来て、連日のカミナリが空で鳴り響いています。
夏は夏らしく、元気に頑張りましょう。(^^)/
Commented by ムームー at 2011-08-08 11:33 x
なおこさん、こんにちは。

美しく見事に咲いてくれましたねぇ~
力強く暑さに耐えて咲くお花から元気を貰えますわ。
どんな苦難も乗り越えていく力強さは年配の方から知る事ができ
生き方を学びたいと思います。

イタリアの方々からこういう動きを教えて貰って感謝です。
ありがとうございます。
日々流されるニュースは信じられないものばかりです。
これから、お米の収穫がされるとどうなりますか。
対応が悪く、保身に走る政治家たち、情けないです。
Commented by bianchi_saitoh at 2011-08-08 22:59 x
ツイッターにコメントありがとうございました。中学生相撲といえど100Kg越えのぶつかり合いは迫力がありました。
昨年大相撲を見ましたが立ち合いの駆引きはプロ以上でした。

写真のバーベナ 赤が鮮やかに浮かび上がってキレイです。
復活の喜びっていいですよね!
Commented by りえ at 2011-08-08 23:06 x
違いますよー。ばりばりPGです。 
雑用に追われつつ・・・。今年はカラブリア、少なくとも8月中には行かないかもしれません。Kさんとも予定を合わせて、お会いできたら良いですねー!
Commented by moconail5ott at 2011-08-09 00:23
先日は訪問&コメントありがとうございました。
ペルージャにお住まいなのですね、ペルージャは行った事がないので
ぜひ一度訪ねてみたい街です。
また遊びに来て下さいね、私も訪ねてみます。よろしくお願いします。
Commented by milletti_naoko at 2011-08-09 01:23
クロちゃん、こんにちは!

そうなんですよね。「赤い花、がんばれ! 白い花もがんばれ!」と花を励ましながら、実は、わたしの方が花に励まされています。お互いに元気で頑張りましょう。やっぱり夏は夏らしいのがいいんですよね。
Commented by milletti_naoko at 2011-08-09 01:26
ムームーさん、こんにちは!

年配の方、上の世代の方の努力のおかげで、今の日本、わたしたちがあるんですよね。わたしたちは、後の世代のために、何ができるのか。花に励まされ、教わることも多い毎日です。
Commented by milletti_naoko at 2011-08-09 01:28
bianchi_saitohさん、若さや将来がかかっていて、プロの試合とはまた違う意味で熱いものがあると思います。この鮮やかな赤い色が好きで、今朝も赤い花がまた少し増えているのを見てうれしくなりました。
Commented by milletti_naoko at 2011-08-09 01:34
りえさん、ぜひぜひ! お給料を取りに行くついでに、今週か来週あたり、一度は中心街に行きたいと思っていますので、そのときはご連絡しますね。お忙しければ、またの機会に。あんまり連絡が遅いので、今こちらから問い合わせのメールを送ったところです。学校が休みに入っていませんように。暑い日が続きそうですが、お互いに元気に暑さを乗り切りましょう!
Commented by milletti_naoko at 2011-08-09 01:39
moconail5ottさん、こちらこそありがとうございます! 再びのぞいたら、ラーメンの写真以外は見られるようになっていました。文面だけでも、おいしさが十分に伝わってくるので、写真を見ていると、飛んで行きたくなりました。こちらこそ、ありがとうございます。そして、よろしくお願いします。ペルージャにもぜひいらしてください。わたしも、ジェノヴァにはまだ行ったことがなく、いつかぜひ訪ねてみたい町の一つです。


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

12か国語の外国語学習にも役..
at 2017-11-21 23:47
二日月白くきらめく夕焼けの空..
at 2017-11-20 23:28
どんよりペルージャ とほほな..
at 2017-11-19 23:47
紅葉・白雪のラヴェルナ修道院..
at 2017-11-18 23:58
紅葉美しテッツィオ山、イタリ..
at 2017-11-17 23:58

記事ランキング

タグ

(614)
(527)
(336)
(287)
(219)
(190)
(166)
(158)
(147)
(137)
(137)
(120)
(114)
(100)
(93)
(91)
(88)
(68)
(52)
(33)

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

アリスさん、よろい戸を閉..
by milletti_naoko at 04:56
nonkonogoroさ..
by milletti_naoko at 02:47
ドラム式の洗濯機なのでし..
by nonkonogoro at 16:09
なおこさん、桜色の空の色..
by ayayay0003 at 15:39
アリスさん、ミニメトロの..
by milletti_naoko at 00:27

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
Can of Good ...
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク