カボチャも芸術

 日本に暮らしていた頃は、カボチャと言えば緑色と思い込んでいたのですが、イタリアで見かけるカボチャには、黄色やオレンジなど、さまざまな色があります。

f0234936_0165327.jpg

 そう言えば、ハロウィンのお祭りで使うカボチャもオレンジ色ですが、わたしが、カボチャ(zucca)の美しさに、初めて感動したのは、ちょうど10日前のことでした。色とりどりの、大きさも形もさまざまなカボチャたちの美しいことと言ったら!

f0234936_017315.jpg

 ここでは、泉も、泉から水を飲む鳥たちも、すべてカボチャの形をうまく使っています。ぐるっとねじれたカボチャは、確かに、鳥が長い首をねじらせたような形をしていますが、うまく考えたものだなと思います。それぞれの模様や色合いが微妙に違っているのが、またいい味を出しています。

f0234936_0192671.jpg

 このすばらしいカボチャたちに出会ったのは、9月18日日曜日に、リッチョーネ(Riccione)で開催された花市、Giardini d’Autoreを訪れたときです。

f0234936_0182260.jpg

 会場は、リッチョーネ中心街にあるVilla Lodi Fèです。毎年、春と夏に二度催されるこの花市を、わたしたちが訪れたのは、今回で4度目になります。

f0234936_0194629.jpg

 春に比べると、やはり花の数が少ないのですが、それでも季節の花の鉢植えや、

f0234936_020523.jpg

庭を心安らぐ空間にするために

f0234936_0202724.jpg

役立つ品の数々を、

f0234936_0204649.jpg

見て楽しむことができました。

f0234936_021644.jpg

 今回の花市には、友人シモーナが勤める工房、Artigianateも店を出していました。工房で作る布製品は、上質の布地に、梨の木を手で彫り上げた版木を使って、麦の穂やブドウなどのデザインを施したものです。(詳しくは、下記リンク参照)今春に、店がリミニからリッチョーネに新装開店したこともあって、花市の主催者から出店の誘いを受けたそうです。

f0234936_021326.jpg

 そこで、9月18日日曜日は、シモーナたちと花市の会場前で待ち合わせて、一緒に昼食を取りながら、おしゃべりをしました。わたしたちも以前に食べたことのある、リミニのピアディーナ屋、NudeCrud(下記のリンク参照)が、花市の会場で店を出していたので、ここで、ピアディーナ(piadina)を買って食べました。わたしが頼んだのは、ローストビーフ、トマト、そして、レタス入りです。シモーナから、ここのピアディーナはおいしいから、と前回も今回も聞いていたのですが、そのとおり、生地がパリパリしているのに柔らかく、本当においしかったです。

f0234936_022542.jpg

 昼食後、会場内を散歩したのですが、これまで見かけたことのない不思議や植物や盆栽、そして、

f0234936_0241864.jpg
Gallo Sebright

こんなふうに、それは美しい鶏たちを、見ることができました。

f0234936_025146.jpg

 他にも、きれいな花や興味深い品々はたくさんあったのですが、過去もずっと出店している業者が多いため、こうした業者の店の写真は、今回は割愛しています。興味のある方は、過去2度の花市に関する記事をご覧ください。(下記リンク参照)

f0234936_0252879.jpg

 何はともあれ、今度の花市で、わたしが一番気に入ったのは、こちら、トスカーナのフォイアーナ・キアーナ(Foiana della Chiana)Club Amici della Zucca(訳すと、「カボチャの友の会」)の展示でした。

f0234936_0262678.jpg

 冒頭の写真のカボチャも、やはり、このカボチャの友の会の提供です。この会では、毎年、フォイアーナの町で、カボチャ祭り(Festa della Zucca)を開催し、カボチャの重量を競うコンクールも行っています。上の写真では、1等のカボチャは、なんと481kg、2等248.5kg、3等は246.5kg。会場の人に尋ねると、ここまで大きくするには秘訣があり、ここで賞を得るカボチャは、食べることはできないということでした。

f0234936_0265280.jpg

 他にも、カボチャを使った興味深い展示が多かったので、今年のカボチャ祭りの開催が、10月22日・23日と知って、ぜひ行ってみたいと思いました。フォイアーナは、ペルージャから、それほど遠くありません。

 こんなふうに、この花市には、何度訪ねても、おもしろい発見があります。花や園芸のお好きな方も、そうでない方も、機会があれば、ぜひ訪ねてみてください。

⇒記事、「花の妖精」(リンクはこちら)につづく。

LINK
- Giardini d’Autore a villa Lodi Fè. Mostra Mercato di Piante Insolite e Rarità Botaniche - HOME
- 「リッチョーネの花市」(Giardini d’Autore 19/9/2010)
- 「花市で春を先取り」(Giardini d’Autore 19/3/2011)
- Stampa su tela – Artigianate – Prodotti e Ordini
- 「ロマーニャ伝統の技とデザイン」(Artigianate 3/10/2010)
- 「新店は森の中」(Artigianate 8/5/2011)
- NudeCrud. Piada, Cassoni, Bar e Cucina - HOME
- 「夏のリミニ1」(NudeCrud. Piadineria di Rimini 5/9/2010)
- it.wikipedia - Sebright
- Club Amici della Zucca - HOME

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
人気ブログランキングへ

by milletti_naoko | 2011-09-28 17:28 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/16617204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かや at 2011-09-29 04:27 x
こんばんは☆
いろんな色と形のカボチャがあるんですね。しかもデカイ!
最大のものは食べられないとのことですが、他のカボチャは食べられるのでしょうか?

花もいっぱい見られて、良いお祭りですね。
凸d(^ー^)pochi
Commented by milletti_naoko at 2011-09-29 04:46
かやさんへ、特大のカボチャは、特別に何かをやって大きくしているようなのですが、他はおそらく自然に育ったカボチャなので(我が家で育つキュウリにもおもしろい形をしたものが時々あります)、食べられるのではないかと思いますよ。
Commented by ムームー at 2011-09-29 11:48 x
なおこさん、こんなにカボチャに大きさや色があるのは
知らなかったですわぁ、可愛いのや鳥さんに見えるものなど
楽しいですね。
花市なのに、手作り品の展示があったり飽きさえないですね。
見てみたいなぁ~
美味しそうなピアディーナ!!
花市でのワクワク感がこちらにも届きました~
Commented by mihodiary at 2011-09-29 12:45
なおこさん、こんにちは!

かぼちゃ、すごーい! (笑) 私は、最後の写真の、かぼちゃに精密な絵が描かれているものに感動しました! ちょうど、ハロウィンのシーズンとかさなっているので、日本でもまさにかぼちゃ気分です。泉の水を飲む、かぼちゃの鳥たちも愛嬌がありますね♪ほんと、よく思いついたなぁ...という感じです(笑)
なおこさんのおうちの近くでは、楽しいイベントなどもたくさんあって、1年中本当に楽しめますね。なんでも楽しんでしまおう! という、イタリアの方々の明るい気質なのかもしれませんね。
ピアディーナという食べもの、はじめて聞きました。おいしそう! なんとなく味や食感の想像がつきますが、おいしいに違いないですね! 食べてみたいなぁ。
鶏も、黒いふちどりを施したような羽根が美しいですね。見たことのないものがいっぱいです。イタリアに行きたくなってしまいました...! またいろいろご紹介してくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2011-09-29 15:20
ムームーさん、どのカボチャも色がきれいで形のおもしろいものを選んであって、まずは最初の写真の生けカボチャ(?)に圧倒されました。ラヴェンダーを使った品、果物のジャムやビスケットなどのお菓子、リキュールと、興味深いもの、おいしそうなものがあるかと思えば、いい布地を使った服なども売られていて、いろんな店があって、おもしろかったです。こういう鶏はわたしも初めて見ました。夫によると、観賞用の鶏を集めて、展示していたのだろうということです。機会があれば、ぜひイタリアにいらしてくださいね。今は円高で、日本からは旅行がしやすくなっています。
Commented by milletti_naoko at 2011-09-29 15:36
みほさん、おはようございます。 すごいですよね、このカボチャたち。こうやって水辺の鳥のパーティーを、カボチャを使って演出してしまえる創造力と対照的な色や形をうまくアレンジする力が、すばらしいな、とわたしも感動しました。最後の写真の絵も、やっぱり植物をモチーフにしてあって、繊細な筆致がすてきですよね。カボチャでここまでできるのか、カボチャはこんなに美しいのかと、わたしはただただ感嘆したのですが、みほさんはさらに、芸術家として刺激も受けられたことでしょう。ピアディーナ、それまでいろんな店やお宅で食べたものは、生地が厚くて重く、かたくてあまり好きではなかったのですが(個人の好みです)、この店のものは、本当においしかったです。花市には、ふだんイタリアに住んでいても、めずらしいものがいっぱいありました。機会があれば、ぜひイタリアにお越しくださいね。
Commented by kishie at 2011-09-29 22:24 x
うわぁ、すてきな花市ですね。うちの主人もきっと好きなはず!ピアディーナも美味しそう。素敵な休日を過ごされたようでなによりです。私達は9月は本当に忙しくて身動きがとれなかったので、吹く風も心地よくなってきたのでどこかに足を伸ばそうかと考えてます。その前に冬物も出さなきゃかぁ。。ある日突然寒くなりますものね。。
Commented by bianchi_saitoh at 2011-09-29 22:32 x
日本でも特大カボチャのコンテストたまにあります。

20年くらい前に農協さんから種が配られてオフクロがトライしましたがダメでした。
やっぱりコツがあるみたいです。
それにしても1位のカボチャの重量スゴイですね。
Commented by milletti_naoko at 2011-09-29 23:49
きしえさん、毎日お仕事でお忙しかったんですね。この花市が催されるのは例年3月と9月の週末で、ちょうどお仕事が大変な時期かもしれませんが、機会があればぜひ訪ねてみてください。昼食に屋台を出す店は、毎回変わるのですが、今回のピアディーナ、本当においしかったです。ペルージャも少しずつ涼しくなってきましたね。ある日突然寒くなりますか! 寒がりのわたしは、その日が遅く来てくれるよう祈ります。足を伸ばした先で、ゆっくり羽を伸ばしてくださいませ。
Commented by milletti_naoko at 2011-09-29 23:51
bianchi_saitohさんのお母さまも、巨大なカボチャ育てに挑戦されたんですね。1位のカボチャ、2位・3位を大きく引き離していて、すごいですよね。時々、カボチャの中に釘を入れて、重量をごまかそうとする例もあったらしく、審査は厳重に行うそうです。
<< 花の妖精 サンティアーゴが呼んでいる? >>