湖に夕日を追って

 10月30日日曜日は、夕方、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に向かいました。

f0234936_7144423.jpg

 わたしが久しぶりにアイゴを運転し、夫は傍らで、自動車教習の教官役を務めてくれました。一時停止の際に、止まるべきところで止まらず、やや先で止まる、とよく注意されます。止まれない理由は、まず、ペルージャや近辺の道路では、道路標示の線が消えかけていることが多くて、分かりにくいこと。次に、道路標示がないからと言って、標識のあるところで止まると、位置が前すぎて、他の車線から来る車がよく見えないこと、なのですが、これはわたしの言いわけで、やはり、きちんと停止するべきところで停止するべく心がけたいと思っています。

f0234936_7152073.jpg

 トラジメーノ湖に向かうことにしたのは、交通量が少なくて、わたしでも楽に運転ができるから、そして、湖を眺めると心が落ち着くし、湖で眺める夕日はきれいだろうと思ったからです。高速道路を下りて、湖の周囲を時計回りにめぐり、まずは、カスティッリョーネ・デル・ラーゴ(Castiglione del Lago)で、車を降りて、しばらくの間、湖畔を散歩しました。

f0234936_716016.jpg

 イタリアでは、ちょうどこの日、10月30日の未明に、夏時間から冬時間に戻りました。午前3時が、午前2時になり、この日は、ふだんと同じ時刻に起きても、1時間余分に眠ることができました。前の晩に遅く帰宅したわたしたちは、朝になってから、ようやく家じゅうの時計の針を1時間遅らせました。そう言えば、愛車アイゴの時計は、今もまだ夏時間のままです。

 それはさておき、冬時間になったために、前日までは午後6時過ぎだった日没が、この日は、午後5時過ぎと、1時間早くなりました。上の写真は、いずれも午後4時半過ぎに撮影したものですが、早くも空が赤みを帯び始めています。

f0234936_7162224.jpg

 友人と待ち合わせていたトゥオーロ(Tuoro sul Trasimeno)に着いて、車を置き、ようやく湖まで来たときには、すでに午後5時10分過ぎで、ちょうど日が沈んだばかりでした。

f0234936_7165562.jpg

 フェリーの桟橋を歩くと、マッジョーレ島(Isola Maggiore)がよく見えます。島の周囲の空はまだ明るく、薄紫がかった色をしているのですが、

f0234936_7171427.jpg

 後ろを振り返ると、空も湖も、鮮やかに染め上がっています。

f0234936_7173182.jpg

 こうして、3人で、炎のように美しい空と湖と、その色が少しずつ変わっていく様子を眺めたあと、湖畔のバールで、ホット・チョコレートを飲みながら、おしゃべりしました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
人気ブログランキングへ

by milletti_naoko | 2011-11-04 23:19 | Viaggi in Umbria | Comments(10)
Commented by ムームー at 2011-11-05 10:38 x
なおこさん美しいですねぇ~
茜に染まるまでの湖も神秘的でうっとりします。
そして赤く染まる空と湖の綺麗さ、琵琶湖とはまたちがいますねぇ。
満足しました~ありがとうございます♪
Commented by koba at 2011-11-05 10:44 x
やはり、男は車にうるさい!我が家の男達は何より車が好きそうに思います。動けば何でもいいじゃない。コストがかからないのが一番?ではないことは明白。運転技術も掃除も、もっと優先がない?
夕暮れの薄紫から変わっていく色合いに、いつも思うのですが、マリーローランサンの紫はこの色?と心奪われます。
法令遵守のなおこさんらしい反省ですね。私は、安全運転且つ流れに乗れと教示を受けてます。いつまでも。
Commented by クロちゃん at 2011-11-05 14:27 x
なおこさん、こんにちは♪
イタリアではサマータイムがあるんですね。
私は経験したことがないので良く分かりませんが、冬時間になる日は得した気持ちになりましょうか。(*^_^*)
湖の美しさも得した気持ちに見えます。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2011-11-05 18:14
ムームーさん、いつかトラジメーノ湖か琵琶湖で、一緒に夕日を眺められたらすてきですね! 湖の同じ場所に立っていても、方向によって、空や湖の色がかなり違うのも印象的でした。こんなに美しい夕焼けが見られるとは思わなかったので、感動しました。
Commented by milletti_naoko at 2011-11-05 18:29
kobaさん、おはようございます。日本にいた頃、車を大事に大事にしていた同僚を思い出しました。うちの夫の場合は、車はあくまで道具の一つであって、大きなものを運ぶことが多いので、大きくて物がたくさん入る車を選んでいて、中の掃除もかなり怠っています。夫の車にわたしが乗ると、車間距離をとらない(イタリアでは一般に日本に比べてかなり車間距離が短い気がします)ので、ひやひやすることがよくあります。わたしの場合、法令を遵守したいのに、まだイタリアの道路の標示や交通規則に慣れていなくて、技術がついていかないのです。もともと日本で運転していたときさえ、そんなに上手であったわけではないのですが、何しろイタリアに来てからずっと9年近く運転していなかったので、まずは、以前のレベルまでは運転できるように、少しずつ車と運転に慣れ親しんでいきたいと思います。
運転者席が右にあり、左車線を走る日本で長く運転したからか、走行中は道路の右側に寄り過ぎ、交差点を右に曲がるときは、交差点の中央に寄り過ぎるきらいがあるようです。少しずつ慣れて、気をつけていきたいと思っています。
Commented by milletti_naoko at 2011-11-05 18:37
クロちゃん、おはようございます♪ 冬時間から夏時間に変わる日は、1日が25時間になり、ゆっくりできるので、得をした気分になります。ただ、冬時間に突入すると、ただでさえ早かった日没がさらに早くなってしまうのが、残念です。日没は毎日早くなり、今日のペルージャでは午後4時58分に日が沈むとか。と思って、日本ではどうかと調べてみたら、日本でも日没は、場所によって差があるものの、午後5時前後なんですね。
湖が見られただけでうれしかったのに、さらにすばらしい夕焼けが見えて、本当に得した気分です。自然が贈ってくれた美しい風景に、感謝したいと思います。
Commented by かや at 2011-11-05 22:47 x
こんばんは☆
広くて綺麗な湖ですね~。波があまり立っていないので、鏡のように空を逆さに映していますね☆
たまたま風の弱い日だったのでしょうか?
日本だとなかなか、こういう静かな湖の風景って見れない気がします。
ボートだの観光船だのいろいろいますし(^^;)

凸応援ポチ!
Commented by bianchi_saitoh at 2011-11-05 23:30 x
直子さん、男はそんな感じですね。自分もそうなってます。高速を年一回くらい田舎エリアで運転してもらう時がありますが正直ズーット怖いと思ってます。

それにしても暮れて行く空の色綺麗ですね。薄紫の空はまさにイタリアという感じです。
日本にいると憧れてしまうひと時です。
Commented by milletti_naoko at 2011-11-06 00:17
かやさん、こんにちは。そうなんです。トラジメーノ湖は、波が立つことがめったにないので、空や周囲の山を映し出す湖面が、鏡のようです。夏は、この湖もボートや観光客が多いのですが、今は欧米からの観光客も去り、静かに散歩をすることができます。応援のポチをありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2011-11-06 00:21
bianchi_saitohさん、夫は常々わたしに免許を取って独立するようにと言っていたのですが、わたしが車を運転するようになった今は、自分の車を運転する方が、わたしの車に同乗するよりも、気が楽で安心できるのではないかと思います。用事があるとき、時々わたしの車で行こうというのですが、「ぼくの車で行こう。その方が早く済むから。」と言われてしまうことがよくあります。まあ、最近は市が立っていて、道路が渋滞しているので、それはそれでありがたいのですが……

いつかぜひ薄紫色の空を眺めに、イタリアにお越しください。天気がよければ、日本でも見られると思うのですが、いかがでしょうか。
<< イタリア全国でスト、11月7日... 桜が二度咲き >>