フィノッキオのグラタン風

 最近、ペルージャでは、朝晩めっきり冷え込むようになりました。今朝も、庭には霜が降り、車の窓ガラスは凍りついていました。

f0234936_001473.jpg

 こんな今の時期に、たくさん収穫できるのが、こちらのフィノッキオ(finocchio)です。生のまま、サラダに合わせてもおいしいのですが、夫が生で食べるのはあまり好きではないので、リゾットの具にしたり、ミネストローネに使ったりもしています。

f0234936_003688.jpg

 昨日、インターネットで見つけたフィノッキオのレシピ(下記リンク参照)がおいしそうで、試しに作ってみたら、本当においしかったので、今回は、このフィノッキオのグラタン風のレシピを、ご紹介します。

f0234936_01952.jpg

 元のレシピは4人分で、フィノッキオを六つ使っているのですが、我が家は二人暮らしで、手元にあったフィノッキオは二つ。それで、材料の分量や調理法を、サイトのレシピとは、若干変えてみました。

 まずはフィノッキオ二つを、縦に真っ二つに割り、一つひとつ層をはがし、水でよく洗います。(元のレシピでは、縦に四つに切って、そのまま調理しているのですが、我が家の畑で採れるフィノッキオは、層と層の間にたくさん土が入り込んでいるため、それでは、土が野菜の中に残ってしまいます。)そして、沸騰した塩水に入れて、10分間ゆでます。

f0234936_01328.jpg

 フィノッキオを煮立てている間に、ホワイトソースを準備します。20gの無塩バターをフライパンに溶かし、15gの小麦粉を加えて、小麦粉のかたまりができないように、よく混ぜ合わせ、さらに牛乳150mlを加えて、よくとろみが出るまで、ゆっくりと混ぜ続けます。仕上がる直前に、ナツメグと塩・こしょうを加えて、味を調えます。

f0234936_021526.jpg

 ゆで終わったら、フィノッキオの湯水をよく切ります。フライパンに、20gのバターを溶かし、このフィノッキオをさっと炒めます。

f0234936_023973.jpg

 耐熱皿に、炒めたフィノッキオを並べ、その上から、ホワイトソースを、全体に均一になるように、かけていきます。最後に、パルミジャーノチーズ15gを、すりおろして、全体にむらなくふりかけます。あとは、200度に熱したオーブンに入れて、20~25分焼くだけです。表面がこんがりとキツネ色に焼けたら、できあがりです。

 今回、わたしが使ったそれぞれの材料の分量は、以下のとおりです。

フィノッキオ          2個
ホワイトソース用
・バター           20g
・小麦粉           15g
・牛乳           150ml 
・ナツメグ・塩・こしょう     各少々
バター            20g
パルミジャーノ         15g

 イタリアで一般に売られているバターは無塩なので、このレシピでは無塩バターを使っているのですが、日本で塩入りのチーズを使う場合は、フィノッキオをゆでたり炒めたりする際に使う塩の量を少なめにして、調整してください。

 しっかりした味になるようにと、元のレシピからすると、フィノッキオの量に対して、ホワイトソースの量が多めになるように作ったら、味わいの深い、おいしい一品に仕上がりました。皆さんもぜひ、お試しください。

LINK
- Ricetta Finochi gratinati – Le Ricette di GialloZafferano.it

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!
人気ブログランキングへ

by milletti_naoko | 2011-12-20 15:55 | Gastronomia | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/16975064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ムームー at 2011-12-21 22:32 x
なおこさんこんばんは。

フィノッキオにホワイトソースにチーズをかけてオーブンで焼くって温まるし美味しいでしょうねぇ~
最近はグラタンを作ることもしていませんの、食べたいです~
いつも温かい言葉をかけて下さってありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2011-12-21 23:45
ムームーさん、こんばんは。冬は寒いので、オーブンを使うことが多く、部屋も暖まって一石二鳥。調理が終わったあと、オーブン内の高熱を室内に放つからです。おいしくできて、うれしかったのですが、体重が…… こちらこそ、ありがとうございます♪
<< たそがれのタワーブリッジ 噴水の歴史もゆかし >>