杏さんとペルージャ2

 ペルージャには、エトルリア文明や古代ローマ、中世など、それぞれの時代を語る遺跡や建築物が残り、傑作を有する美術館や教会も、たくさんあります。

f0234936_8132158.jpg
Palazzo dei Priori - Galleria Nazionale dell’Umbria, Perugia    11/1/2012

 初日は、町並みの美しさを楽しんでいただこうと、名画の多い国立ウンブリア美術館も、説明だけして、前を素通りしました。

 まずは、ペルージャ市の観光案内所で、町の地図や美術館・博物館・催し物などの案内を、入手しました。

f0234936_8134071.jpg
Loggia dei Lanari (XIV sec.), Perugia    Perugia    11/1/2012

 観光案内所の左手にあるアーチをくぐり、小道を進むと、14世紀の美しい開廊、Loggia dei Lanariがあります。二つ並ぶ尖塔アーチのうち、右のアーチは、観光案内所の窓になっていて、そのため、ウンブリアの観光案内ポスターが貼られています。左のアーチ越しには、その前に続く通りと、その先に建つプリオーリ宮殿(上記参照)の一部が見えます。

 では、右に見える大きなガラス張りの円形アーチは何かと言うと、ペルージャ市役所の出張窓口(Comune di Perugia U.R.P.)です。この出張窓口は、とても便利で、身分証明書(Carta d’Identità)や各種証明書の申請・受領ができる上、市役所よりも受付時間が長く、係りの人が親切です。(下記リンク参照)

f0234936_814258.jpg
Perugia 11/1/2012 16.40

 それから、どんどん歩いて、北西へと伸びる町並みが見晴らせる場所まで、やって来ました。正面には、ペルージャ外国人大学の校舎となっているガッレンガ宮殿(Palazzo Gallenga)が、小さく見えています。奥の方、やや右寄りに見える、ラクダのこぶの形をした山は、テッツィオ山(Monte Tezio)。茜色に染まったこの一角には、かつては修道院がたくさんありました。

f0234936_816665.jpg

 こちらは、北東へと伸びる一角、モンテルーチェ(Monteluce)です。かつては、病院の病棟が立ち並んでいたこの地域は、病院が郊外に移転した今、新しく生まれ変わろうとしているところです。(詳しくはこちら

f0234936_8163425.jpg

 わたしたちが見守る中、遠くの山並みが、少しずつ少しずつ、赤く染まっていきます。

f0234936_8165086.jpg
Arco Etrusco (III sec. a.C.), Perugia 11/1/2012

 長く長く続く階段を下りると、このエトルリア門が左手に現れます。

f0234936_8172250.jpg
mura etrusche (III sec. a.C.), Perugia 11/1/2012

 上の写真では、町の城壁の礎に、白く巨大な石が積み重ねられているのが見えます。このエトルリア壁も、エトルリア門も、紀元前3世紀に、エトルリア人が建造したものです。

f0234936_8203892.jpg
Perugia   11/1/2012 16.59

エトルリア門に沿って、坂道を上って行くと、下方に、南へと細長く伸びる道、Via dell’Acquedottoが見えます。

f0234936_8212516.jpg
Fontana Maggiore (1275-1278), Perugia 11/1/2012 20.09

 Acquedottoは、イタリア語で「送水路、水道橋」。13世紀に、近くの山から、ペルージャの町の中心に作られた大噴水(上の写真)まで、水を運ぶために築かれた送水路の上を通る道なので、今も、Via dell’Acquedotto(直訳は「送水路通り」)と呼ばれています。

f0234936_8215997.jpg

 ペルージャの中心街から、アーチの下をくぐり、

f0234936_8221757.jpg

坂道を下りて、

f0234936_8234413.jpg

この送水路(Acquedotto)の上を歩いて行くと、町並みを見晴らしたり、庭園を見下ろしたりしながら、散歩を楽しむことができます。

f0234936_8251449.jpg

 たくさん歩いたあとは、中心街に戻り、おしゃれな喫茶店、Caffè di Perugiaで、生クリーム(panna)つきのおいしいホット・チョコレート(cioccolata calda)を飲んで、くつろぎました。

f0234936_8255924.jpg

 夕食は、プリオーリ通りにあるPizzeria Ristorante La Cambusa(下記リンク参照) で食べました。このときには、夫のルイージも加わり、杏さんと3人で、おしゃべりや、おいしいピザとワインを、心ゆくなく楽しみました。

*追記(2012年12月14日)
 お店の場所が変わりました。新店について詳しくは、下の記事をご覧ください。
- 復活! ピザ屋、 La Cambusa

参考文献・リンク / Riferimenti bibliografici & web
- “Città d’Arte. Perugia Arezzo Urbino” – Eizione speciale per © 2011 Gruppo Editoriale L’Espresso(記事はこちら
- Galleria Nazionale dell’Umbria - HOME
- 国立ウンブリア美術館、開館日時・入館料などの案内
- Comune di Perugia – U.R.P.(ペルージャ市役所、出張派出所のサービス業務案内)
- Comune di Perugia – Uffici anagrafici e Urp(ペルージャ市役所の戸籍課と出張派出所の受付日時)
- Caffè di Perugia - HOME
- Pizzeria Ristorante La Cambusa - Contatti

関連記事へのリンク / Link per gli articoli correlati
- 「杏さんとペルージャ1」 / Passeggiata nel Centro di Perugia 11/1/2011 – Parte1
- 「外国人大学と町並みを訪ねて」 / Passeggiata panoramica a Perugia
- 「ピザ屋、La Cambusa (ペルージャ)」 / Pizzeria Ristorante La Cambusa
(↑↑ ピザやワインは相変わらずおいしいのですが、この記事を書いてまもなく、メニューが変わり、値段も以前より高くなりました。)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona, per favore!

人気ブログランキングへ

by milletti_naoko | 2012-01-15 00:30 | Viaggi in Umbria | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17075774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Facciamo una.. at 2012-02-05 00:11
タイトル : ペルージャ2
ペルージャの3日目は、一人で街を歩きました。 朝から小雨模様でしたが、ホテルをチェックアウトしたのち、荷物をフロントで預かってもらい、街へ出ました。 メインストリートです。 この道の突き当りが、プリオーリ宮殿で、その前にこの大噴水があります。 プリオーリ宮殿の横にドゥオーモがありますが、ファサードがね、殺風景ですよね。 フィレンツェのサン・ロレンツォ教会みたいです。 おなじウンブリアのオルヴィエートのドゥオーモと比べると、本当に地味~ 教会の中は撮...... more
Commented by ムームー at 2012-01-15 11:26 x
なおこさん
ペルージャは夫も娘も行きたかった所ですのよ、やっぱりこうして見せていただくと私も行きたいです。
長い石畳に歴史ある建築など素晴らしい~
お友達とお話も弾んだでしょうね。
Commented by koba at 2012-01-15 15:31 x
朋あり遠方より来る。また楽しからずや。
ええですねぇ。日本も新年会の季節です。
Commented by milletti_naoko at 2012-01-15 19:06
ムームーさん、いつかぜひご家族そろっていらしてください! 京都とはまた違った古い町の魅力があります。ようやく杏さんに会えて、一緒にじっくり時間を過ごせて、うれしかったです。
Commented by milletti_naoko at 2012-01-15 19:08
kobaさん、まさにそのとおり。楽しかったです。年末年始は、会が続いて、旧交や新交を温める機会が多いですよね。日本では、まだ新年会が続くのですね!
Commented by ensyuu at 2012-01-15 19:25 x
エトルリアとは古いですね~

クリームとホットチョコ、美味しそうです。
Commented by milletti_naoko at 2012-01-15 20:01
kobaさん、ウンブリアには、エトルリア人を始め、いろんな民族や権力の繁栄や闘争の跡が、町のあちこちに残っていて、興味深いです。

ホットチョコレート、おいしいです!ensyuuさんが紹介されているお茶菓子のような美しさと詩心はないけれど、冬はこれで、心も体も温まります。
Commented at 2012-01-16 09:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2012-01-16 16:55
kobaさんのコメントへのお返事も、ちゃんとムームーさんへのお返事の次にしていますよ。ensyuuさんのブログでは、きれいでおいしそうなお茶菓子を通して、お茶の世界の豊かさの一端を垣間見られてて、興味深いです。

イタリアには、見るべき場所や訪ねてみたい場所がたくさんありますよね。製鉄の歴史については、エルバ島に興味深い博物館があります。いつか紹介したいと思ったまま、紹介していないのですが、いつかそのうち!
Commented by kazu at 2012-01-18 21:56 x
ペルージャは見所がいっぱいですね。やはり行けば良かったと益々後悔が募ります。でもゆっくり見るなら一泊はしてみたい。パドヴァのように、ペルージャ専用のペルージャカードみたいなお得なパスはありますか。
Commented by milletti_naoko at 2012-01-18 22:25
kazuさん、こんにちは。ペルージャの美術館や博物館を、割安で訪ねられるカードがあるのですが、こちらのことでしょうか? ペルージャもですが、ウンブリアには、丘の上に広がるすてきな中世の町が、たくさんあるんですよ! せひ一度ゆっくりと回ってみてください。
<< ティファニーの魔法 杏さんとペルージャ1 >>