雪山と夕日と湖と

 2月24日金曜日は、久しぶりにテッツィオ山(Monte Tezio、961m)の山頂に登りました。

f0234936_620354.jpg

 山頂から、沈む夕日を眺めたいと思ったからです。

f0234936_6205076.jpg

 自然公園の入り口から登り始めたときには、ごくたまにしか雪を見かけなかったのですが、山頂に近くなると、道や斜面が白雪に覆われた場所が、たくさんありました。

f0234936_621586.jpg

 上の写真の位置から、夫が眺めているのは、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)と、その向こうに沈みゆこうとしている夕日です。

f0234936_6213084.jpg

 このあたりの雪が、思いがけず深いので驚きました。夕日が白雪をオレンジ色に染め、不思議なことに、影が深い空色をしていました。

f0234936_6214710.jpg

 吹きつける風が、雪の上に描き出した模様の美しいこと。

f0234936_622349.jpg

 フタコブラクダの背中のような形をしたテッツィオ山の、コブとコブの間を結ぶ尾根道を歩き始めたところで、後ろを振り返りました。右前方に暗く見える低い山は、修道院のあるマルベ山(Monte Malbe)です。

f0234936_6223184.jpg

 南北に長く伸びるテッツィオ山の、西の斜面を登ってきたのですが、頂上付近まで来ると、山の東側のパノラマが見えてきます。空気が澄んでいるので、白雪を戴いたアッペンニーニ山脈の高峰が、夕日を浴びて、茜色に染まっている様子が、遠くからでもはっきり見えます。

f0234936_6225295.jpg

 夕日がかなり地平線に近くなりました。沈む夕日を、夫と一緒に見送りたいと思うのに、急ぎ足で歩いても、先を進んでいた夫の影が見当たりません。

f0234936_6233937.jpg

 そこで、「ずっと先にある三つ目の十字架(la Terza Croce)まで行って、そこでわたしを待っているに違いない。」と思って、十字架に向かって、急ぎました。

f0234936_62412.jpg

 驚いたことに、夫はそこにいなかったのですが、夕日が空と湖を赤々と染めながら、厚い雲の向こうに隠れ、やがては沈んでいく様子を、十字架のふもとから、見ることができました。

f0234936_624173.jpg

 そうして、日が沈んだ途端に、不思議に美しい情景が、目前に浮かびました。少し前には、青空の下、高峰の山頂付近だけが桜色の光に包まれていたのに、今度はその色合いが逆転して、

f0234936_6243225.jpg

 夕焼け空の下、アッペンニーニ山脈(gli Appennini)の山頂付近だけが、空色を帯びているではありませんか。

f0234936_6245194.jpg

 写真を撮るのに夢中になっていたら、夫の声がします。「早く山を下らないと、真っ暗になってしまうよ。」そこで、急ぎ足で、来た道を共に引き返しました。茜色に染まった空や湖に、時々目をやって、その色の変化と美しさを、心に留めながら。


f0234936_6251697.jpg

 ある程度山を下ると、小道の両側が高い木々に覆われるため、暗くなって、足元も行く手も、あまりよく見えない中を歩くことになりました。公園入り口の駐車場にようやく戻った午後6時半には、もうすっかり暗くなっていました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-02-26 22:26 | Viaggi in Umbria | Comments(4)
Commented by クロちゃん at 2012-02-27 19:45 x
なおこさん、こんばんは♪
雄大な自然の景色ですね。
こういう景色を見ると、自分が空を飛べそうな気がしてしまいます。(^<^)
ファンタジアの世界に行ってみたいな~。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2012-02-27 20:46
クロちゃん、こんにちは♪ テッツィオ山は決して高くはないのですが、頂上からの眺めは絶品です。もしペルージャにいらしたら、一緒に山登りいたしましょう。春には野生のアスパラガスや自生の蘭が、初夏には、野バラやエニシダの花が、とてもきれいなんですよ。
Commented by やきいも at 2012-02-28 18:50 x
なおこさん初めまして、先日はコメントを残してくださりありがとうございました(^人^)
イタリアの自然、とても雄大で「美しい」という言葉がとてもピッタリですね。
私の住む北海道も自然いっぱいですが、イタリア美しいです↑↑
素敵な景色写真に眼福と穏やかな気持ちをいただきました(^^*)
癒しをありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2012-02-28 20:25
やきいもさん、こちらこそ、訪問とコメントをありがとうございます♪ 北海道には、6歳から小5まで住んだことがあります。冬には毎日雪が高く積もり、雪や氷柱の中を友だちと歩いて冒険したこと、ボブスレーやミニスキーで遊んだこと、今もなつかしく覚えています。いつか再訪したいと思っています。北海道の自然も雄大で美しいですよね。
イタリアの自然の風景を喜んでいただけてうれしいです。手で書くことの大切さ、手を使うことで、また心や身にすっとついてくるであろう何かを、やきいもさんの言葉で、わたしも思い出しました。こちらにいると、誰かに伝えるための手書きは得てしてイタリア語になりがちで、イタリア語でもすてきな言葉や祈りは多いのですが、やっぱり母国語の方が、読んでも書いても、魂の深いところで、自分のものになりやすいような気がします。これからも、どうかよろしく♪
<< ペルージャ、ドライブ情報1 凍れるトラジメーノ湖3 >>