イチゴのミモザケーキ

 昨日、3月8日木曜日は、女性の日と、大好きなイチゴの季節が訪れたことを祝って、

f0234936_1924684.jpg

イチゴのミモザケーキ(torta mimosa alle fragole)を作りました。

f0234936_1934988.jpg

 まずは24cm丸型のスポンジケーキを作り、オーブンでケーキを焼いている間に、イチゴ300gを細かく切って、深い大き目の器に入れ、砂糖ティースプーン2杯と少量のレモン汁を加えて、よくかき混ぜ、30分ほど置きます。

 焼き上がったスポンジケーキが冷めてくる頃、生クリーム250mlに、砂糖ティースプーン2杯を加え、よく冷やしておいたボウルで泡立てて、生クリームを準備します。

f0234936_199886.jpg

 スポンジケーキをナイフで3層に切り分けます。このとき、中心の層は、厚さ1cmほどで構いません。この中の層は、あとで指でほぐして、ミモザの花に見立て、ケーキを飾るのに使います。

 砂糖とレモン汁につけておいたイチゴから出たイチゴの果汁を、スポンジを上・中・下に切り分けた、一番下の層のスポンジの上に、まわしかけます。さらに、スポンジを生クリームで覆って、その上に、イチゴを敷きつめます。

f0234936_1943732.jpg

 その上を、さらに生クリームで覆い、3層に切り分けたスポンジの上の層を、上から重ねます。

f0234936_1945379.jpg

 上の層を載せたあとは、スポンジケーキ全体を、残りの生クリームで覆います。

f0234936_1951186.jpg

 中の層は、細かい粒じょうになるほどまで、ひたすら指でほぐしていきます。

f0234936_1952966.jpg

 粒状になったスポンジで、生クリームで包んだスポンジケーキを覆い、イチゴで、ケーキを飾って、はい、できあがり。

 昨夜は、お義母さん、夫、お義父さん、義弟と共に、このイチゴのミモザケーキを食べて、ヴィンサント(vinsanto)で祝杯を挙げ、女性の日を祝いました。大好きなイチゴがたっぷりで、うれしかったです。皆もおいしいと喜んで食べてくれました。

 下にリンクを掲げているレシピを参考にしたのですが、すでに生クリームを買っていたので、別のクリームを作る代わりに、すべて生クリームを使いました。また、下のどのレシピでも、スポンジケーキ(Pan di Spagna)の薄い層を、サイコロ状に切って、それをミモザの花に見立てているのですが、わたしは、中の層を切るときに、すでにかなりパンくずならぬケーキくずができてしまったこともあり、かつてどこかで食べた粒状のスポンジに飾られたケーキを思い出しながら、こんなふうにケーキを飾ってみました。下記、三つ目のリンク先では、とても大きい長方形のミモザケーキ、四つ目では、パイナップル風味のミモザケーキのレシピが紹介されていますので、興味のある方は参考にしてください。

 最後に、材料と、必要な分量をご紹介します。

 イチゴのミモザケーキ 材料
スポンジケーキ    24cm丸型*
生クリーム      250ml
イチゴ        350~400g
          (300gは細かく切って、レモン果汁と砂糖に漬けて、ケーキ
           の中央に挟むため、残りは、ケーキの上を飾るため。)
砂糖         ティースプーン4杯(生クリームとイチゴにそれぞれ2杯ずつ使用)
レモン果汁      少量

*スポンジケーキについては、手持ちのレシピ(リンクはこちら)によると、材料は、「薄力粉100g、片栗粉50g、砂糖250g、卵5個+卵黄3個、蜂蜜20g、ベーキングパウダー」で、これで、おいしいふわふわのスポンジケーキを作ったことがあります。ただ、これだと、卵が多く、義父母も義弟も高血圧なので、今回はウンブリア伝統のリングケーキ、トルコロ(torcolo)を作る要領で、レモンの皮と果汁の代わりにオレンジを使い(ちょうど手近にレモンがなかったためです)、

f0234936_1993634.jpg

 リングケーキ型の代わりに、24cm丸型に入れて、焼いてみました。スポンジケーキに比べると、ふわふわ感に欠けはするのですが、ただでさえ生クリームも使ったので、コレステロールを気にせずに、安心して食べてもらえました。トルコロは、バターの代わりにオリーブオイルを使う点でも、体に優しいと思います。

参考にしたレシピたち
- Mondo Ricette – Torta mimosa alle fragole
- Torta mimosa con fragile e crema chantilly
- Alberghiera.it – Torta mimosa
- GialloZafferano.it - Torta mimosa all’ananas
- L.Sardella, J. Majello, G. Berardi, “I dolci della vecchia fattoria”, Zapping, 1998.
↑↑ イタリアの家庭で作られるパイ(crostata)やスポンジケーキなどのデザートのレシピが、失敗しないためのコツも含めて、図入りで親切に説明されています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-03-09 11:13 | Gastronomia | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17289921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クロちゃん at 2012-03-09 19:50 x
なおこさん、こんばんは♪
手作りの優しさあたたかさを感じるケーキです。d(-。∂)good!!
イチゴをたくさん使った味は格別でしょう。
お祝の雰囲気、みなさんの嬉しそうな雰囲気が伝わって来ますよ~。(^^)/
Commented by mihodiary at 2012-03-09 20:28
なおこさん、こんにちは!

なおこさんの大好きなイチゴの季節の到来ですね。
私にとって、イチゴと言えばなおこさん、なおこさんと言えばイチゴです(笑) なおこさんが嬉しそうにイチゴを食べる様子が、目に浮かぶようで、こちらまで幸せ気分になりますよ〜。
ところで、ミモザのケーキというのは初めてです。スポンジをこまかくほぐしてミモザに見立てるというわけですね。ゆで卵をこまかくすりおろして(我が家はすりおろしてしまいます)、ミモザサラダにするのは日本でも浸透していますが、ミモザのケーキはまだまだかも...。とてもいいですね!
私もこんど作ってみようと思います。...あ〜、おいしそう。食べたいなぁ。
Commented by rica_cuore at 2012-03-09 20:29
なおこさま、はじめまして。イタリアが大好きなパリ在住のricaと申します。美味しそうなイチゴのミモザケーキですね♪Festa della donnna (でよろしいのかしら?)Journee de la femme は過ぎてしまいましたが、この季節にピッタリなので是非作ってみたいと思います!
Commented by milletti_naoko at 2012-03-10 00:23
クロちゃん、こんにちは♪ イチゴは大好きなのですが、イタリアでは、日本と違って、年中イチゴ入りのデザートが食べられるわけではないので、スーパーでイチゴを見て、うれしくなって作ってみました。義家族が皆喜んでくれて、うれしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2012-03-10 00:29
みほさん、こんにちは! そうなんです。ようやくイチゴの季節が到来しました。おいしそうな大粒のイチゴが500g、2.75ユーロ。つい生クリームにも手が伸びて(おいおいダイエットはどこへ?)、ケーキまで作ってしまいました。
ミモザケーキは、こちらでは、特に女性の日に限らず、時々ケーキ屋さんで見かけます。ミモザサラダでゆで卵をすりおろすとは本格的ですね。わたしはいつもばたばたと昼食のしたくをするので、今年もざっとフォークでつぶしました。ミモザのケーキ、要するに生クリームとイチゴの載ったケーキの装いを少し変えただけなんですが、少しクリームが控えめで、おいしいですよ。みほさんのように、お仕事でお料理やデザートを作られている方に、そう言っていただけると、気恥ずかしいけれど、うれしいです。わたしは生クリームとイチゴの取り合わせが大好きなので(日本では年中よく見かけますが、イタリアでは春くらい)、これでもおいしいと満足なのですが、本当にふわふわおいしく柔らかく作るには、やっぱりトルコロではなく、本格的にスポンジケーキを使う必要があるかと思います。
Commented by milletti_naoko at 2012-03-10 00:36
rica_cuoreさん、はじめまして。今はちょうどミモザの花が咲き、イチゴもおいしい時期ですよね。ぜひ作って、食べてみてください。おいしいですよ。(本当においしくてふわふわ感があるのは、やっぱり正統のスポンジケーキを使って作ったものだと思います。)パリにお住まいなんですね! 実は、わたしは去年から「パリに行きたい症」になって、フランス語の勉強をようやく始め(母音が多すぎて、まだ第一章の母音の説明の途中です)、ZazやFrance Gallの歌を聞きながら、毎日家事にいそしみ、ウッディ・アレンの映画、『Midnight in Paris』や『Hugo』を見に行って、気分を高めているところです。
Commented by かや at 2012-03-10 04:12 x
こんばんは☆
美味しそうなミモザケーキ!
イチゴが刻まれてこんなに入ってるなんて、甘さに甘酸っぱさが加わって美味しいでしょうね。
ミモザケーキって食べたことない気がするんですけど、スポンジケーキを細かくしたものをミモザの花に見立てているんですね。見た目も綺麗です。

凸d(^ー^)pochi!
Commented by milletti_naoko at 2012-03-10 07:30
かやさん、こんばんは! 自分でもおいしくできて、うれしかったです。お義母さんも喜んでくれました♪
Commented by pochidora at 2012-03-11 03:11
なおこさん、こんにちはーー♪きゃーー、すごいおいしそうーーーー♪♪さすがイチゴ好きの方が作ると尚更おいしそうですーーー♪♪「女性の日」素敵ですねー♪♪ 
Commented by milletti_naoko at 2012-03-12 05:52
pochidoraさん、こんばんは♪ スーパーで今年初めてイチゴパックを見て、思わず生クリームと一緒に購入し、女性の日だからと、ミモザケーキにしてみました。イチゴ、ばんざ~い!! ということは、イギリスでは祝われないんですね。
<< 女性の日に寄せて たかが砂糖されど砂糖 >>