花粉情報、イタリア&ウンブリア

 「敵を知り己を知れば、百戦すれど危うからず」と、花粉症対策花粉飛散情報を、主にインターネットを使って、いろいろ調べてみました。

f0234936_1401253.jpg

 まずは、自分がどの木の花粉に症状を起こすのかなのですが、花粉が飛散する時期に、近づくとすぐに症状が出るので、元凶として確実なのは、まず、こちらのイトスギ(cipresso)

f0234936_1405878.jpg

このハシバミ(nocciolo)

f0234936_1412754.jpg

そして、松(pino)の木です。イタリアでも、日本の松に似た形の松を、まれに見かけますが、一番よく目にするのは、チアガールが、ポンポンを両手で高く掲げたような形をした松(上の写真)です。

 他にも、疑わしい木は、いくつかあるのですが、我が家の周囲やペルージャ周辺に多い木で、わたしの花粉症の引き金になるのは、この三つです。そうして、敵となる木が認識できたら、さらに、こうした木々が、いつ頃開花して、花粉を空中にまき散らすのかは、インターネット上に、かなり詳しく情報が出ています。

f0234936_1422153.jpg
Tabella fioritura Pollini (meteowebcam.it)

  たとえばmeteowebcam.itでは、上のように、イタリアで花粉症を引き起こしやすい木々について、種ごとに、例年どの時期に花が咲くかを、分かりやすく図示し、表の下には、それぞれの種に属する木の特徴や分布、花粉が飛散する時期などを、言葉で簡潔に説明しています。(下記リンク参照)

 わたしが苦手なハシバミ(nocciolo)は、カバノキ科(Betulaceae)ハシバミ亜科(Corylaceae)です。山でよく見かけて、花粉症源の疑いがあるシデ(carpine, carpino)も同様です。一方、イトスギ(cipresso)は、ヒノキ科(Cupressaceae)で、松(pino)マツ科(Pinaceae)に属しています。この表を見れば、そうした種に属する木が、いつ開花するかが分かり、旅行や暮らしの中で、花粉を避けるための目安になります。

 ただし、イタリアも日本と同様、各地で、標高や分布樹木、気候、大気汚染の度合いなどが違いますから、場所を限定した方が、より正確な花粉情報が分かります。それに、同じ種に属する木でも、開花時期にはかなりずれがある場合があります。

f0234936_26663.jpg
Calendario pollinico di Perugia (pollnet.it)

 ここで利用できる便利なサイトが、POLLnetです。たとえば、ウンブリア州であれば、ペルージャ、チッタ・ディ・カステッロ、テルニの3地域に分けて、長年の観測結果に基づく、各地域の花粉カレンダーを見ることができます。例として掲げているのはペルージャのものですが、それぞれの木の花粉の大気中の濃度を、altamediabassa)に色分けして示してある上に、同じ種に属する木についても、木ごとの花粉カレンダーが分かります。

 松の花粉については、症状を訴えた人が現れ始めたのは近年になってからとのことで、そのため、meteowebcam.itの表には、マツ科は見当たらないのですが、POLLnetでは、マツ科(Pinaceae)についても、ちゃんと花粉の飛散情報が分かります。
 
 お住まい、あるいは、旅行予定の地域の花粉カレンダーは、次のように調べることができます。

1. POLLnetのホームページ(リンクはこちら)で、花粉情報を知りたい州をクリックする。地図の中の該当州をクリックしてもいいし、ページ右下にある州一覧(アルファベット順)の中の該当州名をクリックしても構いません。(ただし、Calabria、Lazio、Lombardia、Puglia、Sardegna、Trentinoについては、まだ花粉情報が準備できていないようで、リンクが貼られていません。)
2.現れた該当州の花粉情報ページの、左手に一列に並ぶ言葉のうち、一番下にあるCalendario dei pollini(花粉カレンダー)をクリックする。

 こうして、花粉飛散時期の予測がつくと、花粉症の症状が出る前に対策を取ることができる上、問題となる花粉を避けて、旅行計画を立てることも可能だと思います。

 本当はですね、イタリア各地域について、毎週の花粉飛散状況と、次週の予報が分かるようになっているはずなのです。けれども、イタリア各地の週の花粉(polline)飛散状況と次週の予報が分かり、毎週水曜午後に、最新情報に更新されるはずの、AIAの花粉情報(リンクはこちら)は、3月4日日曜日までの情報で止まったままです。同様に、ウンブリアをペルージャ、チッタ・ディ・カステッロ、テルニの3地域に分け、毎週更新されるはずのArpaウンブリア花粉情報(リンクは こちら)も、2月27日から3月4日の情報を載せたまま、更新されていません。


f0234936_1451893.jpg
 この数日は、花粉症の症状が、以前に比べると治まったのですが、ペルージャでは例年、1月末から4月初めにかけて、大気中のイトスギ花粉が多いようです。我が家はペルージャ郊外の住宅街にあり、近所の家や公園に、イトスギの木がとても多いので、まだしばらくは、つらい時期が続きそうです。

f0234936_1453429.jpg

 昨日、午後6時半過ぎに、西の空を見ると、まだ青い空を背景に、寄り添って輝く木星と金星が、きれいに見えました。木星と金星の最接近がイタリアで見られるのは、今日の日没頃(リンクはこちら)ということで、今から楽しみです。

LINK
- Polleninfo.org - Italy
↑↑ このサイト、http://www.polleninfo.org/は、ヨーロッパの花粉情報を調べるのに有益な情報が満載で、たとえばEurope - overview(リンクはこちら)というページでは、欧州連合に属する国および近隣諸国について、それぞれの国の花粉情報が分かるページへのリンクがあります。ただし、近隣諸国の情報ページについては、更新も情報もあまりないものが多々あります。
- meteowebcam.it – Tabella fioritura Pollini
↑↑ イタリアで花粉症を引き起こしやすい木々について、種ごとに、例年どの時期に花が咲くかを、分かりやすく図示。
- Agenzia Regionale Prevenzione e Ambiente dell’Emilia-Romagna – Pollini - Allergie 
↑↑ イタリアで花粉症を引き起こす木や症状について簡潔に分かりやすく説明)
- Arpa Umbria – Schede informative pollini
↑↑ このページには、Corylaceae、Pinaceaeなど、花粉症を引き起こしやすい木々の種の名前が並んでいます。種名をクリックすると、リンク先には、木の全体や、花粉が飛ぶ時期にどんなふうに見えるかが図示され、開花時期や樹木分布情報が、説明されています。
- POLLnet – I bollettini pollinici d'Italia in un click
- ブログ記事、「花粉症対策2012」
- Wikipedia日本語版 - カバノキ科
以下は、週ごとの花粉情報が分かり、毎週更新されるはずなのに、現時点で更新のないサイトです。
- Associazione Italiana di Aerobiologia (AIA) – Bollettino Pollinico (イタリア各地の花粉情報)
- Arpa Umbria – Aria. Bollettino dei pollini, Aerobiologia, Pollini (ウンブリア花粉情報) 

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-03-13 17:57 | Viaggi | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17306564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クロちゃん at 2012-03-14 07:01 x
なおこさん、おはようございます。♪
花粉は杉だけじゃなかったんですね。
こんなにたくさんの敵がいたとは…。w(゚o゚)w
花粉前線はこれから本番でしょうか。
私は今のところ、敵が近寄っても攻撃されないようです。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2012-03-14 17:38
クロちゃん、おはようございます! イタリアではイトスギ花粉に苦しむ人が多いらしく、夫の親戚や同僚にも、2月の末から症状を訴えている人がいたそうです。ハシバミは2月を中心に、1月から3月にかけて花粉が空中に飛散するようですが、幸い、近所にはあまりありません。実は我が家の庭にもあるのですが、今年はちょうどこの時期に、雪が積もって飛散を防いでくれたような…… 杉や松と違って、多数の木を一箇所に植える木ではないので、幸いです。松の花粉の飛散が始まるのが5月。これも、散歩中に松林の近くを歩くとすぐに症状が出るので分かりました。

花粉症を引き起こす可能性のある木はいろいろあるけれど、ふつう個人は、いくつかの特定の木にだけ花粉アレルギーに苦しむようです。大気汚染や風などがアレルギーを引き起こしやすい状況を生み出すこともあるとか。クロちゃん、今のところだけでも、攻撃がないのは、体が楽ですよね。わたしも、昨日は過ごしやすかったので油断して、錠剤の数を減らしたら、今朝は症状が少し悪化しました。油断せずに、防戦体制で臨みたいと思っています。 
Commented by oliva16 at 2012-03-14 19:44
花粉症は日本特有かと思っていました。今は悩まされてお辛いでしょうに、色々調べて、しかも丁寧に情報をまとめて公開なさる、その優しいお気持に頭が下がります。どうぞお大事に。
Commented by milletti_naoko at 2012-03-14 23:36
oliva16さん、こんにちは♪ ありがとうございます。去年はお医者さんに薬をもらって、症状を抑えただけだったのですが、今年は週末に花粉症の症状がピークに達したためもあって、お医者に行く前に、いろいろネットで情報を調べてみたら、「早く知っておけばよかった」と思う情報も多くて、参考になりました。イトスギ花粉に苦しむ人は、イタリアでも多いようですが、アレルギー症状も、花粉症を引き起こす木も、人によってさまざまだと思います。今回は、自分で見つけた情報をいろいろ整理してみたのですが、おかげで、わたし自身も、よりいろんなことを理解できたし、探したいページへのリンクが、見つかりやすくなりました。どなたかのお役に立ち、参考になればうれしいです。
<< 大地の恵みと招かれざる客 木星・金星大接近 >>