咲いたよ咲いたよ

 4月に入って、リンゴの木(melo、果実はmela)も、

f0234936_5474715.jpg

愛らしいピンクの花を、次々と咲かせ始めました。

f0234936_5491443.jpg

 一方、洋梨(木はpero、果実はpera)の花たちが、満開になり、

f0234936_5493241.jpg

一番きれいに咲いていたのは、先週でした。この2枚の梨の写真は、3月29日に撮影したものです。今は、もう花に元気がなくなりかけています。

f0234936_5495173.jpg

 ヒナギク(margherita)も、中庭のあちこちに、かわいらしい花を咲かせています。

f0234936_5501197.jpg

 つぼみは鮮やかな桃色なのに、白い花を咲かせる不思議な木もあります。お義父さんからは、sambuchellaという名だと聞いたのですが、夫はそうではないと言っています。

f0234936_5502683.jpg
Antica chuisa Borrini, Sant’Andrea di Compito 25/3/2012

 3月25日日曜日に、再びルッカの椿まつりを訪ねたときは、色とりどりの美しい椿たちが、咲きほこっていたのですが、

f0234936_5504535.jpg

 過去に、この椿祭りで購入した、我が家の4鉢の椿たちは、まだつぼみの段階です。一番早く咲きそうに見える椿でさえ、こんな感じです。今年の2月はひどく寒い日が長く続いたために、元気がないのかもしれません。

 今年もきっときれいな花を咲かせてくれるはず、そう思いながら、花たちに水をやっている今日この頃です。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-04-02 22:51 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17380378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ムームー at 2012-04-03 11:44 x
なおこさんこんにちは。
こちらはこれから雨風が強くなりそうです。
青い空のもと可愛いお花が咲きましたねぇ、とっても綺麗です。
梨にリンゴお花が満開ですねぇ~
サクランボに花が咲いてくれたのが嬉しいですの、こうしてお庭に果樹のお花が咲くって素晴らしいですねぇ。
なおこさんの所は広いから一面にお花が咲くと美しさがちがうでしょうね。
Commented by rica_cuore at 2012-04-03 17:21
リンゴも梨も木が男性名詞で実になると女性名詞に語尾がかわるんですね!フランス語だと、
Pommier(林檎の木・男)、Pomme(林檎・女)
Poiriers(梨の木・男)、Poire(洋ナシ・女)
性はイタリア語のように変わりますが、カタチもかなり違いますね。
我が家の椿、今、満開に咲いていますヨ。たくさんの花が咲き始め、春を実感できるようになってきましたね。なんだかウキウキしちゃいます!
Commented by milletti_naoko at 2012-04-03 18:09
ムームーさん、こんにちは。せっかく桜が咲き始めようというときの雨と風、何だか心配ですね。こちらも今朝は雨が降っていたし、今週は雨の日が続きそうなんですよ。植物たちは待ちに待った雨を喜んでいることでしょう。リンゴの花、つぼみのピンクも花のピンクも、花の形もかわいらしくて、とても好きです。
Commented by milletti_naoko at 2012-04-03 19:08
リカさん、今フランス語を勉強しようと思っている(この「思っている」が曲者なんですが)ので、勉強になります。ありがとうございます! なるほど、フランス語ではリンゴはPommier, Pommeなんですね。イタリア語でも詩ではpomeと表現されることがあるし、中部、北部ではリンゴをpomoと呼ぶこともあるようです。トマトがpomodoroなのも、最初、「金色の果実(pomo d'oro)」と呼ばれたからとか。梨の方も、かつてロマンス諸言語の発展を習ったとき、俗ラテン語の長音のeが、イタリア語も含めて、多くのロマンス言語圏では、eになったのに、フランス語では、発音の発展が著しくて、結局oiに落ち着いたと学んだのですが、イタリア語のeに当たる部分がoiになっていて、まさにその典型的な例ですね。詳しくはhttp://cuoreverde.exblog.jp/17158481/

ペルージャより寒いはずのパリで、もう椿が満開とは! さぞかしきれいなことでしょうね。実は、昨日、リカさんのレシピを参考にして、イチゴのタルトを作りました。とってもきれいにおいしくできて、皆さん喜んでくださって、わたしも鼻が高かったです。すてきなレシピをありがとうございました♪ 近いうちに記事にするつもりです。
<< うれしい赤です 枝の主日と聖週間 >>