おかえりなさい

 先週土曜日に、プッリャでの巡礼の旅へと出かけた夫が、昨日4月23日日曜日の午後4時半頃、無事にペルージャの自宅に戻りました。

f0234936_2054573.jpg

 毎日20km近くの道のりを、しばしば雨に打たれながら、最初の2日間は一人きり、後の4日間は、リミニから来た友人たちとも合流して、歩き続けました。1週間ぶりに会った夫は、少し日に焼け、達成感に満足の笑みを浮かべていました。

f0234936_2061885.jpg

 巡礼の目的地は、プッリャのモンテ・サンタンジェロ(Monte Sant’Angelo)。5世紀に大天使ミカエル(Arcangelo Michele)が現れたという伝説がある地で、夫が持ち帰った上の本にあるように、中世(Medioevo)から今日(oggi)まで、多くの信者の巡礼(pellegrinaggio)の目的地となっているそうです。夫は、大天使が現れたという洞窟の中に築かれた祭壇に感銘を受けたと言います。

 出発地点は、モリーゼ。巡礼の出発点も通過点も、見たことも聞いたこともない場所が多く、ほぼ毎晩、電話で夫と話したあとは、グーグルの地図で、場所を確認しました。翌日の天気予報を調べて、雨の対策や服を着込むようにという助言もしました。

 1日中道路を歩いた日もあれば、雨が降る中、山道を歩いたこともあり、道を間違えたりもして、苦労も多かったようです。けれど、約120kmもの距離を歩き通し、目指す聖地に無事たどり着くことができて、また一ついい経験ができたと、夫はうれしそうです。夫たちが歩いた1週間は、ちょうどイタリア全国で天気が不安定で、雨もよく降った上に、ペルージャよりもずっと南にあるはずのプッリャが、先週は寒かったペルージャよりも、さらに気温の低い日が続いていました。モンテ・サンタンジェロに到着した晩、夫が電話で真っ先に口にした感想は、「とても寒い」でした。巡礼中には、どこまでも緑色に広がる麦畑に出会うことが多く、また、ペルージャではまだ咲いていないオリーブの花も、プッリャではもう咲いていたそうです。

f0234936_2065858.jpg
イタリア政府観光局(ENIT)の『旅の手引き』の地図を借用

 一行がモンテ・サンタンジェロに到着したのは、4月20日金曜日の夕方5時半頃。リミニ勢は土曜日に電車で、夫は昨日、バスを三つ乗り継いで帰宅しました。ちょうど交通機関のストライキが重なっていたので、車で途中まででも迎えに行こうかと、わたしは、夫の巡礼中に、そういうときに便利なItinerari ViaMichelin: tragitti in Italia e all’esteroのサイトで、ペルージャからアンコーナやフォッジャ、モンテ・サンタンジェロまでの車での行き方や距離、所要時間もしばしば調べていました。ペルージャには、南イタリア出身の大学生や社会人も多いため、ペルージャ・プッリャ(Puglia)間を結ぶ便利な長距離夜行バス(時刻表はこちら)があるのですが、便のある曜日は限られていて、夫は利用できなかったからです。

 リミニ勢は、フォッジャからアドリア海岸沿いに、電車でリミニまで、乗り換えなしに戻れたのですが、ペルージャからモリーゼやプッリャへは、交通機関の接続が非常に悪いのです。夫は行きも帰りも、わざわざローマを通過して、バスを三つ乗り継いで、旅をせざるを得ませんでした。わたしは、モンテ・サンジェロを朝5時に出て、ローマに11時に着くバス(下記リンク参照)も見つけたのですが、巡礼到着日の翌朝、土曜日に発つには早すぎるし、日曜日には便がありませんでした。

 昨日は、夫がプッリャからローマ、ティブルティーナのバスターミナルに着くのが午後1時55分で、同バスターミナルからペルージャに向かうバスが午後2時発だったので、「5分しか乗り換え時間がないけれど、何とか午後2時の便に乗れますように。」と心配していました。午後2時の便に間に合わないと、次の便が午後6時発だったからです。幸い、奇跡的に、たった5分の乗り継ぎ時間でも、うまく午後2時発のバスに乗り込むことができたため、午後4時半には、無事にペルージャの自宅に到着しました。

f0234936_2073223.jpg

 そうして帰宅した夫が、遅い昼食を済ませたあとで、すぐに二人で、ミジャーナに、家の改築状況を見に出かけました。夫のいない間に、前のテラスにりっぱな柱が四つできています。昨夜は、夫の無事の帰宅を祝い、友人や義弟と共に、近所のピザ屋で乾杯をし、夕食を食べながら、巡礼のいろんなエピソードを聞いて、話がはずみました。

 元気で無事に帰ってきてくれて、よかったよかった。

参照リンク / Riferimenti web
- Monte Sant’Angelo – Santuario di San Michele Arcangelo
- it.wikipedia – Monte Sant’Angelo
- Wikipedia日本語版 – モンテ・サンタンジェロ

イタリア、ペルージャ・ローマ・プッリャ間交通情報
- Itinerari ViaMichelin: tragitti in Italia e all’estero
↑↑ 車でイタリア、ヨーロッパを旅行するとき、道のりや距離、所要時間などが分かって便利なサイト。
- Sulga autolinee - Casarano - Perugia(ウンブリア・プッリャ間の長距離夜行バスの時刻表)
↑↑ ウンブリアではペルージャ・アッシジ・フォリンニョ、プッリャではアルタムーラ・マテーラ・ターラント・ブリンディジ・レッチェなど多くの町に行きます。ただし、プッリャ行きの便は木曜・日曜のみ、ウンブリアに戻る便は金曜・月曜のみです。
- Monte Sant’Angelo - Come raggiungerci 
↑↑ モンテ・サンタンジェロへの行き方。電車・自動車・バス・飛行機を使っての行き方の説明あり。
- Orario autobus linea Foggia – Manfredonia – Monte Sant’Angelo
↑↑ フォッジャ・マンフレドーニアとモンテ・サンジェロ間を往復するバスの時刻表
- SAPS – Orari e Tariffe autobus Manfredonia – Foggia - Roma
↑↑ ローマとフォッジャ・マンフレドーニアを結ぶバスの時刻表と料金
- Sulga Autolinee – Orario Assisi – Perugia – Collevalenza – Roma - Fiumicino
↑↑ ペルージャとローマを結ぶ便利な高速バス。便によっては、また予約をすれば、アッシジやトーディ・デルータでの乗車・降車も可能です。詳しくはこちら
- Ferrovie del Gargano. Roma – S. Giovanni R.do – Monte S. Angelo
↑↑ Padre Pioを慕う信者の聖地、San Giovanni di Rotondoとモンテ・サンジェロをローマを結ぶバス。ペルージャに戻るには、出発が早すぎたり、ローマ着が遅すぎたりするため、今回は利用せず。

関連記事へのリンク
- 亭主元気で留守の間に (2012/4/14、夫の出発に際して)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-04-23 13:13 | Puglia | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17460346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ムームー at 2012-04-23 21:39 x
なおこさんこんばんは。
無事にお帰りになられてほっとしましたね。
グーグルの地図で調べることは役立ちますね、私も見るのが好きです。
改築中のお家も素晴らしいですねぇ~
皆さんとピザを食べてお話も弾みましたね。
Commented by milletti_naoko at 2012-04-23 22:13
ムームーさん、こんにちは。元気で帰って来てくれて、安心しました。グーグルの地図は本当に便利ですよね。今回の巡礼では、地図に載っていないような小さな村に泊まることも多かったので、この地図のおかげで助かりました。夫も1週間ぶりに皆と食べるピザがおいしかったようです。
Commented by 更紗 at 2012-04-24 02:45 x
旦那様、お帰りなさい&おつかれさまでした。
こんなに寒いのにもっと寒かったなんて!!!!
プーリアは一度行ってみたい場所なので、長距離バスがあるって嬉しいです。
Commented by milletti_naoko at 2012-04-24 02:57
更紗さん、ありがとうございます。無事に帰ってくれて、うれしかったです。寒いと言えば、宿の暖房は入るようになりましたか?
プッリャはわたしもいつか行ってみたいところです。今回夫のためにバスの情報を調べながら、行ってみたいところがいろいろ増えました。実はスルガ社には、ペルージャからポンペイに行くバスもあるんですよ。旅行会社が、外国人大学の生徒さん相手に、いろんなツアーを企画しているので、学内の掲示に注意して、そういう旅行に参加すると、友だちの輪も広がり、バスの中でイタリア語で会話もできて一石二鳥かもしれませんね。
うちの夫の同僚が、かつてプッリャのホテルの駐車場で、車を盗まれたことがあるらしく、盗難が心配らしくて、プッリャにはまだ二人では行ったことがありません。でも実はうちの夫、ペルージャでも車の盗難にあったことがあるのです。運よく数日後、彼の友人が近所に駐車されている夫の車を見つけたからよかったものの……
Commented by momo_capricci at 2012-04-24 06:05
こんばんは。
ご主人、無事巡礼を達成して戻ってこられたのですね。よかったです!
巡礼の話を聞くと、色々思い出して行きたくなります。私はキリスト教徒ではないのですが、自分の足で歩いてその土地に触れるのは好きです。
南イタリアに行くのって、やっぱり電車やバスでは不便そうですね。
私もいつかプーリアに行ってみたいです。魅力的な街や食べ物がたくさんあるようなので!
Commented by ぷー at 2012-04-24 07:37 x
ルイジさん、おつかれさまでした!
プッリャは少ししか廻っていないので、改めてゆっくり行ってみたいといつも思っています。
ところで、ルイジさん、モンテ・サンタンジェロに行かれたんですね!(巡礼の目的地とか無知で失礼〜)
昨夏、夫とピエモンテのSacra di San Michele に行った際に、その大聖堂(という呼称でOK?)は、フランスのモン・サン・ミッシェル(mio san micheleってことですか?)とプッリャのモンテ・サンタンジェロを1本の線で結んだちょうど真ん中に位置すると知りました。なので、プッリャのサン・ミカエルにもとても興味が湧いたんです。しかし遠い…!とはいうものの、ミラノ近郊住まいの私の方が、飛行機を利用してだと、実はなおこさん達よりも短時間で辿り着けるかもしれませんね。
私たち夫婦も旅好きで、世界のいろんな国を廻ってみたいと言いつつ、イタリア国内も興味は尽きず…(もちろん日本もあちこちまわりたいし)。
ああ、時間もお金も足りませーン!
Commented by milletti_naoko at 2012-04-24 16:28
momo_capricciさん、ありがとうございます。わたしもほっとしました。特に一人で歩いていた最初の2日間は、天気も悪いので、交通事故や遭難が心配だったのです。自分の足で歩いてみると、車で移動するよりずっと、いろんなものが目に入るし、心に飛び込んできますよね。カッラーラは北方にあるので、プッリャからは距離的には遠くなりますが、トスカーナからだと接続の便がわりかしいいかもしれませんね。お互いに、いつかすてきな南イタリアの旅ができたらいいですね♪
Commented by milletti_naoko at 2012-04-24 16:42
ぷーさんもですか! わたしはまったく行ったことがないので、今回は夫のためにバスや電車の便を調べながら、観光情報を見ながら、行ってみたいなという気持ちがどんどんふくらんできました。水・木曜の天気さえよければ、車でのんびり出かけて、プッリャを回ったあとで、モンテ・サンタンジェロに着いた夫たちと合流しようかなとも思ったのですが、予報では雨だったし、木曜に友人の卒業式があったので断念しました。
あ、モンテ・サンタンジェロが巡礼地でどういうところかは、わたしも今回夫たちが出かけるまでは、まったく知りませんでした。モン・サン・ミッシェルというフランスの名所、よく見聞きするのですが、なるほど、サン・ミッシェルで、やはり大天使ミカエルがらみなんですね。実は、大天使ミカエルと聞くと、つい最近まで真っ先に思い浮かんだのは、川原泉の漫画、『笑う大天使(ミカエル)』でした。ヨーロッパ各地に、特定の天使や聖人にゆかりのある聖地がいろいろあるというのはおもしろいですね。パリに行けたら、ぜひモン・サン・ミッシェルにも行ってみたいと思います♪ (つづく)
Commented by milletti_naoko at 2012-04-24 16:42
ぷーさんへ(上からの続きです。)

1本の線で結んだ中間に位置するというのも、なかなかすごいですね。その事実もすごいけれど、それに気づいた人も! ペルージャはやはり主要都市ではないので、そういう意味では、交通は不便なのだと思います。わたしは、いつかヨーロッパのいろんな町を訪ねてみたいなとずっと思っていたのですが、夫とだと、短い期間に近場の山を歩いて、安宿や大部屋で寝てということが多く、それはそれで楽しいし、お金も安く上がるのですが、せっかくヨーロッパに住んでいるんだし、今は一人ででも、パリやノイシュヴァーンシュタイン城に出かけてみたいと、いろいろ計画しているところであります。ちょうど今仕事がないので、この時期をうまく利用してみたいと思います。お金はあるわけではないけれど、前回ロンドンで安い宿を取ったら、サービスや施設もそれなりだったので、今回パリではもう少し奮発しようかなと思っています。日本から行くのに比べえたら、飛行機代だけでもかなり安く上がることを考えると…… さあパリに行けるかな行けるかな。
<< 今日は力尽きますよ 指輪の行方 >>