さらばラヴェルナ2

 フラガイオーロの町から遠ざかるにつれて、家がまばらになり、栗の木(castagno)が姿を現し始めました。

f0234936_1795785.jpg

 大きな栗の木の風情を楽しみながら、少しずつ坂道を上っていきます。栗林の中には、昔栗を乾燥させるのに使ったであろうと思われる小屋が、点在しています。

f0234936_17105155.jpg

 今は使用されていないためか、壁や屋根が崩れ落ちている小屋も見かけました。

f0234936_1711938.jpg

 ツクシを見るとうれしくなるのは、日本の春を感じるからでしょうか。

f0234936_17112740.jpg

 プリムラ(primula)の花も咲いています。

f0234936_1711577.jpg

 1時間ほど歩いた頃から、栗林の間に、ブナ(faggio)の木が見え始め、さらにしばらく歩くと、道は、ブナ林の間を進んで行きます。

f0234936_17122515.jpg

 多くのブナの木が、生まれ育ったばかりの若葉に包まれています。雲の間から時々顔を出す太陽に、新緑が美しく輝いています。

f0234936_17124236.jpg

 岩間を流れ落ちる小さな滝や、

f0234936_1713588.jpg

緑の木々の間を流れる小川にも出会いました。この小川の近くで、午後1過ぎに、昼食のパニーノを食べました。

f0234936_17132322.jpg

 高い山を歩くと、おいしい水の飲める泉や給水場がたくさんあります。今回は、こんなかわいらしい、変わった給水場が、道沿いにありました。胴の長い犬のような形をしています。もちろんここで、水を補給しました。

f0234936_17134839.jpg

 ずっと歩いてきたCAI(Club Alpino Italiano、イタリア山岳クラブ)の21A番トレッキングコースを、さらにしばらく登ると、ようやく50番トレッキングコースとの合流点にたどり着きました。目指す庵までは、30分、ラヴェルナまではあと3時間と、さまざまな場所への所要時間が、道しるべに書かれています。右の庵に向かって進む予定だったのですが、逆方向にあるらしいSasso della Regina(直訳すると「女王の岩(岩山)」)への道案内だけが、一つだけ殊に大きい空色の看板に記されていたので、夫はこの岩山に、強い興味を示しました。

f0234936_17141450.jpg

 庵、Eremo della Casella(地図左上)には、すでに行ったこともあるからと、夫は予定を変更して、このSasso della Regina(地図左下)に行きたがりました。ただし、この地点(アステリスク)まで歩いたのと同じ距離をさらに歩く必要があり、本来の目的地である庵よりも、かなり遠くにあります。さらにこの日は天気が悪く、「夕方に雨」という予報だったので、今回は、やはり予定どおり、庵を訪ねることにしました。

 ちなみに、この地図の右手に大きく書かれたカプレーゼ・ミケランジェロ(Caprese Michelangelo)は、ミケランジェロの生まれた村で、現在では、彼の生家が、ミケランジェロを偲ぶ博物館になっています。(記事はこちら

f0234936_17145851.jpg

 このあと、しばらくやや急な上り道が続いたのですが、標高が1200メートルを越えるためか、まだ花の残る桜(ciliegio)があちこちにあって、うれしかったです。

f0234936_1715236.jpg

 疲れと写真撮影のために、しばしば足を止めたわたしが、ようやく庵に到着したのは、午後2時45分頃のことでした。一足先に到着して、周囲の眺めを楽しんでいた夫は、こんなキノコも見つけました。

f0234936_1715429.jpg

 ペンナ山を遠くに見晴らせる丘の上の十字架は、昨年11月末に訪ねたときには、枯れ木に覆われていたのですが、今回は、真っ白な花をいっぱいに咲かせた梨の木(pero)が、十字架の傍らでわたしたちを迎えてくれて、とてもうれしかったです。


f0234936_17162219.jpg
Eremo della Casella 5/5/2012 15.58

 到着してからは、美しい花や風景を眺めて休憩し、案内看板にある地図を見て、これまで歩いてきた道のりを確認し、次に訪ねてみたい場所、歩いてみたい山を検討しました。夫が庵の礼拝堂を訪ねていたとき、わたしはまだ外にいたときに、突然大粒の雨が降り出したので、わたしも、荷物をまとめて、慌てて礼拝堂に駆け込みました。

 屋内で雨足がおさまるのを待ち、小雨になってから、山を下り始めました。しばらく歩くうちに、幸い雨はやみ、行きは薄暗い雲に覆われていた道も、帰りは雲の間に青空が見えていました。

f0234936_17165584.jpg

 遅咲きのかわいらしいスミレ(violetta)など、帰りも花や風景を楽しみながら歩き、出発地点の教会に戻ったのは、午後5時45分。やはり一足先に到着していた夫は、「近所のバールでアイスクリームを食べよう」と言ったのですが、わたしはすっかり疲れ果てていたので、夫がバールで買ってきてくれたアイスクリームを、二人で車の中で食べました。

*この記事は、「ラヴェルナ1」(リンクはこちら)のつづきです。
Questo è il seguito dell'articolo, Passeggiata verso l'Eremo della Casella - parte 1"

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-05-10 10:17 | Toscana | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17524575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かや at 2012-05-10 22:11 x
こんにちは☆
自然がいっぱい、お花もいっぱいで、心が癒されますね。
久しぶりに山を歩きたくなりました♪

近々、奥日光に行って温泉に癒されてくるつもりです。
天気がよければ湖の周りをのんびり歩きたいと思います。

凸d(^ー^)pochi!
Commented by milletti_naoko at 2012-05-11 00:43
かやさん、こんにちは。ペルージャ周辺では、スミレや桜、梨の花がとうに姿を消しているので、思いがけず山の上で出会えてうれしかったです♪ 奥日光への旅と温泉、いいですね。すてきな旅になりますように。

応援のポチをありがとうございます!
Commented by ムームー at 2012-05-11 18:01 x
なおこさん素晴らしい景色ですねぇ~
水飲み場もいい雰囲気ですし、木々の新緑にお花たち、桜も
見れたなんて素敵~
スミレのお花が可愛すぎますねぇ~
いつも素敵な言葉をかけて下さってありがとうございます。
昨日はきよしくんのコンサートへ、今日はCTの検査でしたが、きよしパワーで何事もなく11年目をクリアしました。
Commented by milletti_naoko at 2012-05-12 03:59
ムームーさん、天気が悪いので心配したのですが、ちょうどいい具合に、大雨が降ったのは雨宿りができるときで、後は、景色や花の眺めを楽しみながら、散歩することができました。

すてきな歌にせよ名前にせよ、きよしくんのコンサートには心や体、病を浄化して、清めてくれる作用もあるんですね。いろいろご心配も多い11年だったと思います。本当におめでとうございます♪


日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより


by なおこ

プロフィールを見る
画像一覧

Chi scrive

Naoko Ishii
Insegnante di
Giapponese & Italiano
Interprete Traduttrice
IT-JP-EN Fotoblogger
Pellegrina @ Perugia
Umbria, Italy

Per Lezioni, Servizi di
Interpretariato,
Traduzioni, contattate
via email.

- CV e contatti
- Twitter
- Facebook
- Instagram

I miei articoli su Japan-Italy Travel On-line↓↓
Perugia Lago Trasimeno Assisi Montefalco Oli d’Oliva & Trevi Gubbio Piediluco Terremoto Centro Italia

Mio articolo su
Huffingtonpost.jp
- Tre settimane dal Terremoto Centro Italia   

*Giù in basso
Categorie in italiano


Copyright©2010-16
Fotoblog da Perugia
All rights reserved

イタリア、ペルージャ在住。
日本語・イタリア語教師、
通訳、翻訳、ライター。

イタリア語・日本語の授業、
産業・会議通訳、観光の
同行通訳、翻訳、イタリア
旅行・文化・イタリア語に
ついての記事執筆など
承ります。メール
お問い合わせください。

- 履歴・連絡先
- ツイッター
- フェイスブック
- インスタグラム
- イタリア語・イタリア文化情報サイト
- イタリア語学習メルマガ
- 多言語オンライン辞典
- イタリア天気予報
JAPAN-ITALY Travel On-lineメルマガに執筆↓↓
- 連載魅力のウンブリア



画像一覧

最新の記事

シビッリーニ山脈 ロトンド山..
at 2017-08-19 23:57
花の絵彩る中世の町 スペッロ..
at 2017-08-18 23:28
バルセロナ テロ死者13名、..
at 2017-08-17 23:59
森の木も枯れる水不足、イタリ..
at 2017-08-16 23:51
見晴らしすばらし小さな村
at 2017-08-15 23:45

記事ランキング

タグ

(581)
(509)
(313)
(270)
(208)
(186)
(160)
(155)
(144)
(131)
(130)
(117)
(111)
(93)
(88)
(86)
(84)
(68)
(51)
(33)

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

Famiglia
Feste & eventi
Film, Libri & Musica
Fiori Piante Animali
Francia & francese
Giappone
Gastronomia
Giappone - Italia
ImparareL2
Insegnare Giapponese
Inteprete Traduzioni
Lingua Italiana
Notizie & Curiosita
Poesia, Letteratura
Regno Unito - UK
Ricordi
Sistemi & procedure
Viaggi
Abruzzo
Emilia-Romagna
Lazio
Liguria
Marche
Piemonte
Puglia
Toscana
Trentino-Alto Adige
Umbria
Valle d'Aosta
Veneto
Via di Roma (RI-RM)
Cammino S.Benedetto
Via degli Dei(BO-FI)
Cammino di Santiago
Vivere
Altro

ブログジャンル

日々の出来事
語学

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

アリスさん、アッシジのサ..
by milletti_naoko at 03:30
そうなんですね~ この..
by nonkonogoro at 16:30
なおこさん、おはようござ..
by pintaro23 at 09:38
アリスさん、ありがとうご..
by milletti_naoko at 22:27
なおこさん、またヨ―ロッ..
by ayayay0003 at 12:07

お気に入りブログ

A piece of P...
フィレンツェ田舎生活便り2
彩風便り 
花が教えてくれたこと
イタリア・絵に描ける珠玉...
Facciamo una...
VINO! VINO! ...
SOL LUCET OM...
文殊の綴り絵
カッラーラ日記 大理石の...
黒い森の白いくまさん
イタリアの風:Chigu...
dezire_photo...
梨の木日記
PASQUARELLIの...
フィレンツェのガイド な...
ローマより愛をこめて
日々是呼吸
田園都市生活
英国発!美は一日にしてならず
Mrs.Piggle-W...
ひっそりと生きる
Osteria TiaL...
リカのPARIS日記♪
イタリアちゅうねん
トンボロレースと日々のこと
コントリ!(コントラバス...
IL PARADISO ...
アリスのトリップ
毎日の楽しいを集めてハッ...
ボローニャとシチリアのあ...
カマクラ ときどき イタリア
トスカーナの海より リボルノ編
ととやふくろう
40代の悪あがき日記
ミセス サファイア 静け...
小さな窓から
斗々屋ふくろう

外部リンク