さくらんぼの実る頃1

 うちに2本ある桜の木は、今、真っ赤なおいしいサクランボ(ciliegia)でいっぱいです。

f0234936_4394969.jpg

 おかげで、この1週間ほどの間は、摘みたての甘いサクランボを、たくさん食べています。

f0234936_4402169.jpg

 ただ、サクランボの数が多くて、生で食べるだけでは消費しきれないこともあり、先週日曜日は、夕方、夫や姪っ子たちと共に、サクランボ入りのケーキを焼きました。姪たちとわたしは、サクランボを二つに割って種を取り除き、ケーキの生地は、夫が準備しました。ウンブリア伝統のリングケーキ、トルコロ(torcolo、レシピはこちら)の材料を応用し、今回は、レモンの皮と汁の代わりにサクランボを、オリーブオイルの代わりにバターを使いました。

f0234936_4403730.jpg

 そうして、オーブンで焼き上げたのですが、サクランボをたくさん使って、水分が多いために、ふだんと同じ時間では、まだ焼けていなかったので、さらに10分ほど、型から外して、オーブンで焼き続けました。できあがったサクランボのトルコロが、こちらです。赤いサクランボが、目に美しく口には甘く広がる、おいしいケーキができあがりました。

 わたしも時々、レモンの代わりに果物を使って、トルコロを焼くのですが、バターを使わず、オリーブオイルでも十分においしいケーキになります。今回夫がバターを使ったのが、義母がクッキーを焼くつもりで、すでに常温に戻したバターがあったためです。焼き上がるのに時間がかかったため、夫は、「サクランボは、トルコロの生地と混ぜ合わせる前に、レモンを加えて、しばらく煮込むべきだった。」と言うのですが、わたしは、このままでも十分においしくて、文句なしだと思っています。

つづきの記事へのリンク / Link all’articolo successivo
- さくらんぼの実る頃2 / Le Temps des Cerises – parte2
↑↑ サクランボをじっくり煮詰めてジャム作り。木に実がなる様子とフランス語の歌もご紹介。
↑↑ Si fa la marmellata di ciliegie. E' bella la canzone, "Les Temps des Cerises".

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-05-20 21:41 | Gastronomia | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17563636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by のりちぇろ at 2012-05-21 05:31 x
はじめまして。なにげにこのブログにたどり着きました。
さくらんぼ、美味しそうですね! 6年前、イタリア旅行で、主人の叔父から木箱に入った生のさくらんぼを頂いたのを思い出しました。 ちょうどこの季節でした。 消費し切れなくて飛行機に持ち込んで持って帰ってきたけど、大丈夫でした!
Commented by クロちゃん at 2012-05-21 06:36 x
なおこさん、おはようございます。♪
大きくて立派なさくらんぼですね。o(*^▽^*)o~♪
日本で売っているさくらんぼは高いです。
摘みたての甘いサクランボをいっぱい食べてみたーい。
うらやましいです。(^^)/
ケーキもグッドアイデアですね。
Commented by ムームー at 2012-05-21 10:06 x
なおこさんおはようございます~
わぁ~真っ赤でつやつやした可愛いサクランボたくさん出来ましたね。
姪っ子さんたちも楽しそうですね、オリーブオイルを入れたりバターにしたりと色々と出来ますね。美味しそう!!
サクランボの木に実が出来ていましたのに、まだ木も小さいのか
実が落ちてしまいました。
育て方が悪いのでしょうねぇ~
Commented by milletti_naoko at 2012-05-21 15:18
のりちぇろさん、はじめまして。さくらんぼ、毎日おいしく食べています。木箱にいっぱいのさくらんぼとは、叔父さまのお宅には大きな(たくさんの)桜の木があるんですね! その箱が、大冒険をして、飛行機で、国境を越えて、日本にも無事到着したとは、すごい!
Commented by milletti_naoko at 2012-05-21 15:28
クロちゃん、おはようございます! 店で売っているさくらんぼは、イタリアでも高いですよ。庭に木があって、おいしい実がなるので、ありがたいです。毎年、ツグミたちが、熟れる前からつつき始めるのですが、それでも、「こんなに取れてどうしよう」と思うほど、たくさんの実が収穫できます。ケーキも、わたしは意外だったのですが、とてもおいしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2012-05-21 15:33
ムームーさん、おはようございます♪ 姪っ子たち、お菓子作りが好きで、日曜の午後は、義母のレシピを引っぱり出して、いろんなものを作りたがります。作ってはみたけれど、これはどうかという仕上がりになることもあるのですが、今回は、夫がトルコロの生地を準備したこともあり、おいしくできて、サクランボも使え、姪たちも楽しんでいて、一石三鳥でした。せっかく実ができて楽しみだったのに、それは残念でしたね。桃栗柿ではありませんが、実が楽しめるまでには、やはり歳月がかかるのかもしれませんね。いつかきっとおいしいさくらんぼを、お宅で食べられるはずですよ!
Commented by かや at 2012-05-21 19:38 x
なおこさん、こんばんは☆
サクランボの季節になったんですね~。
そのままのサクランボも、サクランボ入りのケーキも美味しそうです♪

凸d(^ー^)pochi!
Commented by bianchi_saitoh at 2012-05-21 21:30 x
1本の木から沢山採れるんですね。
素朴な疑問ですがタネ取るの大変そうですがどんな方法で行ったのでしょうか?
ウチも頂いた時にはこれでもかという位食べますが美味しいですよね。
ジャムとかジュースも美味しそうですね。
Commented by kazu at 2012-05-21 23:25 x
なおこさん、こんばんは。サクランボ入りのケーキなんて随分贅沢ですね(笑)日本ではサクランボは結構高いです。ダークチェリーなら比較的安価ですが、美味しくて有名な山形産のサクランボなんてとても手が出ません。羨ましいです。

ところでボローニャ付近で地震があったとか。M6だと日本では報じていますが、なおこさんの周辺は大丈夫でしたか。州が離れているから被害はないとは思いますが、少し心配しています。
Commented by milletti_naoko at 2012-05-22 02:17
bianchi_saitohさん、こんにちは。種は、姪たちとケーキを作ったときや、今ジャム作りのために作業している義父母は、ナイフでサクランボをひとつひとつ割って、取り除いているのですが、実は我が家には、サクランボの種取りの兵器もあります。(って大げさな……)また、記事の続きで、写真と共にご紹介しますね。
Commented by milletti_naoko at 2012-05-22 02:20
kazuさん、こんにちは。生のサクランボで焼いたケーキが意外とおいしいので、びっくりしているのですが、確かにぜいたくですよね。ありがとうございます。友人に被災地の比較的近くに住んでいる人もいるのですが、幸い被害には遭わなかったようです。ただ、命や家を失った方も多く、まだ余震が続いているので、どうか早く余震が収まり、被災地の方々が安心できるようにと祈っています。
Commented by milletti_naoko at 2012-05-22 02:21
かやさん、こんにちは♪ おっしゃるとおり。サクランボも、ケーキもおいしいですよ。応援のポチをありがとうございます!
Commented by 更紗 at 2012-05-22 05:31 x
わぁ美味しそう♪
もうサクランボの季節なんですね。
まだまだ冬気分です(日中は校内にいるのでヒンヤリ)
あと少し暖かくなったら私もサクランボ買います!!
Commented by oliva16 at 2012-05-22 08:42
家族そろってお菓子作り、いいですねぇ。お父さんお母さん、おじさんおばさん、いとこたちと一緒にワイワイガヤガヤ、何かを作った記憶というのがほとんど無い私にはうらやましい限りです。いつもおいしそうな写真をありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2012-05-22 18:26
更紗さん、最近はすっかり気温が下がって、何だか朝晩寒くなりましたね。予報では、木曜からは少し気温が上がって、暖かくなるようです。6月5日まで、毎日雨が降るようで、まるで梅雨のようです! もう少し暖かくなった頃、まだサクランボが店に残っていますように。
Commented by milletti_naoko at 2012-05-22 18:28
olivaさん、わたしも、祖父母やおじ・おばと顔を合わせる機会はめったになかったので、こうしてしばしば大家族で時を過ごすのは、少し不思議な気もします。姪たちにとっていい思い出になってくれたならなと思います。
Commented by rica_cuore at 2012-05-23 03:03
naokoさん、サクランボの種取器欲しいです!我が家は去年サクランボの木が病気になってしまったので、切り倒してしまいました。やはり大量のサクランボのなる木でした。そのまま食べ、飽きてきたらジャムを基本に、クラフティもしばしば作りましたね。クラフティは種を残したまま焼くんです。種から杏仁豆腐のようなアーモンドに似た香りが出てくるからだそうです。
Commented by milletti_naoko at 2012-05-23 04:50
リカさん、それだけみごとな桜の木を、病気で切り倒さなければいけなかったのは、残念でしたね。クラフティというデザートを知らなかったのですが、今インターネットで検索してみました。サクランボを気軽に、とてもおいしく食べられそうですね。生クリームを使わないレシピなら、今うちにある材料でできるので、近いうちにさっそく作ってみたいと思います♪
<< さくらんぼの実る頃2 世界はひとつ >>