楽し美し空の旅

 6月16日土曜日の朝は、エール・フランスで雨のパリを後にしました。

f0234936_0132481.jpg

 わたしが購入したのは、アリタリア航空、AZ7303便の航空券だったのですが、この便はコードシェア便らしく、エール・フランスによって運行されていました。三つ並んだ席のうち窓際にわたしが座り、右隣に座る二人も、それぞれ一人旅のようです。というのは、同じ並びの一番右に座っている人がパイロットの制服を着ていたからです。

f0234936_014410.jpg
Panorama di Parigi visto dall’Aereo, Air France Parigi – Roma 16/6/2012 10.09

 飛行機が離陸するまで、しばらく時間があったので、右隣の人に、「イタリアには、休暇で行くんですか。」と、フランス語で尋ねました。ラフなポロシャツから、旅行だろうと推測したからです。

f0234936_0142988.jpg
Spello, Umbria 16/4/2011

 話しているうちに、なんとこのフランスの方が、旅行で2週間スペッロ(Spello)に滞在する予定だと分かりました。スペッロはペルージャから南東へ約30km進んだところにある、小さな美しい村で、これまでにも何度がご紹介したことがあります。(下記リンク参照)

 フィウミチーノ空港でレンタカーを予約しているので、周囲を2週間訪ねるつもりだ、ウンブリア州は初めてだ、どこか訪ねるのにいいところはないかと聞かれたので、トラジメーノ湖やアッシジ、トレーヴィがおすすめだと答えました。途中から、より正確な旅行情報をということで、言語はフランス語から英語に切り替わりました。

f0234936_0145868.jpg
Panorama visto dall’Aereo – Lago Trasimeno? 16/6/2012 11.22

 トラジメーノ湖はイタリア中部で最も大きい湖(イタリア全土では4番目)なので、ひょっとしたら飛行機から見えるかもしれませんよと言っていたら、飛行機がローマに近づいた頃、それらしい湖が左手に見えました。

f0234936_0231269.jpg
Un altro lago… Lago di Bolsena? 16/6/2012 11.30

 Google mapsで確認すると、先の湖はトラジメーノ湖、そのしばらく後に見えたこの湖はボルセーナ湖ではないかと思われます。

f0234936_0162100.jpg
Un altro ancora. Lago di Vico, penso. 16/6/2012 11.33

 次に見えた、この山に囲まれた湖は、地理から言っても形を見ても、ヴィーコ湖に間違いないと思います。

f0234936_0163162.jpg
Lago di Bracciano 16/6/2012 11.36

 機内から最後に見えたこちらの湖は、フィウミチーノ空港に最も近いブラッチャーノ湖です。

f0234936_0165750.jpg
Castello Odescalchi di Bracciano 6/7/2009

 というのも、先の写真で、湖の手前に、三角錐の大きなお城が写っていて、これが、ブラッチャーノ城だと分かるからです。3年前の夏に、新婚旅行に旅立つ義弟夫婦をフィウミチーノ空港まで車で送ったあと、夫と二人で、周囲の湖をいくつか訪ねたのですが、上の写真はそのときに撮影したものです。

f0234936_0172186.jpg
Arrivo all’Aeroporto di Roma Fiumicino 16/6/2012 11.49

 まもなく飛行機は、無事にローマのフィウミチーノ空港に着陸しました。飛行中は眠たい人もいるだろうからと、おしゃべりは控えていたのですが、着陸してから、ようやく飛行機から出られるまでの間に、同じ列に座っていたパイロットの方とおしゃべりしました。「これから飛行機の操縦をされるんですか。」と尋ねると、「そうです。オルビアからキエフまで飛行機を操縦するんです。」という返事があったのですが、そのあと、このフランス人パイロットの方が、日本語で、「あなたは日本人ですか。」と、わたしに尋ねたので、びっくりしました。「日本人は皆親切だし、日本が大好き。」と言い、「妻が日本人なので、日本語を勉強したんです。」というその言葉が、冗談か本当かをはかりかねながら、「フランスの方も皆親切ですよ。」と言うと、パイロットの方も、わたしの隣に座っていた方も、共にフランス人でありながら、「いやいや、フランス人は不親切ですよ。」と、口をそろえて言いました。この二人にせよ、ステイ先の家族にせよ、語学学校の人にせよ、町で出会った人にせよ、わたしがパリで出会った人には、親切な方が多かったのですが、フランスの人自身にも、「フランス人は不親切だ」と認識している人がいるのだと、驚きました。

f0234936_0174089.jpg
Aeroporto di Roma Fiumicino 16/6/2012 12.19

 10分遅れにパリの空港を発った飛行機は、ほぼ定刻にローマに到着したのですが、そのあと預けていたスーツケースが出てくるまで、しばらく待たねばならず、夫に出会うことができたのは、12時20分過ぎた頃のことでした。「30分以上なら無料」という空港の駐車場に、飛行機の到着時刻の30分前から駐車していた夫が、たった1時間の駐車時間なのに、9ユーロも払わなければいけなかったので、驚きました。

 何はともあれ、無事に空の旅を終え、夫に久しぶりに会えて、うれしかったです。ちなみに、最近イベリア航空には問題が多いらしく、義弟の奥さんやその姉妹がエクアドルの人なので、帰国によく利用するのですが、この春、彼女たちが利用した際に、マドリードからローマへの便が、4時間遅れて到着したり、荷物が紛失して、数時間後にようやく見つかったりしています。今回利用したアリタリア、エール・フランスの便が、定刻どおりに問題なく到着したことに、感謝しなければいけないかもしれません。

LINK
- Laghi in Italia - HOME
- Laghi in Italia – Centro, i laghi dell’Italia centrale

関連記事へのリンク / Link per gli articoli correlati
- スペッロでお散歩1 / Passeggiata a Spello – Parte1 (9/1/2012)
- スペッロでお散歩2 / Passeggiata a Spello – Parte2 (9/1/2012)
- アッシジへと歩く旅1 / Passeggiata da Spello ad Assisi – Parte1 (16/4/2011)
- 初夏のポルヴェーセ島2 / Lago Trasimeno & Isola Polvese – Parte2 (7/5/2011)
- アジサイの咲く湖畔 / Ortensie al Lago di Bolsena (6/7/2009)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-06-19 17:20 | Viaggi | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17674200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クロちゃん at 2012-06-20 06:26 x
なおこさん、おはようございます。♪
空の旅は素晴らしいです。
隣の人と会話できるのも嬉しいひとときですね。
飛行機が苦手な私は地上作戦で徘徊中です。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2012-06-20 15:32
クロちゃん、おはようございます♪ ボルセーナ湖・ブラッチャーノ湖は、それぞれトラジメーノ湖から100km・150km近く離れていて、車では1時間35分・2時間17分かかるのに(以上、Google mapsから)、飛行機の上からだと15分以内に、どの湖も見えてしまい、またトラジメーノとボルセーナが同時に見えたときもあって、やっぱり飛行機は空高く、速く飛ぶのだなと実感しました。こんなに眺めを楽しめた空の旅は初めてです。

クロちゃんが地上の高山の上から見られる景色も、ご自分の車と足で長い間訪ねたあとということもあって、本当に美しいですよね。
Commented by かや at 2012-06-20 21:08 x
なおこさん、こんばんは☆
ご旅行お疲れ様でした。
飛行機から見下ろす湖などの景色も良いですが、偶然乗り合わせた隣りの人との会話とか、旅らしくって良いですね。
○○人は△△だ、とか先入観を持ってしまってはいけないんでしょうけど、イメージにとらわれてはいけないですね。

凸d(^ー^)pochi!
Commented by bianchi_saitoh at 2012-06-20 22:06 x
なおこさん、会話が出来ると世界が広がって思わぬ出会いがあったりしていいですね。

私は数回しか飛行機に乗ったことがありませんが成田空港から約30Kmの距離に住んでいるので太平洋側を飛行する時は見覚えのある景色が見え、反対を飛行している時は利根川や霞ヶ浦が見えて他にも探したりして盛り上がったことあります。 
Commented by oliva16 at 2012-06-20 22:30
なおこさん、私がウン十年以上前にパリを旅行した時も、街ゆく人はみな親切でした。でも唯一観光案内の係の人は「イヤな感じ」でした。だって、最初に「英語を話しますか?」って、フランス語で聞いてきたんですよ!で、たまたまそういう「一言会話」だけかじっていたので理解できた私が「ウィ」と答えたら、そこで初めて英語に切り替えて案内をしてくれました。"Do you speak English?”と最初から尋ねてくれないなんて、観光客用インフォメーションで働いているのに気がきかないというか、あれは「ワザと」だな、と感じたのを憶えています。
ともあれ、フランス滞在を存分に楽しまれてよかったですね。
Commented by milletti_naoko at 2012-06-20 23:27
かやさん、こんにちは♪ 他の旅行客とのおしゃべりや飛行機の窓からの眺めは、一人旅の醍醐味だと思います。夫と一緒だと、他の人とはあまり話をしないし、窓側の席には、飛行機では夫、バスではわたし(車に酔うんです)が座るからです。

ある程度の先入観があると、旅の予備知識としては役立ちますが、いつまでもそれにとらわれていてはだめで、自分が出会った人たちの印象などを通じて、先入観から脱していけたらいいのではないかと思います。応援のポチをありがとうございます!
Commented by milletti_naoko at 2012-06-20 23:29
bianchi_saitohさん、見慣れた風景を空高く、別の視点から眺めるのは、感慨深いものがありますよね。わたしも、アルプスの雪山や湖の美しい眺めより、自分が知っている山や湖が見えないかどうかの方がずっと気になって、窓の外を見つめ続けました。
Commented by milletti_naoko at 2012-06-20 23:34
olivaさん、幸いわたしが降り立ったパリの空港で、まっさきに旅行情報を尋ねた女性は、とても流暢な英語でバスの乗り場を案内してくれたので助かりました。フランス語で、「英語は話せますか」とわたしの方から問いかけました。パリの町や駅を行く人は皆時間に追われて忙しそうなのに、わたしがフランス語で質問すると、皆親切に立ち止まり、優しく英語で道や地下鉄の乗り換え方を教えてくれました。自国語に誇りがあるから、英語ではあまり話をしない方がいいかと思ったら、自分から英語で話しかけて助けてくれる親切なパリやフランスの方が大勢いました。ありがとうございます。とても充実したパリ滞在になって、本当にうれしいです。
Commented by oliva16 at 2012-06-21 08:50
なおこさん、そうなんです、私も「フランス人は英語をしゃべれてもしゃべってくれないのではないか」などと身構えて、せめて最初の一言はフランス語で話しかけようと思ったのを覚えています。でも道を尋ねたらあまり得意でなさそうな英語で一生懸命教えてくれたり、全然英語がしゃべれない様子の店員さんが、それでも笑顔でゆっくり丁寧なフランス語で話しかけてくれたりしました。(でも何を言われているのかわからなかったので、とりあえず自分を指して「学生、学生」と言ってみた私でしたが…)
Commented by りえ at 2012-06-21 14:58 x
おかえりなさーい。
楽しい滞在になってなによりです。さすがなお子さん、フランス語も会話が出来るレヴェルになるとは・・・。
確かに私もフランスで不親切な人に会ったこと無いんですよね、特に。少しぐらい不親切な人はどこにでもいるので、わざわざ記憶に残る不愉快な人はいなかったです、幸い。
それでもフランス人の友人たちはみんな、いや、フランス人はみんな不親切で申し訳ないって。そう言ってる友人はとっても親切なんですけど・・・。不思議。
Commented by milletti_naoko at 2012-06-21 16:06
olivaさん、ステイ先のだんなさんは60歳近い方なのですが、ご夫婦とも英語が話せて、「自分たちの一つ前、親の世代になると、確かに英語や外国語はまったく話せないことが多いけれど、自分たちの世代からは、やはり英語はビジネスにも欠かせない主要言語なので、英語もしっかり勉強したんだよ。」と言っていました。

家の4人姉妹も、英語圏やスペイン圏に留学経験があって、英語やスペイン語が流暢に話せるそうです。パリもフランス社会も、世界化の波にもまれて、変貌しつつあるようです。
Commented by milletti_naoko at 2012-06-21 16:18
りえさん、ただいま! 語学学校からは、Cadre Européen Commun de RéférenceでA2.2(要するにA2)のレベルに達したという修了書をもらいました。語彙がまだまだ足りないし、複合過去や直説法現在の過去もあぶなっかしいのに、イタリア語訛りになりがちなフランス語を、度胸で話していました。言いたい言葉や構文をフランス語で知らないと、イタリア語はこうだからフランス語はこうかなと言葉を創造してみたり、否定文がne...pasとなるべきところが、nonと言ってしまったり。簡単な質問も、聞き返さなければ分からないこと、聞き違えてしまったことが何度もありました。あくまで相手が優しくて、会話を続けようと言う意思と辛抱強さがあれば、会話ができたという感じです。

イタリア人の友人たちと前回伊仏国境近くにある山を訪ねたとき、「フランス南部の人たちは親切だ。不親切なのはパリだけか。」と言っていたのですが、そのへんは、隣国のライバル意識もあるのかもしれません。わたしも、パリやフランスの人には不親切な人が多いのかと思ったら、優しい人の方が圧倒的に多かったので、うれしい驚きでした。優しい人は、他の人ももっと優しくあってほしいと、基準が高いからでしょうか?
Commented by くみこ at 2012-06-21 23:48 x
おかえりなさい!なおこさんと入れ替わりで、私たちが今週末からバカンスです。
お隣の方、スペッロに滞在されるんですね~。
私たちは4泊Bettoneのアグリに滞在しながら、
中3日周辺を観光しようと思ってるのですが
(ペルージャ・アッシジは私もダンナも行ったことありなので今回はなし)
私希望でグッビオ、ダンナ希望でトーディ、あと1日は・・・で迷っていて
今のところスペッロにしようと思っています!
本当は1日に1か所でなくてもよいくらい小さい町なのですが
いかんせん子連れなので、半日で無理なく(苦笑)
半日はアグリのプールで遊びたいと思います・・・

私が20年近く前に行ったパリでは、正直あまり親切なパリ人には出会わなかったんです・・・
優しかったのは移民の人とか、同じくパリ観光に来ていたフランス人でした。
当時は大学4年生でフランス語をしていたため(今ではゼロに近いです・爆)
旅行会話はなんとかできたのですが、いや~冷たく感じてかなり緊張しっぱなしでした。
今行くとまた違うのかもしれませんね!いつかまたもう一度行きたい都市です。
Commented by milletti_naoko at 2012-06-22 00:54
くみこさん、ただいま! これからウンブリアで休暇ですか。楽しい旅行になりますように。Bettonaのことだと思うのですが、グッビオやトーディに行く途中に、他のすてきな小村で休憩を入れたり、近いので夜のアッシジの町を散策してみたりというのも、すてきかもしれませんね。グッビオはペルージャから片道1時間かかるので、ベットーナからだと往復2~3時間かかりそうです。日中ひどく暑い日が続くようなので、一番暑い時間帯はレストランや博物館で涼を取りながらゆっくり休んで、午後5、6時以降に帰途についた方が、体が楽ではないかと思います。今の天気予報を見ると、午後4時頃までは気温が30度を超える上、紫外線がかなりきつそうですし。わたしのおすすめはトラジメーノ湖です。今の時期、週末は観光客が多いのですが、平日の朝早くからなら、湖畔や島をゆっくりと、自然や眺めを楽しみながら散歩することができると思います。

パリの人も、自分たち自身が海外を旅することが多くなって、外国の人への対応が変わってきたのかもしれませんね。
<< ノートルダムの塔の上から2 アルプスを越え >>