おいしいピエモンテ

 ピエモンテの小さな村、サンブーコ(Sambuco)には、とびきりおいしい店が二つあるのだと、B&B(記事はこちら)の宿の主人の母君から教えてもらいました。

f0234936_049493.jpg

 そうして、その二つのお店(赤と青の矢印)は、どちらも村の中心にある広場に面していて、互いにとても近い距離にあります。

f0234936_0492728.jpg

 どちらも同じくらいおいしいと聞いたので、食べる店を決めるために、両店の前に掲示してあるメニューと料金を読み比べました。夫が食べたいと言っていた地元の料理は、どちらの店でも食べることができる上、メニューが互いによく似ています。

 結局、ホテルでもあるこちらのレストラン、Osteria della Paceで食べようと考えたのは、料金は高いものの、いろんな観光関連業者からの推薦シールが、入り口に貼ってあったからです。

f0234936_0502222.jpg

 三ツ星のホテルであると同時に、徒歩や自転車で、イタリア北部のアルプス山脈を縦断するコース、GTA(Grande Traversata delle Alpi、下記リンク参照に挑む人用の安い大部屋も提供しているこの店ではしかし、「本来月曜日は休業のところ、今日は営業はしていますが、すでに予約でいっぱいです。」と言われました。ドイツの自転車野郎のつわものたちが、集団でレストランを貸し切ったようです。

f0234936_051069.jpg

 宿で、「どちらの店も同じくらいおいしい」と聞いていたわたしたちは、それほどめげずに、すぐ近くのこちらの店、Bar Ristorante La Meridianaに向かいました。

f0234936_0512484.jpg

 野菜つきの肉料理だけ頼むつもりが、お店の人の勧めに乗って、前菜も頼みました。最初に運ばれてきたのはこちら、牛肉のカルパッチョとラルドです。脂身の多さに辟易して、あなたが食べてねと夫に言ったわたしですが、このラルド、口に入れると、どういうわけかしつこさがまったくなくて、さっぱりしている上に、香辛料がうまくきいているからか、本当においしいのです。「脂身だけ残して食べたらいいよ」と夫は言ってくれたのですが、結局自分の分はすべてぺろりと平らげてしまいました。牛肉のカルパッチョも、とてもおいしかったです。

f0234936_0562895.jpg

 次に運ばれてきた前菜は、干鱈を、何かの野菜か果物のソースと共に、マッシュポテトの上に載せた一品だったのですが、これがまた上品な味わいでおいしかったです。マッシュポテトと魚の相性がこんなにいいとは思いもしなかったので、びっくりしました。

f0234936_0565545.jpg

 それからも前菜は、ズッキーニを使った料理、

f0234936_0571279.jpg

野菜たっぷりの卵料理と続きました。どちらもおいしかったのですが、格別おいしかったのは、わたしにとっては、最初に運ばれてきた二皿でした。

f0234936_0574779.jpg

 前菜だけですでにおなかがいっぱいだったのですが、地元独特の珍しいパスタに興味津々だった夫が、こちらのパスタを頼んだので、わたしも少し食べてみました。プッリャのオレッキエッテによく似たこのパスタはクルセット(cruset)という名で、小麦粉と水で作られています。ミント(menta)の風味たっぷりのクリームには、細く小さく切ったキュウリも混ざっていました。

f0234936_0582492.jpg

 最後に登場したのがこちら、サンブーコ風子羊の料理(Agnello sambucano)です。子羊の肉もニンジンもとてもおいしかったのですが、ここまで来ると、夫もわたしも胃が悲鳴を上げていたため、もったいないのですが、二人とも半分は残してしまいました。次回行くときは、前菜かセコンドのみ、あるいはどちらも一人分ずつ頼んで、夫と二人で分け合って食べたらちょうどいいと思っています。その方が、おなかにもお財布にも優しいことですし。

f0234936_0585071.jpg

 気になるお値段はこちらです。店頭には料金が掲示してあったけれど、店内ではメニュー表は運ばずに、口頭だけでメニューを告げられたのも、値段が分からなかったために、いろいろと注文しすぎてしまった理由かと思います。

f0234936_059411.jpg

 この店は、内装もかわいらしくて、他の部屋との間に、木の枠のガラス窓があり、

f0234936_0592387.jpg

 店内が、たくさんのハートで飾られていました。この木で覆われた壁にある窓は、もともと古い家にあった窓を取ってきて取りつけたものだそうです。窓を開いても、向こうには壁があるだけで、向こうは見えないとのことですが、不思議と、向こうにはおとぎの世界が広がっているような印象を与えます。

 さて、では、サンブーコ村にある二つのお店が、どうしてどちらも同じようにおいしいのでしょうか。実は、宿の主人の母君は、なんと今回最初に紹介したホテルで働いているためもあって、その辺の事情をよく知っているのです。何でも、二つのレストランで腕をふるうシェフは父子であり、もともとは息子も、父が経営するホテル兼レストランで働いていたのが、結婚してから独立して、すぐ近くに、別の店を構えたのだそうで、だからどちらの店でも似たような地元名物の料理をふるまい、味がとてもおいしいのだということです。ただ、今回記事を書くにあたって、村の観光案内を調べていたら、実は、この二つのレストランも、B&Bも、皆経営者の苗字が同じであることが分かりました。ひょっとしたら、B&Bの主人とその母君も、二つのレストランの経営者と親戚なのかもしれません。

 何はともあれ、フランスへの国境を越える前に、何か食べられて、泊まれる場所が見つかればいいくらいに思っていたのが、すてきな宿とおいしいレストランに出会えて、本当にうれしかったです。

LINK
- うれしい山の宿 / Alloggio fantastico! B&B Radici Sambuco, Piemonte
- Osteria della Pace – Albergo della Pace, Sambuco (CN) - HOME
- it.wikipedia – Grande Traversata delle Alpi (GTA)
- Montagna in provincia di Cuneo – Grande Traversata delle Alpi (GTA)
- ghironda.com - Bar Ristorante “La Meridiana”, Sambuco in valle Stura
- Comune di Sambuco – Strutture ricettive

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-07-12 18:01 | Gastronomia | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17755338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by くみこ at 2012-07-13 02:11 x
ピエモンテ、5年ほど前に訪れて、とてもよかったので、いつか再訪したいと思っていますが
アルプスの方はまだなので、とても参考になりました。
ピエモンテって前菜が多くて、前菜好きの私にはたまらないのです!
↓の宿も安くて素敵!!
Commented by milletti_naoko at 2012-07-13 15:25
くみこさん、おはようございます。去年山を歩いて、川や滝、湖が多く、山の緑がきれいで、色とりどりの花が咲いている美しい風景に感動しました。郷土料理も、おいしいお店では、いろいろな地方名物を楽しむことができます。この前菜、初めて出会う料理が多くて、しかも本当においしかったんですよ♪ 宿も、こんなにいい宿がこんなに安くていいのかとびっくりしました。
Commented by かや at 2012-07-14 02:36 x
なおこさん、こんばんは☆
同じぐらい美味しい似たようなお店が並んでいるって不思議ですね。互いに、隣りに負けないようにがんばっているんでしょうか。
お料理がすごく美味しそうです。こういうお肉料理、がっつりと食べてみたいです。

凸d(^ー^)pochi!
Commented by ムームー at 2012-07-14 12:19 x
なおこさんこんにちは~
素晴らしいお料理の数々ですね、前菜も豪華ですね。
野菜たっぷりの卵料理もマッシュポテトと魚って見てるだけでも美味しそうですわぁ。
ホテルもレストランも建物が素敵で見とれます、お部屋もいいなぁ~
旅に出ると景色に癒され目新しい食べ物にも感激しますねぇ。
なおこさんコメントに書いていただいたこと、嬉しく読ませていただきました。
いつもありがとうございます!
Commented by milletti_naoko at 2012-07-16 04:22
かやさん、こんばんは。父子がこんなに近所にライバル店を構えているというのがおもしろいですよね。どうやら、息子さんが結婚してから、別にお店を出したのだそうです。かやさんがいつも紹介されている日本のお料理もおいしそうですよ。応援のポチをありがとうございます!
Commented by milletti_naoko at 2012-07-16 04:24
ムームーさん、こんばんは。ウンブリアから遠く離れると、料理もいろいろ違ってくるのですが、特に知らない土地では、レストランには当たりはずれがあります。それだけに、ふだんとは違う、しかもとびきりおいしい味を楽しむことができて、うれしかったです♪ こちらこそ、いつもムームーさんに教えていただくことが多いです。ありがとうございます!
Commented by Navia at 2012-07-16 17:28 x
このレストラン記事、いつかピエモンテを訪れることがある時用にチェックしておきます(笑 山の料理っぽくなく、とてもエレガントなお料理なんですね、しかも美味しそう。素敵な情報ありがとうございます!
Commented by milletti_naoko at 2012-07-16 18:49
Naviaさん、ウンブリアだと前菜はクロスティーニが多くて、あとはサラミにチーズということがしばしばなので、この粋でおいしい前菜の数々にはびっくりしました。いろんなガイド協会からおいしいと推薦するお父さんシェフについて学んだので、息子さんの料理もおしゃれでおいしいのだと思います。機会があればぜひとも!
Commented by oliva16 at 2012-07-17 13:34
うわー、毎度毎度、おいしそうな写真を見せてくださいますねーうらやmしいです。なんだか自分の日常がつまらなく感じられてきてしまいました(苦笑)。関東地方は梅雨明けしたと思ったら、「暴力的な」猛暑です!!
Commented by milletti_naoko at 2012-07-17 21:16
olivaさん、イタリアに暮らしているわたしからすると、そうめんや冷やしうどんなど、日本の夏の料理が懐かしくて、手軽に食べられる日本の皆さんがうらやましいんですよ。イタリアでは相変わらず暑いものの、この数日は少し暑さが手加減をしてくれているという感じです。何とか暑さを乗り切りましょう!
<< カステッルッチョでキャンプ うれしい山の宿 >>