アルプスの松の森

 重いリュックを背に山を登ってまで、この山小屋に泊まったのは、料理がとびきりおいしいと知っていたからではなく、宿の近くにあるアレヴェの森(Bosco dell’Alevè)を、散歩するためです。

f0234936_5314152.jpg

 標高の高いアルプスの山は、冬は雪に覆われ、長い厳寒の時期が続くのですが、このアレヴェの森は、そうした厳しい環境に耐え、しかも樹齢の長い高山松(学名Pinus cembra、イタリア語pino cembro)の森なのです。アルプスで最も広大なこ高山松の森には、たとえば上の写真のように、樹齢600年を超える高山松も、多いそうで、ただし、本当に樹齢の長い木は、知っている人と森の奥に分け入らないと見つけるのが難しいということです。(下記リンク参照)

f0234936_5323427.jpg
Rifugio Grongios Martre (1736m) 1/8/2012 9.44

 わたしたちがピエモンテのアルプスに滞在した8月初めには、朝は晴れ渡った空が、昼頃から霧や雲に覆われる日が続きました。この日、8月1日火曜日も、朝はいい天気で、下方に広がるカステッロ湖(Lago di Castello)が、宿の前から、きれいに見えました。

f0234936_53351.jpg

 朝、9時40分過ぎに宿を出発し、まずは急な山道をひたすら登って、渓谷、Vallone dei Ducを目指しました。

f0234936_533238.jpg

 この森には、ところどころに、おもしろい現代美術作品が置かれています。写真では、エリーアが、作品をテレビの枠に見立てて、自分の想像した自由なニュースを伝えています。

f0234936_534010.jpg

 あちこちに、色とりどり、形もさまざまなナデシコ(garofanino) が、元気に花を咲かせています。

f0234936_5342063.jpg

 登っていくうちに、目にする木のほとんどが、高山松となり、道の傍らを、水が流れるようになりました。この辺りにはブルーベリーの茂みがあり、おいしく熟した実も多かったのですが、蚊もひどく多いので大変でした。

f0234936_5344130.jpg
Lago Bagnour & Rifugio Bagnour (2015m) 1/8/2012 11.23

 渓谷への途中にあるバニュール湖に到着したのは、出発してから約2時半後、午後11時10分過ぎのことでした。休憩も兼ねて、しばらく湖のまわりを散策します。湖畔の山小屋にレストランがあり、営業時間を尋ねると、午後1時までとのことです。そこで、目指す渓谷を午後1時半まで歩いてから、山を下り、このレストランで昼食を取ることにしました。

f0234936_535899.jpg

 冒頭にも写真を載せた、樹齢600年以上の高山松は、この湖のほとりにありました。

f0234936_5352683.jpg

 渓谷、Vallone dei Ducはみごとな高山松に覆われています。登っていく途中で、木の洞から水が湧き出る、それは趣のある泉に出会いました。

f0234936_5355752.jpg

 ブルーベリー(mirtillo)の茂みがところどころにあるので、時々実を摘んでほおばりながら、山道を登っていきます。

f0234936_5362566.jpg
Vallone dei Duc 1/8/2012 12.27

 この辺りに着いた頃、もう午後1時半に近かった上、

f0234936_5365165.jpg

それまで山を覆っていた高山松に代わって、岩が目立つようになってきたため、しばらく休んでから、山を下り始めました。そうして山を下り始めた頃、渓谷の間に積み重なった石と岩の間から、夫がわたしたちに呼びかける声が聞こえてきました。夫は一人、行動を別にして、森の奥に分け入り、樹齢の長い高山松を探していたのです。「レストランには午後1時までに戻らないと思うので、自分のことは気にせず、先に食べてほしい。」と言っていたようだと、フランコが言います。

f0234936_5371142.jpg

 森の中には、高山松の特徴のある松ぼっくりが、あちこちに見つかりました。

f0234936_5372948.jpg

 山を下る途中で、高山松の巨木を取材しに来た新聞記者の一行に出会いました。ひとしきりしおしゃべりしてから、「この先、登って行ったら、やはり巨木を探して歩いているうちの夫に会われるかもしれませんね。」と言ったら、夫の名前を聞かれました。

 さて、わたしたちは無事に午後1時前に、山小屋のレストランにすべり込み、昼食を取りました。おいしいと聞くポレンタはすでになく、パスタを頼んで食べていたら、そのうち夫も姿を現し、パスタの注文も、ちゃんと受けつけてもらえました。途中で、例の二人連れに出会ったとき、「ルイージ!」と呼ばれたので、一瞬、「あれ、どこかでこの二人に会ったことがあるっけ。」と慌てたそうです。

f0234936_5375111.jpg
Lago Secco (1890m) 1/8/2012 15.30

 昼食後、宿へ戻るときには、来たときとは違う道を通り、写真の湖、セッコ湖を訪ねました。乾いた(secco)という何も関わらず、水をたたえ、蛙もいる静かな湖に 出会えたのがうれしくて、しばらく湖のほとりで寝そべって、休みました。だんだん雲が低くたれ込め、冷たい風が吹き始めた頃に、再び山を下り始め、ようやく宿にたどり着いたのは、午後5時半頃のことでした。

関連記事へのリンク / Link agli articoli precedenti
- 夏のアルプス山歩き1 / Valle Varaita & Alpi Piemontesi – Parte1
- 夏のアルプス山歩き2 / Valle Varaita & Alpi Piemontesi – Parte2
- おとぎの村、キアナーレ / Chianale, paesino da favola
- 試練のあとに / Rifugio Grongios Martre
参照リンク / Riferimenti web
- it.wikipedia - Bosco dell'Alevè
- 針葉樹のデータベース - ヨーロッパハイマツ(コウザンマツ、高山松、スイスマツ) Pinus cembra
- it.wikipedia – Pinus cembra (Pino cembro)
- Rifugio Grongios Martre - HOME
- Valle Varaita – Lago Bagnour m2012 e Lago Secco m1890

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-08-19 22:39 | Piemonte | Trackback
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17882222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 人生にほほえめば 試練のあとに >>