ナス料理、サルデーニャ風

 先週、9月6日のことなのですが、インターネットで見つけて、作ってみたナス料理(下記リンク参照)が、とてもおいしくできたので、ご紹介します。

f0234936_65209.jpg

 その料理サイトは、Giallo Zafferano.it(リンクはこちら)。

f0234936_653756.jpg

 エルバ島に、わたしたちのお気に入りの、食事のとびきりおいしいホテルがあります。2年前のことですが、そのシェフに、毎日、「あれがおいしかった、これがおいしかった。」と言っていたら、時には、料理のレシピを教えてくれることがあったのですが、彼女が、おいしい料理が作りたかったら、このサイトをと勧めてくれたのが、このサイトです。

f0234936_655235.jpg

 たとえば、2010年5月にこのホテルで食べた料理が、2、3枚目の写真に写っているのですが、おいしいだけではなくて、盛りつけも工夫が凝らしてあって、目にもうれしい驚きがありました。

f0234936_66760.jpg

 義父母の不在中に、たくさん採れるトマトとナスを、たっぷり使える料理はないかと探していて、思いついたのがこの料理です。実は、昨年も1度作っていて、おいしかったのを覚えていました。

 前置きが長くなりましたが、それでは、いよいよ作り方をご紹介します。元のレシピはイタリア語ですが、料理手順の一つひとつに分かりやすい写真がついていますので、ここでは、逐一訳すのではなく、手順をざっとご説明します。

サルデーニャ風のナス料理(Melanzane alla sarda)
LINK - GialloZafferano – Melanzane alla sarda (pdf)

 材料は、大きいナスが二つ、トマト500g、パセリ大さじ3杯、ニンニク2かけ、そして、適量のオリーブオイル・塩・コショウです。

作り方
1.ナスを少し厚めに切り、その両面に、ナイフで格子状の切り込みを入れる。
2.パスタの湯きりなべの底に、ナスを敷きつめて、塩をふりかけ、その上に皿を置き、さらに重しを載せて、30分置く。(あくを抜くため)
3.トマトをさいの目切りにし、パセリとニンニクはみじん切りにする。
4.ナスは、30分後に重しを取り除き、冷水で洗ってから、水気を取る。
5.レンジ用の深皿の底に、薄くオリーブオイルを引き、深皿の上に、ナス、トマト、パセリとニンニクの順に置く。その上から、塩・こしょうをふりかけ、さらにオリーブオイルを回しかける。この作業を、幾層か、ナスがなくなるまで繰り返す。
6.180~200度に温めておいたオーブンで、40~50分加熱して、できあがり。

f0234936_665112.jpg

 写真を見て、ニンニクの大ざっぱな切り方と置き方にあきれる方もいらっしゃるかもしれません。うちの夫は、ニンニクが大好きで、ブルスケッタ(記事はこちら)を食べるときに、パンの両面にニンニクをすりつけるほどなのですが、サイトのレシピには、ニンニクは好みによって、量を減らしてもいいし、まったく入れなくてもいいと書いてあります。

 ナスは特有の苦味がなくなった上、柔らかくなり、わたしも夫も、思いがけずおいしいナス料理を、喜んで平らげました。

 まだしばらくは、おいしいナスの収穫が続くと思いますので、他にも、いろんなナス料理を試してみるつもりです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-09-12 23:07 | Gastronomia | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17961739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クロちゃん at 2012-09-13 07:06 x
なおこさん、おはようございます。♪
d(-。∂)good!!d(-。∂)good!!d(-。∂)good!!
見て楽しむ食べて楽しむ、食欲の秋~。(^^)/

食べすぎで苦しむ???←いつもの私です。(^<^)
Commented by ムームー at 2012-09-13 08:23 x
なおこさん
おはようございます~♪
わぁ~ナスビにトマトの美味しいお料理いいですね。
いつも同じ食べ方ばかりしています。
食べるのは大好きですが作る楽しみがなくなり最近は義務的にしてる自分がいます。
夫の食事つくりもなれましたが、なおこさんが楽しみながら素材をいかして作られるのを感心して見せて貰っていますの。
ナスビに田楽味噌をつけて食べるか焼きナスビですが、娘は見てますが食べませんの、失礼でしょう。

Commented by milletti_naoko at 2012-09-13 15:03
クロちゃん、おはようございます♪ クロちゃんは、しばしば登山をして、たくさん歩かれるので、食べた分も、きっと消費できますよ。皆さんが登山のときに運ばれる食事も、豪華でおいしそうです。
Commented by milletti_naoko at 2012-09-13 15:16
ムームーさん、おはようございます♪ うちでは、特に夏は毎日採れる野菜がたくさんあって、でも、その種類が限られているので、いろんな料理を試すことになるんですよ。ナスやトマト、ズッキーニを、毎日どんどん料理しないと、傷んでしまうので、他の野菜を買ったりはできませんし…… 

実は、焼きナス、母もよく作っていましたが、わたしも苦手であまり食べませんでした。イタリアでは、ナスを焼くとき、薄く切って焼き、みじん切りのニンニクやパセリ、塩・こしょう、たっぷりのオリーブオイルをかけるのですが、これだと苦味が美味に変わります。基本的には、和食の方がが好きなのに、焼きナスは、イタリアで初めて、そのおいしさを知りました。わたしも昔は苦手だったのに、今は食べられるようになったものがいろいろありますので、お嬢さんもそのうち、おいしいと食べられるときが来るのではないでしょうか。
Commented by らいか at 2012-09-13 16:15 x
シンプルでおいしそう(*^▽^*)
ナスを揚げないので面倒に思わず作れそう。
厚めに切るのと切り込みがポイントですね。
ためしてみます!
Commented by Riana at 2012-09-13 17:31 x
なおこさん、こんにちは!
茄子のオーブン焼き、おいしそうですね~。手軽に出来そうなので、近々挑戦してみようと思います。元のレシピもたくさんの写真と簡単な説明でわかりやすいですね。ランチョンマットかとも思いましたが、巻き簾の上で調理(作業)している様に見えるのは気のせいでしょうか??
私は大量にあった茄子を先日オイル漬けにしてみました。初めて作ったのですが、簡単でとてもおいしく用途の幅も広く重宝しています。トマトは乾燥させてドライトマトなんてどうでしょう?簡単だし、長い間楽しめますよ。
Commented by milletti_naoko at 2012-09-13 18:29
らいかさん、ぜひ試してみてください。おいしいですよ! パルミジャーナだとナスを揚げるので、手間がかかるしカロリーも気になりますよね。元のレシピには「指の厚さに切る」とあるのですが、それではあまりに厚すぎる気がして、レシピサイトの写真よりは、若干薄めに切ってみました。厚めに切っても、40分オーブンに入れたら、焼けるとは思うのですが、このとき使ったナスは、ボール状で大きかったのです。薄めに切ったおかげで、何度もナスを口に運べて、より喜びを感じられたかもしれません。お好みの厚さでどうぞ♪
Commented by milletti_naoko at 2012-09-13 18:48
Rianaさん、こんにちは! 保存用のトマト作りにも疲れてきたので、ナスと一緒に、トマトをたっぷり使えるこの料理がよさそうだと思って、試してみました。昨年作ったときもおいしかったのですが、実は昨年は、食事の時間が近づいてからレシピを見つけたので、あく抜きを30分もしなかったのです。今年はレシピどおり30分きっちりあく抜きしたら、びっくりするほどおいしくなりました。レシピは、言葉の説明だけでは、分かりにくいところもありますので、このサイトは、写真が豊富で助かります。Rianaさん、鋭い! 確かに巻き簾の上で作業しているように見えます。木のテーブルを汚さないためでしょうか? 最近、こういうランチョマット、イタリアでもよく見かけますね。

ナスのオイル漬け、おいしいですよね。 うちで一番よく作るナス料理です♪ ついでに、ズッキーニもオイル漬けにして、一緒に食べることも、よくあります。ドライトマトもおいしいそうですね! ペルージャではこの数日、天気が悪く、気温が下がるという予報が出ているのですが、もし、今後もまだたくさんトマトが採れるようであれば、ぜひ挑戦したいと思います。
Commented by Masami at 2012-09-13 22:57 x
なおこさん~、

このお料理本当にとっても美味しそうです~♪
手順を聞いていると簡単そうで、しかも大好きなオーブン料理(^^)
ぜひ作ってみたいと思います。素敵なレシピをありがとうございます♪

そして気が付くといつも定番のイタリア料理を繰り返している我が家・・(苦笑)「Giallo Zafferano.it」こちらもいただきますね~(^^)

↓リミニの昼食会、美味しい料理にワインにお喋りと本当に楽しい時間を過ごされたのですね~。ブログからその様子が伝わってきます(^^)炭火の鶏肉にパスタにフリット、皆が協力してこだわりを持って作られたお料理、最高ですね~!それにしても「揚げ物器」なるものがイタリアにもあるのですね?!大人数だと断然重宝しますね~♪
Commented by oliva16 at 2012-09-13 23:45
なおこさん、私のために紹介してくださったのかと思うようなタイムリーなレシピ!新潟から持って帰った丸なすがまだ5,6個あります・・・。でも一人で食すにはちょっと見た目が大掛かりですねえ。
Commented by milletti_naoko at 2012-09-14 00:17
まさみさん、簡単でとってもおいしいんですよ♪ うちの場合、野菜は食材が自宅の畑で採れる野菜に限られてるので、食卓に変化をつけておいしく食べようと思うと、どうしても、いろんなレシピを探すことになります。そう言えば、ナスは、リミニで食べた、スティック状の揚げナスもおいしかったです。

ということは、揚げ物器って、日本でもかなり行きわたっているものなんですね! わたしはイタリアに来て初めて見ました。friggitriceって、どう訳したらいいかなと思って、グーグルで揚げ物器として売っている商品があるのを見て、記事ではこの日本語訳を使った次第です。大人数で揚げ物をするときは、時間がかかって、いつもコンロの近くにいなければいけないので、油に入れて20分放っておけば、フライドポテトができあがるというこの揚げ物器、本当に便利ですよね。そう言えば、わたしはごはんを、炊飯器がほしいほしいと思いながら、いまだに鍋を使って炊いています。鍋でごはんを炊くのも、イタリアに来てから初めてできるようになりました。
Commented by milletti_naoko at 2012-09-14 00:22
olivaさん! この分量を、わたしと夫は二人で2回に分けて平らげました。ぜひためしてみてください。トマトは250~300gに減らしても、十分量があると思います。日本ではトマトが高いですよね。ナスはグリルでじっくり両面を焼いて、塩・こしょうと、みじん切りのパセリとニンニクをふりかけ、上からオリーブオイルを回しかけて、(すぐ食べてもいいのですが、できればしばらくそのまま置いておくと、じっくり味がしみて)とってもおいしいんですよ。かなり日持ちもしますので、おすすめです。
Commented by oliva16 at 2012-09-14 07:45
そう、トマトは高くってめったに買わないんです。ミニトマトで試してみようかな。ところで私は炊飯器を持っていますが、めったに使いません。2.5lの圧力鍋でいつも炊いています。浸水しなくてもすぐ炊けるし、お米の甘みがでてとてもおいしいんです。
Commented by milletti_naoko at 2012-09-14 20:09
olivaさん、炊飯器は、ガス代の節約と共に、保温機能があって、レンジのない我が家では、炊きたてでなくても温かいごはんが食べられるのがいいなと思っています。圧力鍋もレンジも、夫が健康上害をもたらすのではないかと、心配しているので、購入が難しいですし……
<< 指の生傷 みんなで昼食、詳細編 >>