ルパンと里帰り

 昔大好きだった新ルパンシリーズのルパンが、店内で拳銃を手にしているのを見て、びっくりしました。横にはなんと、峰不二子もいるではありませんか。

f0234936_22454130.jpg

 去年の8月末に、マルケ州の小さな村、ウルバーニアを訪ねたときの話です。ウルバーニアは、わたしにとって、言わば「イタリアにおけるふるさと」で、語学留学のために、最初の半年を過ごした村です。

f0234936_2246321.jpg

 この店を訪ねたのは、店を経営するのが、当時親しくなり、お世話にもなった友人夫婦だからで、この二人に、久しぶりに会ってあいさつをするためでした。

f0234936_22461868.jpg

 それが、ひとしきりおしゃべりしたあと、店内の商品を見ていたら、あれもこれも、あ、これはかわいい、こんなもの見たことないというおしゃれな、一味変わった商品がたくさんあります。

 一目でほしいと思ったものの一つに、この左手にある花瓶があります。花を活けずに、ただ置いてあっても、花があってかわいらしい上に、色と形が本当にきれいで、しかも三つ並んでいた花瓶のどれも、色と形が微妙に違います。三つをさんざん見比べて、悩みに悩んだあと、一つ選んで購入しました。

f0234936_2158236.jpg

 昨年ご紹介したハートのキッチンタイマー(記事はこちら)を買ったのも、もちろんこちらです。

 ペルージャにもこういう店はいろいろあるのですが、なんというか、店の中を歩いているだけで、目を引くもの、心を魅きつけるものが、いくつもいくつもあって、「これを逃したら、二度と会える機会はあるまい」と思って、たくさん買い込んでしまいました。

CASABELLA HOME
Via Raffaello Sanzio, 17 – Urbania (PU)
tel. fax 0722-318607
sito - Casabella Home, Articoli da regalo – Urbania (PU) - HOME

f0234936_22465640.jpg

 おしゃれで洗練されたものから、かわいいもの、実用的なものまで、何か必ず、これはというお気に入りの一品が見つかると思いますので、近くを通りかかったときには、ぜひ足を運んでみてください。ちなみに、ルパンと不二子は、店を経営する二人が好きなので置いているのかと思ったら、売り物とのことでした。ちなみに、以上の写真はすべて、昨年8月に撮影したもので、昨日店を訪ねてみると、ルパンも不二子も姿を消していました。

f0234936_22471938.jpg
Palazzo Ducale di Urbania, Marche 27/8/2011

 ウルバーニア(Urbania)は、豊かな自然に囲まれた中世の町並みが美しい、小さな村です。現在では、この古城が博物館となっていて、ルネサンス時代から美しい陶器を生産している、この地域の陶器の数々や、絵画などの芸術作品を見ることができます。

f0234936_2248162.jpg
Passeggiata panoramica a Peglio 27/8/2011

 車で10分ほどのところにある、丘の上の小さな村、ペッリョ(Peglio)では、こんなふうにすばらしい眺めを楽しめる散歩道があります。

f0234936_22481787.jpg
Palazzo Ducale di Urbino 18/9/2011

 石造りの町並みの美しいウルビーノ(Urbino)も、ウルバーニアから車で20分足らずです。古城、Palazzo Ducaleは、歴史や造りが興味深い上に、2階と3階は、国立美術館になっていて、ラッファエッロやピエーロ・デッラ・フランチェスカなどの名画を鑑賞することもできます。ウルビーノには、ラッファエッロの生家(Casa Natale di Raffaello)もあります。

f0234936_22483312.jpg
Fiera di San Matteo, Fossombrone 15/9/2012

 昨日、9月15日土曜日は、夫はアッペンニーニ山脈にブラックベリー狩りに出かけ、わたしは久しぶりにアイゴを運転して、ウルバーニアに行きました。ウルバーニアに滞在中に、家族皆でわたしを温かく迎えてくれた友人を、訪ねるためです。やはりとてもお世話になった、彼女の高齢のお母さんのお見舞いを兼ねてでかけたのですが、二人とも、思っていたより元気そうでうれしかったです。急に思いついた旅で、準備ができていなかったので、村に着くなり、上の店を訪ねて、あいさつをしたあと、訪問した友人への手土産も購入しました。

 昼食のあと、予約のあった隣町の美容院までお母さんを車で送り、そのあと、二人で一緒に、近くの町で開かれていた市場を訪ねました。

f0234936_22484981.jpg

 そうして、二人とも、健康と姿勢によさそうなこちらの室内履きを、購入しました。背中が痛むという彼女が、とても履き心地がいいと言うし、藤の花を思わせるこの薄紫がきれいなので、はたから見ていたわたしも、ほしくなったのです。二人に別れを告げて、ペルージャにたどり着いたのは、午後7時15分頃、夫がバケツいっぱいのブラックベリーと共に帰宅したのは、そのすぐあと、7時半頃のことでした。

LINK
- Casabella Home, Articoli da regalo – Urbania (PU) - HOME
- Urbania – Palazzo Ducale
- Urbino – Visite guidate alla città e al Palazzo Ducale
- Cultura e Turismo Urbino Ideale – Casa Natale di Raffaello

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking


by milletti_naoko | 2012-09-16 15:49 | Marche | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/17973877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mihodiary at 2012-09-16 23:09
なおこさん、こんにちは。

なおこさんの口から、ルパンと不二子ちゃんの名前が出る...と
いうのも、かなり意外( !)な気がしましたが、その前の記事で
なおこさんたちご夫婦も喧嘩をするのね! ということに、また
びっくり...。そして、ほっといたしました。
そんなときもありますよね〜。でも本当に、喧嘩している時は
ろくなことがないものです。日々おだやかに過ごせるにこした
ことはないのですけれど...。でも、にんげんだもの(笑)
イタリア語で、喧嘩までできるということにも感心しつつ、
きっとケンカするほど仲がよいんだなぁ...と、ちょっぴり羨ま
しくもあったりして(笑)
...それにしても、指のケガは大変でしたね。
うふふ、でも今頃は仲良く過ごされているんだろうな...と
想像しつつ。ケガには気をつけてくださいね♪
Commented by milletti_naoko at 2012-09-16 23:23
みほさん、こんにちは。いやあ、中学校・高校生の頃は、ルパンの大ファンで、アニメ雑誌の付録を、他のアニメが好きな友人と交換したりもしておりました。

前回の記事は、本当は、「このうっかりはひょっとしたら、これで防げるのでは」という本題の前置きのつもりだったのですが、長くなってしまい、時間もなかったので、とりあえずこれでもいいかと思って、そのまま発行しました。実は、以前3度続けて指の生傷があった時点で、自分への戒めも兼ねて、記事にしようかなとも、一瞬思ったのですが、読む方に後味が悪いかなという気持ちもあって、今まで記事にしなかったのです。ご安心ください(?)うちでは夫とは時々(よく?)ちゃんとケンカをしております。ケンカをしながら、よりよく共存できる(というと大げさ)在り方を少しずつ模索しているのかもしれません。ありがとうございます。けがには十分、気をつけます!
Commented by bianchi_saitoh at 2012-09-16 23:33 x
なおこさん、ご無沙汰です。ブログは拝見してましたが怠け者力を発揮してしまいました。
でも大好きなルパンにビビビッと反応してしまいました。
8月の事でしたが高島屋横浜店でルパン展があり行ってきました。アニメのセル画、絵コンテ、漫画の肉筆画等デパートの展示コーナーとは思えないお宝ばかりで大満足でした。
イタリアはルパンの人気がスゴイから写真のパネルならあっという間に売れてしまいますね。
アニメではないんですが日本では今、綾瀬はるか演じる「ひみつのアッコちゃん」(実写)が上映中です。アニメのストーリーとは違うみたいですがチャンスがあったら見たいと思ってます。
Commented by milletti_naoko at 2012-09-17 00:39
bianchi_saitohさんも、ルパンがお好きなんですね。お久しぶりです! 今になってもまだデパートで展示があるほど、ルパンが人気があるとは、うれしいです。そう言えば、イタリアでは、数年前まで平日の午後に、毎日ルパン三世の再放送があったように覚えています。

ひみつのアッコちゃんが、今になて実写で映画化というのもびっくりですが、確かに、あの頃のアニメは、夢のある良作が多かった気がします。わたしも、機会があったら、見てみたいです。
Commented by クロちゃん at 2012-09-17 05:01 x
なおこさん、おはようございます。♪
ルパンは私もテレビで良く見たアニメです。
みんなに愛される怪盗ですね~。\( ^∇^)/θ☆
そうそう、目にした時が買い時。。。
これは私も良くある経験です。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2012-09-17 05:57
クロちゃん、こんばんは。おお、クロちゃんも、ルパンをよくご覧になったんですね! ずっといいものを探していた花瓶やケーキケース、探してはいなかったけれど、かわいいので一目惚れして、買ってみたら大役立ちのキッチンタイマーなど、掘り出し物がたくさんで、うれしかったです。夫がいると、こういう家庭用品の売り場や店には長居ができないことが多いのに、ここでは女友達と一緒だったので、好きなだけいられたということも、大きいかもしれません。「思い立ったが吉日」ですよね! クロちゃん、日本時間では朝の5時にコメントされていますね。早起きですばらしい!!
Commented by ムームー at 2012-09-17 18:11 x
なおこさんこんにちは。
ルパンも大好きで良く見ていました。
お店素敵ですねぇ、私もこういうの大好きです、昔に小さな趣味の
店をしていました。
室内履き素敵ですよね、娘がいいなぁ~って話していますわぁ~
Commented by milletti_naoko at 2012-09-17 19:27
ムームーさんも、ルパンが大好きだったんですね! この記事を通して、意外と仲間の多いのが分かってうれしいです♪ ムームーさん、かわいらしい、きれいな小物がお好きで、たくさん持っていらっしゃいますが、なるほど昔お店を持たれていたんですね! 店を経営する二人は、毎年2回ミラノに出かけて、すてきな新商品を見つけたり、流行をつかんだりしているそうです。

室内履き、色と形が気に入って買ったのですが、足と体に優しい設計である上、本革でできたイタリア製なんですよ。
Commented at 2012-09-17 20:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2012-09-17 22:27
鍵コメントの方へ

わたしは長女なのですが、東京に住んでいた中学生の頃、午後5時か5時半から、平日の午後、毎日、巨人の星や新ルパン三世、ガンダムなどの再放送があったんです……というか、実際とは違うかもしれませんが、そんなふうに記憶しています。中学の頃の友人にはアニメファンが多く、この三つのアニメが好きで毎日再放送を見ている人ばかりでした。中学校の掃除の時間に、巨人の星ごっこをしたという懐かしい思い出もあります。

ウンブリアの店では、AlessiもGuzziniも同じくらい目にするような気がします。色やデザインはわたしはGuzziniの方がずっと好きで、一目惚れした商品が、買ったものにも、贈り物としていただいたものにも、たくさんあります。お優しいお言葉、ありがとうございます。マチェラータは、最近になって、マルケ側のシビッリーニ山脈の魅力を知って、また訪ねてみたいなと思っていたところです。最近は車で遠出するのも楽しくなってきましたので、ぜひいつか。よろしかったら、そのときのために、連絡先を教えてくださいませ。
Commented by Masami at 2012-09-18 05:36 x
マルケ州の小さな村ウルバーニアは、いつも何かを感じさせてくれるなおこさんのイタリアのふるさとなんですね・・。でも、こちらに語学学校があったのですか?!こちらの村を選ばれた理由は?

昔お世話になった人がだんだん高齢になるのは、何だか寂しいものがありますよね・・。でも、お世話になったお母様がお元気でいらして良かったですね♪

私も雑貨は大好きなので、
このようなお店を訪ねたら、あれもこれも買い込んでしまいそうです(笑)
Commented by milletti_naoko at 2012-09-19 01:20
まさみさん、日本でも小さい町に住んだとき、学校を訪ねたAETの先生が、「大阪や東京では、日本語で話しかけても、いつも英語で答えがかかってきたり、話す人がいなかったけれど、ここでは、お年寄りなどの町の人が、向こうから日本語で話をしてくれる。」と、うれしそうでした。イタリア留学に関する本やサイトを見ながら、イタリアでもそうらしいと思い、最初はこちらの自然の豊かな小さな村の学校で勉強しました。

お医者さんが生きているのが奇跡だと言うほどの病状だそうなのですが、和やかにほほえみ、機敏に動く姿を見て、感動しました。

まさみさんもなんですね! かわいい品やおしゃれな品や、いろんな商品がいっぱいの雑貨屋さんって、店にいて眺めるだけで楽しくなりますよね。あ、これかわいい、これは役に立つ、これはずっとほしかったんだ……と、ついついたくさん買いこんでしまいましたが、どの品も、今台所で大活躍しています♪
<< ひみつの散歩道 指の生傷 >>