アッシジと満月

 9月29日土曜日は、中秋の名月を、アッシジで眺めました。

f0234936_2343202.jpg
Luna piena & Santa Maria delle Rose, Assisi 29/9/2012

 空に雲の多い日で、

f0234936_2344069.jpg

夕食のあと、要塞、Rocca Maggioreへと向かう坂道を上っていると、

f0234936_23442080.jpg

月が雲の間に隠れたり、顔を出したり。

f0234936_23451638.jpg
Luna piena & Cattedrale di S. Rufino, Assisi 29/9/2012

 でも、そのおかげで、月の光の明るさをいっそう感じ、月が姿を現すたびに、うれしい気持ちになることができました。

f0234936_23455034.jpg

 この日は帰宅してから、すでに始まっていた『Ulisse』を見ました。この日は満月だからか、月を特集していたのですが、月が毎年、約4センチずつ地球から遠ざかりつつあると知って驚きました。阿倍仲麻呂や在原業平の眺めた月は、今よりもずっと大きく、より輝いて見えたことでしょう。

 番組では、人類初の月面着陸が達成されるまでの経緯も放送したのですが、実は、途中で重大な問題がいくつも発生して、失敗や死の可能性も高かったのに、機知と英断で、みごとに月面着陸を成し遂げたのだということを、わたしも夫も初めて知りました。

f0234936_2346510.jpg

 ちょうど最近、読みかけたまま中断していた聖フランチェスコの伝記を、再び寝しなに読み始めました。フランス語の勉強をしようと、『星の王子さま』を原書で読み始めたので、読みさしたままになり、それを忘れて、他の小説を読んでいたのです。今読んでいるところでは、聖人が修道会の運営をめぐって、他の修道士の反対や教会内の一部勢力による非難に遭い、悩み苦しむ日々を送っています。伝記の筆者が、「これは偉大な聖人となるフランチェスコに、神が与えた試練であり、この試練を通じて、後の至福に至るのだ」(うろ覚えです)と、一言添えてあって、月面着陸にしても、聖フランチェスコの人生にしても、何でも、だれでも、最初から何もかもうまく行くものではなくて、苦難に遭いながら、それを乗り越えるのであり、だからこそ、偉業が、その人生がすばらしいのだと、感じました。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-10-01 16:46 | Viaggi in Umbria | Comments(10)
Commented by ぷー at 2012-10-02 06:12 x
アッシジ、大好きです!カテドラルの横からの月が何ともいえず、綺麗ですねえ…。また行きたいなあ。
Ulisse、私も見ましたよ。理系の勉強って、学生時代はあんまり好きじゃなかったんですけど、年とともにすごく興味が湧いてきています。今なら化学だって絶対楽しいと思うのに〜〜。
地咲きのシクラメンって、優しい香りなのに、ハッキリと匂いますよね。うちのベランダにも原種のが今咲き誇っています。
Commented by yuzuko at 2012-10-02 07:33 x
闇に浮かぶ中秋の名月。
趣きがありますね~~
ちょっぴりドラキュラが出てきそうですけれど。
ステキな景色ですね~
そう言えば、友人の通う教会の神父さまは、イタリア人です。
カトリック・ミラノ外国宣教会の神父さまらしいです。
イタリアにおける信仰の深さには、深い関心を覚えます。
Commented by koba at 2012-10-02 10:00 x
イタリアでも月をめでるのですか。西日本は台風の直後で、まさか月が見れるとは思いもしなかったです。多くの人がお茶会や能を楽しまれたようです。アッシジの広い空は、平野と共に魅力的ですね。丘の上から見渡す限りですものね。
翻訳物を読むのは時間もかかるし、読み取れないところのあり完読に心掛けないと途中でやめてしまいます。原書で読まれることは、幸せなことですね。
Commented by ムームー at 2012-10-02 15:07 x
わぁ~何と美しく神秘的な月でしょうかぁ~
雲に覆われた中から真ん丸月さんがのぞいて嬉しかったです、でも
また雲に覆われました。
以前、電車の中から月が湖面を照らしていた時は、昔の人も
こうして眺めて一句詠んだのかなって感激しました。
なおこさんも阿倍仲麻呂や在原業平の眺めた月の事を思われたのですねぇ~
この建築のもとで見る満月は感激ですねぇ~
素敵です、見せていただいて嬉しい~
Commented by milletti_naoko at 2012-10-02 16:27
ぷーさん、アッシジ、いいですよね。人ごみを避けて、サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリやリーヴォトルロなど、アッシジはアッシジでも郊外の教会、聖地を訪ねることが多いのですが、久しぶりにアッシジの町を歩いて、やっぱりいいなと思いました。

『Ulisse』、わたしもこの晩は月特集とあって楽しみにしていたのですが、帰宅が遅くなったので、途中から見ました。科学を難しいものではなく、毎日の暮らしや歴史との関わりでとらえてあって、いいですよね。シクラメンがベランダにあるんですね。色鮮やかで香りもよくて、毎日ご覧になるのが楽しみですね!
Commented by oliva16 at 2012-10-02 17:25
幻想的な写真、ありがとうございます。
なおこさんのように、日本人の感性や日本語の美しさを十分大事になさっている方が海外で日本ファンを増やしてくださると頼もしいです。
Commented by milletti_naoko at 2012-10-02 21:53
Yuzukoさんはドラキュラを連想されましたか! 石造りの町の夜もなかなか風情があるのですが、あまり明かりのないところは、確かに暗いし怖くて、わたしたちも丘の上の要塞までは歩かず(行っていたら、古城の雰囲気はそれこそドラキュラのイメージだったかも)、3枚目の写真よりさらに少し先に進んだ後、中心街へと引き返しました。アッシジの町を築き上げるのに使われている石は白とピンクを貴重としているので、夜明かりに映えて、本当にきれいでした。

日本にイタリアの教会からいらしている神父さんがいるんですね! イタリアでも教会離れが進んでいますが、うちの夫の家族は、亡き伯父が司祭だったこともあり、とりわけ信仰心に厚いのですが、日本でも仏教や神教、キリスト教の敬虔な信者の方が大勢いらっしゃるように思います。
Commented by milletti_naoko at 2012-10-02 21:54
kobaさん、イタリアでは月を愛でることが、日本ほど国全体での慣習やお祭りにはなっていませんが、それでも、月、特に満月を愛でる人も多いし、月を歌った詩人もいます。台風の被害が心配ですが、通過したあと、名月を愛でながらのお茶会や能の鑑賞、本当にすてきですね。

フランス語はまだ勉強し始めたばかりなので(ただ今、怠け中…)、『星の王子さま』を何とか読み終えて、理解はできたように思えるのは、すでに日本語やイタリア語で、何度も何度も読んで、内容をよく知っているからです。ただ、日本語やイタリア語だとすらすら読むので気に留めなかった文で、フランス語では苦労しながら読むので、じっくり読んで、ああ、これはいいなと思えた箇所がいくつかありました。良書は何度読んでも発見がありますね。フランス語はイタリア語と書き言葉は共通項も多いので、会話や『星の王子さま』ではとても苦労するのですが、新聞のニュース記事はさっと読んで内容が把握できます。不思議なものです。
Commented by milletti_naoko at 2012-10-02 21:55
ムームーさん、太陽が空に昇り、沈んでいく様子もきれいですが、夜空を照らす月も、いいですよね。京都でも、満月の夜は、雲が多かったんですね! 雲が多いと、逆に、月の行方が気になるし、月が顔を出したときはうれしいですよね。湖面を照らす月はさぞかし美しかったことでしょう。

仲麻呂が遠い異郷の地で、祖国で見た月を思って歌った古歌は、よく心に浮かびます。わたしも、イタリアで、満月に限らず、月を見ながら、同じ気持ちになることが多いからです。ああ、この月は、かつて日本で眺めた月と同じ月なんだ。今も月は、夜になると、あの懐かしい場所を、かつてと同じように照らしているのかしら。業平の「月やあらぬ」の歌は、かつての恋人を思う気持ちがあふれていて、イタリアでも日本でもよく教えたのですが、わたしの好きな和歌の一つです。

アッシジで眺める名月、とってもきれいで、わたしもうれしかったです。ムームーさんと感激を共有できて、うれしいです♪
Commented by milletti_naoko at 2012-10-02 21:56
Olivaさん、ありがとうございます。月夜のアッシジもいいですよね。自分にどんなことができるか、ただいま模索中です。
<< 憎まれっ子世に憚る? 秋咲きのシクラメン >>