油断大敵

 今年の夏は、長い間雨がほとんど降らず、畑も森の木も、市民も、水不足で困っていたのですが、ペルージャでは、最近、雨の降る日が多くなりました。

f0234936_3543760.jpg

 雨が降ってしばらくは、畑がぬかるみ、踏み入れた足が土の中に沈み、靴が泥だらけになる上に、野菜も土で汚れがちになります。それで、雨の続く日には、畑に野菜を採りに行くのを避けるのですが、今日は朝から天気がよかったので、昼頃、久しぶりに、畑に出かけました。

 すでに昼食の最中だった義父母に、今採ってもいい野菜、食べ頃の野菜は何かと尋ねると、キャベツだとのことなので、キャベツを一つ収穫しました。畑はまだぬかるんでいて、足が少し地面に沈みますが、畑には、泥に汚れてもいい古い靴をはいていくので、大丈夫です。

f0234936_3545830.jpg

 畑の帰りに、ブドウ棚の前を通りかかったとき、お義母さんが、「ワイン用のブドウは収穫したけれど、果物として食べられるように、いくつか残してあるから、食べたいときに、摘んで食べなさい。」と言っていたのを、思い出しました。楽に摘み取れるように、ちょうどブドウを残してある部分に、はしごも立てかけてあります。

 おいしいぶどうを食べたいな、よし一つだけ。そう思って、ナイフを手に、ブドウを一房摘んだそのときです。何か針かトゲに刺されたような、鋭い痛みを、指に感じました。赤く小さい点はあるけれど、トゲが入り込んでいるようには見えません。鋭い痛みはその後もしばらく続き、波のように襲ってきます。義父母に告げたとき、理由が分かりました。ブドウのまわりを飛んでいたハチに刺されたようです。

f0234936_22174084.jpg

 義父母は、以前に養蜂をしていたこともあり、サラダの中や収穫時期のブドウのまわりにはスズメバチがいることも多いので、ミツバチやスズメバチに刺された経験もあり、すぐに応急手当をしてくれました。ブドウを摘むために、ブドウの後ろに回した左手の指を刺されたのは、きっとちょうどその辺りにいたハチに触ってしまったからでしょうか。かつて夫と暮らしていた森の近くの家には、ブドウの木がたくさんあって、2006年秋に、夫や義父母、友人たちと一緒にブドウを収穫したときは、ブドウの木のまわりにも、収穫したブドウの箱のまわりにも、スズメバチがたくさんいました。そんなふうに目に入れば、ハチに注意もするのですが、今日は、辺りには見かけなかったので、うっかり油断してしまいました。

 写真は、夏、水洗いしていたレタスから、出てきたスズメバチを、撮影したものです夏は暑いのを避けて、スズメバチやテントウムシが、レタスの葉の間で、涼を取ることも多いのです。(下記リンク参照)

 ちなみに、わたしが初めてハチに刺されたのは、小学生か中学生の頃です。学校のマラソン大会で走り終わり、体を冷やさないようにと、体育着の上着を頭からくぐらせたときに、激痛を感じました。痛みが治まらず、保健室に駆け込むと、保健の先生は、「それは、ハチ刺されに違いない。」と言います。先生に指示されたとおり、上着を脱ぐと、まだ中にいたハチが飛び去っていきました。

 夫に聞いて、虫刺されに効果があるというラベンダーの精油も、刺されたところに塗ってみました。昼食後はまだひどく痛んだのですが、幸い、今のところは痛みが治まっています。この数年の間に、姪っ子や義弟の奥さんが、何となく手を伸ばしたところに、たまたまハチがいて、刺されてしまったということもあります。ハチがいるということは、緑が多く、環境が汚染されていないということではありますが、刺されるとやはりつらいものです。今の時期にブドウ狩りをされる方や、緑の多いアグリトゥリズモなどを訪ねる方は、手を置く場所に、十分気をつけてくださいね。

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- レタスの中からスズメバチ / Vespa nell’insalata! (23/8/2011)
- 幸せを呼ぶサラダ / Coccinelle nell’insalata (9/8/2012)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-10-16 20:57 | Fiori Piante Animali | Comments(3)
Commented by Masami at 2012-10-17 16:09 x
蜂に刺されると暫く本当に痛いですよね~!!
私も自然が沢山残っているところで暮らしているからか、蜂と共存している感じですが、ブトウの木にも居ることは知りませんでした!!
本当に手を伸ばす時に気をつけなくてはいけませんね~。

↓大きなポルチーニを見つけられたのですね~♪
どんな風にお料理して食べられたのかしら?!
私はまだ今年はポルチーニを食べてなくて・・・
季節が終わる前には食べたいな~(笑)
Commented by milletti_naoko at 2012-10-17 16:21
まさみさんも、刺されたことがおありなんですね! 以前、たくさんのブドウを収穫したときに、ブドウが山積みの箱のまわりにも、収穫中のブドウのまわりにも、スズメバチがたくさん飛び回っていました。完全に無農薬だからということもあるかもしれないのですが、甘い香りに誘われたのでしょうか? わたしも以後は気をつけます!

このあと、夫も一つポルチーニを見つけたので、月曜の夕食に、リゾットにして、おいしく秋を味わいました。季節が終わる前に、どこかでおいしいポルチーニが食べられるといいですね。ちなみに、2年前にパルマ県・モデナ県の山を訪ねたのですが、そのときに、夏でもポルチーニがたくさん採れるという村がいくつもあって、びっくりしました。
Commented by KAZU at 2012-10-18 23:41 x
なおこさん、すっかりご無沙汰していました。いろいろとあって、なかなかこちらに伺えませんでした。私の中ではなおこさん、フランスに行ったままで(笑)以降の日記を今少しづつ読ませて頂いてます。なおこさんの明るくて前向きな生活をまた見させて頂いて、私も元気ださないとなって思います。

あっメルマガも過去のが整理されてUPされていますね。あれっ?前からありましったけ?いやいやどちらにしても、もう一度順次読ませて頂きますね。いい勉強になります。ありがとうございます。

そうそう、我が家も昨年の夏、軒先にサッカーボール大のスズメバチの巣が出来て大変でした。被害はなくて済みましたが、業者の人が来て取ってくれるまで玄関の出入りは怖かったです。刺された時は、患部を洗い流してすぐに入った毒を吸い出して、副腎皮質ホルモン剤入った抗ヒスタミン軟膏を塗るのがいいそうです。知り合いのお医者様が教えてくれました。あと、服は白い色が寄ってこないとも聞きました。なおこさん、被害が最小で良かったですね。腫れはなかったですか。


<< 夕食は秋の幸 ポルチーニ見つけた1 >>