警察から電話、不正ログインその後

 今朝、和歌山県警察サイバー犯罪対策室から電話がありました。わたしのヤフー・アカウントへの不正ログインについて、すでに捜査を始めてくださっているとのことです。日本在住でもありませんし、今のところは単なる不正ログインどまりのようなので、こんなに迅速に、日本の警察が動いて、市民の権利や治安を守ろうとしてくれていることに、感激しました。ただ、最近、日本では、他人のパソコンを乗っ取って、犯罪予告をするという事件も起きている(下記リンク参照)ため、犯人が特定できない可能性もありますとのことでした。

f0234936_19402311.jpg

 こういう恐ろしい事態を避けるためにも、ウィルス対策は欠かせないと思いました。わたしも夫もずっとノートンを使っていて、びっくりするほどマメに、自動的にウィルスをチェックしたり撃退してくれたりしています。ただ、乗っ取り犯罪の記事を読んでいて、そう言えば、この秋は、約1日、わたしのパソコンが、ノートンの保護なしだったことを思い出しました。この件については、長くなるので、また次の機会にお話します。

 パスワードは、ちょうど鍵のようなものです。ですから、わたしがしていたように、ヤフーでもアマゾンでも、エキサイトでも同じパスワードを使用するということは、家の鍵も、車のキーも、別荘の鍵も、同じ鍵で済ませてしまうということであって、一つの鍵だけで済んで便利だという利点がある反面、一度鍵を盗まれてしまうと、被害がすべてに及び、大きくなりかねないという問題があります。そして、パスワードは、わたしたち個人が使うものであるとは言え、世界中に張りめぐらされた情報網、インターネットで使われるため、どんなウィルスに、どんなハッカーに、ねらわれているとも限りません。秘密ではあっても、だれか悪意のある、しかも技術に長けただれかが、手にできる可能性のある場所にあるわけです。定期的に変えることも必要だなと、今回の件を通じて、つくづく思いました。

 おととい、不正ログインの警告メールを受け取ってから、まずはすべてのパスワードを変更したあとで、日本における不正ログインの状況や届出先を調べました。そのときに驚いたのが、実際に各機関に届けられた被害件数が、警察が観測した不正ログインの数に比べて、はるかに少ないことです。ログインだけで、実質的な被害はなかったと放っておくと、結局少しずつ不正アクセスが浸透・蔓延していって、犯罪者が、思いどおりに、わたしたちの情報を悪用し、パソコンを操作できる土壌を培ってしまうことになります。日本の警察の方は、「たとえ単なる不正ログインの報告でも、迷惑ではなく、むしろ将来の大きな犯罪や被害の防止につながるので、ありがたい」と、言ってくださいました。皆さんも、もし何かあったら、すぐに所在地を管轄する警察署、又はサイバー犯罪対策課サイバー犯罪相談窓口に通報してください。(下記リンク参照)

Grande, Polizia giapponese! Accesso abusivo sul mio account Yahoo! Japan dal Giappone - ieri ne ho scritto una email alla Polizia. Stamattina mi ha telefonato ed è già in corso l'indagine!

関連記事へのリンク
- 他人が不正ログイン (8/11/2012)

参照リンク
- ネットセキュリティニュース - パソコンを乗っ取り犯罪予告~使われたウィルスの詳細(2012/10/11)
日本における不正アクセスの届出先
- 警視庁 – 不正アクセス - ホームページ改ざん等の被害を受けた場合の措置
- IPA独立行政法人情報処理推進機構 - 不正アクセスに関する届出について

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-11-08 11:44 | Altro | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/18147296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bianchi_saitoh at 2012-11-08 22:26 x
なおこさん、「まさか自分が」はあるんですね!
そして、最近の日本のこの件に関するニュースを見ると怖いですね。PCに疎い私は余計に心配です。
知らないと怖さを実感できない➞怖いもの知らずほど危ない
の図式になってしまいます。
警察も次の段階に上がらないといけなくなったので対応がすごいですね。
Commented by milletti_naoko at 2012-11-08 23:01
bianchi_saitohさん、日本で起きている最近のニュースを知って、わたしも怖くなりました。高校で教えていた頃は、生徒の成績をパソコンに入力して、学年全体で管理していましたし、最近は銀行も手軽にオンライン決済ができるようになっていますよね。誰かが私になりすまして、とんでもないメールやブログ記事を書いたり、買い物をしたりすることも、不可能ではないわけで、便利になった分だけ、危険性も増えたのだなと感じます。ただ車の運転と同じで、自分はあまりと思っている方が、かえって慎重になって、危険度は低くなるような気もします。

日本の警察の迅速な対応には驚き、感心しました。イタリアでは、警察にせよ市役所にせよ業者にせよ、メールを書いてから、1週間後に返事が来たらいい方です。まったく返事がなかったり、半年後に返事が来たり、来たときには問題を解決するにはすでに遅かったり、あまり意味のない返事が来たりするなどということも、ありました。
Commented at 2012-11-09 06:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2012-11-09 07:34
鍵コメントの方、こんばんは。記事を拝読してコメントを書いたときには、その記事のきっかけにお友だちのことがあったとは知らなかったのですが、そうですよね、なかなかだれか身近な人の身にふりかからないと、前もってはあまり考えないことですものね。怖がりませんので、心配なさらずに。人の縁や出会いって不思議なものですね。わたしの名前は漢字なのですが、書かれた字では、柔らかい平仮名の線が好きですし、少しだけ本当の自分にベールをかけるという意味でも、ブログでは、ひらがな書きにしています。

わたしにとっても、お住まいの国は、いつかじっくりと訪ねてみたい国の一つです。いつの日か、お会いできるとうれしいです。
Commented by ムームー at 2012-11-09 10:59 x
なおこさん
こんにちは。
日本の和歌山から連絡がありましたか、迅速に
対応されたのですね。
怖さを知らないのでこうして教えて下さると
また注意できます、私もノートンを使っていますが、用心
しますわぁ。
ありがとうございます~
Commented by milletti_naoko at 2012-11-09 16:06
ムームーさん、日本の警察からさっそく電話があったと言うと、夫も義弟も、「さすが日本! イタリアの警察だったら…」と驚いていました。いろいろ調べると、ウィルス対策なしに、何かのホームページを見ただけで、感染してしまう場合、そうして、そのために、情報を盗まれるだけでなく、パソコンを遠隔操作までされてしまう可能性があると知りました。本当に怖いですね。どういたしまして。
<< 虹色の野菜とリゾット 他人が不正ログイン >>