ラヴェルナのプレゼーペ

 今日は久しぶりにラヴェルナ(la Verna)を訪ねました。例年飾られる美しいプレゼーペ(presepe)を見ようと足を運ぶと、家畜小屋には、胸に手を合わせたマリアとヨセフが、

f0234936_328832.jpg

屋根の上には天使が、そして、小屋の前には羊飼いと羊が控えていますが、幼子イエスの姿はまだありません。伝統に従って、24日の夜11過ぎに始まるミサが終わり、真夜中、25日を迎えるときに、プレゼーペにも、ようやく幼子イエスが登場することになるのでしょう。

 奥に見える夜空には、赤みがかった月が浮かんでいます。

f0234936_3282630.jpg

 フラッシュを使って撮影したこの写真では、ラクダや兵士、そうして、東方の三博士たちの姿が、よく見えます。今はまだ家畜小屋から遠くにいる三博士たちも、きっと1月6日の主顕節(Epifania)には、聖家族の前まで移動して、贈り物を献上することになるのでしょう。

f0234936_3284212.jpg

 朝からとても寒い日で、ラヴェルナを戴くペンナ山(Monte Penna)は、深い霧に包まれ、

f0234936_3285737.jpg

修道院の境内や周囲には、雪が積もっているところもありました。

f0234936_3291055.jpg

 雨が降り、先を急いでいたので、名残を惜しみながら、修道院を後にしました。


Presepe della Verna 2012

Sempre bellissimo, il presepe del Santuario. Tutti in attesa dell’arrivo di Gesù Bambino. I tre Re Magi ancora continueranno a viaggiare fino al 6 gennaio.

Oggi il Monte Penna era coperto da una nebbia fitta e sul Santuario ornato dalla neve cadeva la pioggia. Comunque sia, sono sempre suggestivi i paesaggi della Verna.


 歌声も映像もとても美しいクリスマス聖歌を見つけたので、ぜひどうぞ。『ホワイト・クリスマス』のイタリア語版です。

Ho trovato un filmato bellissimo della canzone, “Bianco Natale”. Molto belle sia l’eseguzione della canzone che le immagini.



Quel lieve tuo candor, neve, discende lieto nel mio cuor.
Nella notte santa il cuor esulta d'amor, è Natale ancor.

E viene giù dal ciel lento, un dolce canto ammaliator
che mi dice "Spera anche tu. È Natale, non soffrire più. "

Oh...oh oh oh oh

E viene giù dal ciel lento, un dolce canto ammaliator
che mi dice "Spera anche tu. È Natale, non soffrire più."

雪よ、おまえの軽やかな純白が、喜びと共に私の心に降り注ぐ。
聖なる夜、心は愛の喜びに胸を躍らせる。再びクリスマスだ。

そして、天からゆっくりと、 甘美でうっとりとする歌が聞こえ、こう呼びかける。
「希望を持ちなさい。クリスマスです、苦しむのはおやめなさい。」

Oh...oh oh oh oh

そして、天からゆっくりと、 甘美でうっとりとする歌が聞こえ、こう呼びかける。
「希望を持ちなさい。クリスマスです、苦しむのはおやめなさい。」(石井訳)


関連記事へのリンク
- 第83号 「クリスマスと歌、『Bianco Natale』、重要3000語で95%、便利なオンライン多言語辞書」
↑↑ 今回ご紹介した歌を、イタリア語の学習教材として使っていますので、興味のある方はどうぞ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-12-15 19:33 | Viaggi in Toscana | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/18262003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Masami at 2012-12-16 07:19 x
なおこさん、こんばんは♪
la Vernaのプレゼーペ重みがあっていいですね~!
本当のプレゼーペは25日になってからイエスが登場するのですね(^^)

霧に包まれた4枚目からの写真はセピア色で本当に綺麗♪
イタリア語版のホワイトクリスマスも心に深く響きました~!!
Commented by milletti_naoko at 2012-12-16 07:35
まさみさん、こんばんは♪ 以前から、見るのが楽しみなプレぜーぺのひとつなのですが、師走は慌しかったり天気が悪かったりで足が遠のくため、今年は本当に久しぶりに見ました。教会やうちでも、こだわるところは、24日が終わるまで、幼子イエスは置かないところも多いように思います。

4枚目以降の写真もフルカラーなのですが、おっしゃるように霧に覆われて、セピア色になっていますね。イタリア語版もいいですよね!! ふだんあまり考えずに歌詞を聞き流していたのですが(夫の合唱団が歌うクリスマス聖歌は多いのです)、今回、言葉を訳すために改めて読み、聴き直して、いい歌だなあと思いました。
Commented by ムームー at 2012-12-16 11:46 x
なおこさん
こんにちは。
もうプレゼーペが見られる時期になりましたね。
厳かで素晴らしいですね、こちらでクリスマスって言いますが、
詳しいことやプレゼーペがどういうものなのかわからずにいましたから。
このような厳かで祈りを捧げることを知って感激です。
いつもありがとうございます。

Commented by milletti_naoko at 2012-12-16 15:25
ムームーさん、おはようございます。イタリアのクリスマスも、アメリカ文化や商戦の影響で、世俗化・商業主義化が進んでいますが、本来的な意味としては、厳かな気持ちで迎えるという点で、日本のお正月に共通する点が多いような気がします。逆にイタリアでは大晦日・元旦はお祭り騒ぎです。大晦日に飲んで食べてはしゃぎ、新年の訪れと共に、スプマンテで乾杯し、あちこちで花火が打ち上がってにぎやかで、元旦は遅くまで床で休む人も多いのですが、例年日本の厳かな年末年始が恋しいわたしです。
Commented by KEIKO at 2012-12-16 19:18 x
なおこさんこんにちは!

ラヴェルナってどこかしら・・・・と思って、検索したらなおこさんの過去の絵日記に行き着きました。前回は夏に行かれたんですね?今回は霧と雪の中の修道院、そして美しいプレゼーぺ・・・・・いかにもイタリアならではという感じで、素敵ですね。厳かで素晴らしいです。カソリックの本場、イタリアらしい雰囲気が伝わります。

なおこさんは、今年の年末年始はイタリアで過ごされるのですね?
今年もあと二週間ですが、それまでは私は大掃除やお墓参りやお節の準備で大忙しです。そちらに勉強に行っている娘は日本の食べ物が恋しいらしくて、来週には帰ってきます。といっても、去年は元日にイタリアに帰りました。家族ゆっくりお正月気分を味わえず・・・・(汗)
やはり日本人にとってはお正月って特別ですね。


日本の建物で石造りというと、わたしの頭には姫路城などのお城が思い浮かびます。
Commented by クロちゃん at 2012-12-16 19:52 x
なおこさん、こんばんは♪
クリスマスですね~。
私もクルシマスじゃなくて希望の日にしたいと思います。(^<^)
本場の雰囲気が伝わって来ますよー。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2012-12-16 20:41
けいこさん、こんにちは! ラヴェルナは、ペルージャの我が家から、車で約1時間半のところにある、聖フランチェスコゆかりの聖地です。敬愛する聖人が愛した場所というだけではなく、山や木々などの自然が美しい上に、狩猟解禁の今の時期は、数少ない完全狩猟禁止場所のひとつなので、よく山歩きにも出かけています。

今年も年末年始はイタリアです。こちらも、クリスマスの準備や贈り物、掃除などで、慌しいです。お嬢さんがイタリアにいらっしゃるんですね! お帰りが楽しみですね。日本のお正月には心が引き締まりますよね。イタリアにいても、そういう気持ちを忘れずに、新年の抱負などを書き出してみたいと思っています。
Commented by milletti_naoko at 2012-12-16 20:48
クロちゃん、こんにちは♪ クルシマスですか。うちの夫は例年クリスマスが近づくと、贈り物や飾りつけでひたすら気が焦るらしくて、むやみにイライラします。だからと私が一人で済ませるときもあるのですが、贈る相手の大半が夫自身の血のつながった家族なので、不平を言われたり、結局最初からやり直しになることもあったりで、今年はいっしょに……と思ったら、また焦ってイライラ。わたしまで巻きこまれて、クルシマスにならないように、わたしも気をつけます! 義務感で贈るのではなく、何にしようかと楽しめたらいいと思うのですが、妙にいい贈り物をと考えすぎるだけに、ストレスも多いようです。

やっぱり歌の言うとおり、苦しむのはやめて、希望を持って、「よかった探し」をして、クリスマスや毎日を迎えたいものですね。
Commented at 2012-12-17 00:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2012-12-17 02:12
鍵コメントの方へ

今、修理中とは知りませんでした。ありがとうございます。ぜひ、いつか機会があれば!
<< 流れる滝のプレゼーぺ 復活! ピザ屋、La Cambusa >>