うたおう、きよしこのよる

 昨晩の日本語の授業では、ひらがなの定着をはかり、また、楽しく日本語を学べるようにと、導入として、『きよしこのよる』を歌いました。

f0234936_146211.jpg
Presepe della Basilica di Santa Maria degli Angeli 25/12/2010

 ますは、歌詞をひらがなで書いた学習プリントを配ります。ひらがなには自信があると手を挙げた面々に、一人少しずつ歌詞を読んでもらいます。分からなかったり、間違えたりすると、すぐにクラス仲間から助け舟が出ます。

f0234936_1462321.jpg

 この歌には古語・詩語が多いことに言及してから、今でも使われる大切な言葉を中心に押さえながら、歌詞の意味を皆で考え合います。歌の内容が分かった上で、さらに何度か一緒に、あるいは一人ずつ、歌詞を読んでみて、そのあと、二度ほど、『きよしこのよる』を日本語で歌いました。この聖歌にはイタリア語版もあり、皆がメロディーをすでに知っているという理由で選んだのですが、幸いみんな、楽しそうに歌を歌ってくれました。



 皆が自宅でも歌えるようにと、苦戦しながら、歌のビデオ映像を作成しました。この近年に、ウンブリア州の各地で見たプレゼーペの画像も、歌詞に合うものを選んで、添えてみました。ただし、四つ目の画像は、うちにある聖母子の絵画を撮影したものです。思いつきで作った上、階下には義父母が、上階には義弟夫婦が住んでいるので、大声で何度も歌の練習をするわけにもいかないため、歌も今ひとつなのですが、フォリンニョの日本語講座の生徒さんにとどまらず、日本語に興味のある人、勉強中の人の役立てばと思って、インターネットに載せてみました。

f0234936_1464479.jpg
Bravissimi!! Hanno cantato in giapponese. 1/1/2011

 日本語はまったく知らないイタリア人の子供たちと、何度も一緒に歌って歌詞を覚えさせ、大人たちの前で披露したこともあります。両親たちから拍手喝采を受けて、子供たちもそれは誇らしげでした。(下記リンク参照)

"Kiyoshi konoyoru" - versione giapponese di "Stille Nacht"

- Ieri sera ho insegnato la canzone durante la lezione, per aiutare a fare ripasso degli hiragana e ad imparare il giapponese con piacere. I miei studenti hanno cantato molto bene! Tornata a casa, per loro e per altre persone che studiano la nostra lingua, ho creato un filmato della canzone; purtroppo non l'ho registrata né ieri sera né nel gennaio 2011 quando avevo cantato insieme ai bambini, quindi la canzone registrata sembra così così, ma penso sia buona comunque come sussidio didattico. La maggior parte delle immagini sono i presepi dell'Umbria.

- Ho intenzione di scrivere un altro articolo solo con questo filmato, il testo della canzone e la sua traduzione in italiano, destinato agli apprendenti della lingua giapponese.

LINK
- きよしこのよる, “Astro del Ciel” in giapponese (19/12/2012)
↑↑ In questa pagina troverete la traduzione e le note in italiano della canzone.
- 歌い演じる元旦の夜 / Festa, canzoni e teatro di Natale (1/1/2011)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2012-12-18 17:54 | Insegnare Giapponese | Comments(6)
Commented by Masami at 2012-12-19 05:44 x
なおこさん、こんばんは♪

「きよしこのよる」の歌、お恥ずかしですが、きちんと歌詞を考えて聞いたのは今回が初めてかもしれません(^^;)
なおこさんの歌声も胸に響き、この歌詞の重みを改めで実感しました!
きっと、イタリアで暮らさなければ、きちんとこの歌詞の内容を理解せずに過ごしていただろうに、とても良いきっかけになりました♪

これから日本語を勉強する人達に良い刺激を与えられるといいですね~(^^)
Commented by KEIKO at 2012-12-19 08:28 x
なおこさんおはようございます。

最近はこのブログを朝一番に見るようになってしまいました。だって、本当に奥が深くて、おもしろいんですもの。昨日はあちこち読ませて頂くうちに、「イタリア語TPO」という、とても興味のある記事に巡り会いました。イタリア語が9種類あるなんて、初めて知りました。娘にとっても意味のあるお話です。明日の夜には日本に帰国しますから、ネットを見ながら二人で話そうと思います。

今日のなおこさんのスペシャル動画「きよしこのよる」、とても良いです。なおこさんのお声も聞けて良かった!
日本語学習の授業に、いつも、何か、工夫を施されていらっしゃること、素晴らしい先生だなあと思います。なおこさんの生徒さん達は、本当に幸せですね。
Commented by milletti_naoko at 2012-12-19 16:20
まさみさん、こんばんは。日本のクリスマスの街角では、『きよしこのよる』よりも、『ジングル・ベル』などにぎやかなアメリカから来た歌が流れることが多いですよね。わたしもうろ覚えで最後は「いとやすく」かと思ったら「夢やすく」でした。日本語訳は他にもあるのですが、自分が「みははのむねに」で覚えていた上、授業で歌うときにも、この訳詞の方が、生徒に分かりやすく、大切な言葉も多いので、この歌詞を選びました。

日本語もイタリア語もですが、わたしも人に教えるために調べていて、初めてそうだったのかと分かることがいろいろあります。クリスマスは外国から来た習慣でもあり、ひらがなの習得教材として使う人はあまりいないと思うのですが、特にヨーロッパでは、自国語でも歌われよく知られている歌なので、使えると思います。自分ひとりで日本語を勉強しているような人にも、見つけてもらえって、役に立てるとうれしいのですが。
Commented by milletti_naoko at 2012-12-19 16:30
けいこさん、おはようございます。楽しみにしていただいて、ありがとうございます。「イタリア語のTPO」は、日本に住みながら外国語を学ぶ場合でも、逆にイタリアに来てからイタリア語を学び始める場合でも、最初のうち、学ぶイタリア語に偏りがあるのは仕方がないのですが、ずっと使い続け、住み続けるなら、それでは困るので、イタリア語にもいろいろあることを知ってくださいねと思って、書いた記事です。

日本の高校で教えていた頃、新規採用教員研修と初任者研修を同時に受けられるチャンスに恵まれ、勤務校でも他の学校や教育センターでも、多くの研修の機会を得ることができました。イタリアで日本語を教えるのに役立てるという形で、恩返しができたらとも思っています。今までは、日本の高校に、イタリアの大学、日本への赴任が決まった軍人さんに軍語学学校でなど、ある意味で、「国語・日本語を学ぶ必要がある」人が対象だったのが、今回は初めて、社会人で自分の意志で、お金を払って日本語を勉強しようという人たちが相手です。それだけに、楽しくて学びが多い授業になるように、わたしもなおさら頑張るつもりです。
Commented by oliva16 at 2012-12-19 20:14
なおこさん、初めてお声を聞きました。ブログから感じ取れる誠実なお人柄そのままの声ですね。教えること、学ぶことが大好きなんだな―と思います。私もいろいろなところで、なおこさんのブログを紹介しようと思います!!
Commented by milletti_naoko at 2012-12-19 20:30
Olivaさん、あらそんな、おほめの言葉をありがとうございます。後について歌いやすいように、わたしにとっては低めの声で歌ったこともあり、メロディーと歌は今ひとつですが、いい学習教材にはなると思います。お優しい言葉をありがとうございます。
<< きよしこのよる, “Astro... 今日のお天気 >>