こんな症状蔓延中

 昨日帰宅してから、車酔いのような症状が続き、ふだんなら食べ過ぎや吐き気の強い味方の赤玉神教丸やしょうが湯さえ、胃が受けつけず、熱は37.5度前後で、高くはないのですが、ひどい吐き気と不快感があります。

f0234936_08023.jpg

 最近は、家族や親戚、友人たちとの会食が相次ぎ、食べ過ぎないように気をつけてはいるものの、胃にはかなり負担をかけていました。昨日は、昼食のあと、カーブの多い山道を通って帰宅したため、最初は、気分が悪いのは、食べすぎと車酔いのためだろうと思っていました。

f0234936_081719.jpg

 それが、昨夜の薬も今朝のしょうが湯も、胃が受けつけないと分かり、これは大変と、かかりつけの医師の診療所に行きました。サンタ・ルチーアの診療所は、同じ建物内に薬局があって、とても便利です。

 クリスマス前からはやっているウィルスが原因だろうとのことで、医師はインフルエンザという言葉を使っていましたが、イタリア語で言うinfluenza intestinaleは、日本の嘔吐下痢症に相応するのではないかと思います。ふつうのインフルエンザよりに比べて、治るまでに日数がかかると聞いたのですが、もっとこわい病気だったらどうしようと思っていたわたしは、ほっとしました。休み明けは患者が多いことを予想してはいましたが、1時間半近く待ちましたが、その間は、フランス語ポケット旅行会話集で勉強しました。待っている間に、午後1時を過ぎたので、薬局が閉まってしまうと心配していたのですが、幸い、この薬局は、昼食時の閉店のないorario continuatoで、助かりました。

f0234936_083994.jpg

 処方してもらったのは、こちらの薬です。薬も吐いてしまったらどうしようと心配するわたしに、医師は、「ごく少量のぬるま湯で飲むように。飲んでから1時間から1時間半後には、食べても大丈夫。冷たすぎるものや、熱すぎるものは避けた方がいい。」と助言をくれました。帰ってから、まずは薬を飲み、いろいろ情報を調べてみると、クリスマス前後に、このウィルスに感染する人が最も多くなるだろうという記事があり、また、予想はしていましたが、できるだけ固形物は避けて食べるようにということです。指示に従い、薬を飲んだ1時間半後に、豆腐をかなり細かく刻んで味噌汁を作り、冷ましてから食べました。

 こんなことを記事にするのもどうかなと思いつつ、ひょっとして同じような症状が出て、心配になった際に役に立てばと、書いてみました。新年早々困ったことにはなりましたが、昨日の昼まで、食事や年末年始の会合を、元気に楽しむことができたことに、感謝しています。

LINK
- 嘔吐下痢症 ノロウイルス どうすればいい?
↑↑ 副題に「小児の嘔吐下痢症について」とありますが、解説が詳しく、大人にも役立ちます。
- Salute33 – Curare l’influenza intestinale

*追記(2013年1月15日)
 今朝、次の記事で、主に食べ物や水、道具や食事用ナプキンを通じて感染し、1~3日後に発症するとあるのを読んで、大晦日の夕食会で、わたし以外に感染した人が誰もいないらしいこともあり、12月29日に食べた中華料理店の料理が原因かなと疑い始めました。食べたら、ごはんの部分が干からびかけていた、マグロの握り寿司があって、食べたあとで、これは食べない方がいいと他の人には勧めたので、あの寿司が原因かも……?

- Benessere blog.it – Sintomi della gastroenterite virale, cause e cure migliori (14/1/2013)


Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-01-03 00:23 | Altro | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/18313609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazu at 2013-01-03 02:12 x
なおこさん、明けましておめでとうございます。12月31日に無事帰国しました。今回は移動が多かったので随分と疲れましたが、でもそれなりに充実した旅が出来ました。いろいろとご心配頂きありがとうございました。ところで、風邪ですか。こちらでもノロウィルスによる感染性胃腸炎がはやっています。友人も最初は食べ過ぎかと思ったそうですが、なかなか症状が改善せず病院に行ってそう診断されました。しっかりと養生なさって下さいね。

それと、イタリアの単語3000語のお話、ほんとに身にしみて思います。こちらでは重要単語2000語と言われていて、それもままならないのにプラス1000語~あーと思いましたが、旅行会話でも沢山単語を知っているにこしたことはなく、それだけでも言われる意味は理解できるということを身を以て思います。そして学習に簡単な道はないこともその通りだと気持ちがひきしまります。今年もなおこさんからいろいろと学ばせていただきたく、よろしくお願い致します。
Commented by Delfino at 2013-01-03 03:38 x
なおこさん、あけましておめでとうございます☆
あ~、気の毒に。今日は体調いかがですか~?
昔、アメリカの薬を飲んでききすぎて、えらい目にあってから、医師がだしてくれても海外の薬を飲むのが怖くなってしまいました。
特に当たり外れがあるイタリアの医者だけに(笑)

先日の外国語の上達の極意、おっしゃる通り!と読み進めながら都度都度感じました。
今は、自分の目標と現在の差が大きすぎて、苦しんでおりますが、やはり、語学はこつこつと具体的な目標の積み重ねだなぁと思います。

なおこさん、ゆっくりやすんで、どうぞお大事にしてくださいね。
Commented by ぴかろ at 2013-01-03 13:02 x
こんにちは!
わぁ…ひどくしんどそうです。お大事になさってください。

イタリアでは、インフルエンザウィルスが原因でなくてもinfluenzaなんですね!これは複雑。日本みたいに、インフルエンザと診断されると発症後5日間学校行っちゃだめ、みたいなことはなくて熱インフルエンザ、とか胃腸インフルエンザ、とか喉インフルエンザ、っていう分類なんでしょうか。
あー、早くその辺まで勉強できるようになりたいです!

あと、掲載していらっしゃる写真のシートが気になりました…。
1日3回×10日分=30錠シートなのでしょうか?分かりやすくデザインされているんですねー。初めてみました!

コメントの承認とかお返事とか気にせずゆっくり休んでください。
なおこさんが完全復活されてまた美味しいお写真たくさん載せてくれるのをゆっくりお待ちしております。
Commented by Masami at 2013-01-03 18:44 x
なおこさん、かなりの吐き気とは、相当お辛かったでしょうね・・。もう随分よくなりましたか?でも、病名が分かるとホッとしますよね!これからの長い冬にこいうったインフルエンザがこちらでも流行るかもしれませんし、とても参考になりました!どうぞお大事になさって下さいね♪
Commented by milletti_naoko at 2013-01-03 19:43
かずさん、明けましておめでとうございます。年末に帰国されたんですね! 充実した旅を楽しむことができたようで、何よりです。次回はぜひペルージャにも♪ ありがとうございます。薬のおかげか、時間が経過したからか、今朝はだいぶ楽になりました。特に固形のものがあまり食べられないので、パネットーネにも手が伸びず、ダイエットのいい機会になるかもしれません。

たとえば今回利用されたホテルや訪ねられた場所のイタリア語版のページを見ると、すでに内容も分かっているので、理解がしやすいし、旅行でよく使われる単語も身につくのではないかと思います。単語帳で覚えるのではなく、いろいろ接するイタリア語の中から、よく出てくるものや重要なもの(辞書で太字、赤字)に重点を置いて、意識して身につけていくことが大切だと思います。

こちらこそ、かずさんのおかげで、これまで訪ねたことのなかったアッシジの聖地やレストランを訪ねることができました。こちらこそよろしくお願い申し上げます。
Commented by milletti_naoko at 2013-01-03 19:49
Delfinoさん、明けましておめでとうございます。ありがとうございます。今朝はかなり楽になったので、留守の間にたまった家事の片づけに着手しました。わたしも初めてイタリアの酔い止め薬を飲んだときは、効きすぎて、散歩中にひどい眠気に襲われて困りました。

英語と違って、イタリア語の場合は、学校で勉強したわけでもなければ、接する機会が少ないので、向上には時間と根気が必要になりますが、英語をものにされたDelfinoさんですもの、きっとイタリア語もそのうち思うように使いこなせるようになりますよ。

ありがとうございます。無理はせずに、養生するつもりでいます。
Commented by milletti_naoko at 2013-01-03 19:54
ぴかろさん、こんにちは。ありがとうございます。そうなんです。同じ病気でも、日本ではインフルエンザと呼ばず、イタリアではinfluenzaという言葉を使うのがおもしろいなと思いました。シートは30錠ですが、1日に飲む数は、症状の軽度によってかなり違うので(1度に1,2錠。1日に3度か4度)、回数ごとにシートが分けられているわけではないと思うのですが、確かに1枚にすべての錠剤が収まっているので、自分がどれだけ飲んだかが分かりやすいですね。
Commented by milletti_naoko at 2013-01-03 19:56
ムームーさん、あけましておめでとうございます。こちらこそ、今年もよろしくお願い申し上げます。すてきな風景をたくさん見られてうれしかったです。ウィルスには参りましたが、症状が出たのがうちに帰ってからで助かりました。ありがとうございます。日本でもはやっているんですね!
Commented by milletti_naoko at 2013-01-03 20:01
まさみさん、ありがとうございます。診療所の待合室には、明らかに風邪、あるいはインフルエンザで声が枯れている人が何人かいて、クリスマスの会合の多いこの時期は、インフルエンザも嘔吐下痢症も特にはやりやすいようです。特に外出先から帰ったときに、こまめに手を洗うことと、外出先でやたらめったら手すりやなにかに手を触れないことで、ある程度は感染を防げるのではないかと思います。学校ではやると、自分だけ元気でいるのはひどく難しいと思うのですが…… どうかくれぐれもご用心くださいませ。
Commented by KEIKO at 2013-01-04 23:14 x
なおこさんこんにちは。

なおこさん、昨日は酷い目に遭われてたんですね!!ペルージャに帰る娘を、空港まで送ったりしていて、PCをひらく時間が無くて、今日初めてなおこさんが大変だったことを知りました。今日は、少しは良くなられましたか?本当にお気の毒に・・・・・クリスマスシーズンにインフルエンザがはやるなんて、酷いですよね

信頼できるお医者様と、自分の身体に合うお薬って、本当に外国では難しいんですね。娘も、帰ってきたら、歯医者さんには必ず行きますし、初めてイタリアに行った年は、ずっと、皮膚の痒みに悩まされて、本当にかわいそうでしたが、結局、次に帰国するまで病院にも行かずに、我慢しました。腹痛には、私も富山の置き薬の「赤玉」をたくさんもたせています。

イタリアの病院には絶対行きたくないと言っていますが、不安なんですね。言葉のことや、お薬の合う、合わないのこと、お医者さんや看護師さんとの相性のこと、。。。。。いろいろありますね。
なおこさん、どうかお体をゆっくり休めて上げて下さいね。お大事に。
Commented by milletti_naoko at 2013-01-04 23:59
けいこさん、こんにちは。ご親切にありがとうございます。薬と休養のおかげで、かなり楽になりました。皮膚のかゆみは大変でしたね、こちらでもアレルギーや腰痛など、これは日本でも同じでしょうが、あちこち病院を変えても、なかなか原因が分からないことがあるようです。薬はこちらのものは強いので、やはり慣れた日本のものが安心ですよね。

ありがとうございます。お嬢さんも、お優しいご家族と共に過ごした後、また志気を新たにして、ペルージャに戻られることでしょうね。
<< おすすめ小論&語学検定対策 Buon Anno 2013 >>