天使の社のプレゼーペ

 1月6日の午後は、アッシジ郊外にあるサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会に、世界のプレぜーぺ展(Mostra internazionale di Presepi)を見に行きました。会場を後にして、駐車場に向かうとき、ふり返ると、教会が、いつにもまして美しく見えました。

f0234936_2339335.jpg
Basilica di Santa Maria degli Angeli, Assisi 6/1/2013 17.05

 黄昏の空の下、彗星や天使、聖母の後光のイルミネーションに照らされ、後方のクーポラは、霧に包まれています。

f0234936_2339545.jpg

 毎年、世界各国から来た特徴のあるプレゼーペを見るのを楽しみにしているのですが、今年は、背景に、プレゼーペを作った国の風景の写真パネルが添えてありました。これは、ガーナ(Ghana)のプレゼーペで、製作者の写真もあります。

f0234936_23402852.jpg

 こちらは、アルゼンチン(Argentina)の作品です。写真のおかげで、プレゼーペが作られた、遠い見知らぬ国の様子がわかって、興味深いです。

f0234936_23405595.jpg

 キルギスタン(Kyrgyzstan)のプレゼーペは、これまでにも見たことがあったのですが、今年は写真のおかげで、キルギスタンの家の造りが、プレゼーペに反映されていたことが分かりました。

f0234936_23411730.jpg

 こちらは、折り紙で作られた日本(Giappone)のプレゼーペです。おととしの作品の、登場人物などの並べ方が違うだけのようですが、今年の方が、ロバと牛らしき動物がよく見え、光や衣装の配色も、ずっときれいだという印象を受けました。

f0234936_23413963.jpg

 プッリャ(Puglia)のプレゼーペも、アルベロベッロのトゥルッリ(Trulli di Alberobello)を、うまく再現していて、かわいらしかったです。

f0234936_234282.jpg

 イルミネーションに照らし出された回廊は、とても風情があって、そういう眺めも楽しみむことができました。

Basilica di Santa Maria degli Angeli 6/1/2013

- Fascino particolare con le illuminazioni di angeli & stelle

- Mostra Internazionale dei Presepi
--Questo anno i presepi sono accompagnati spesso dalle foto dei Paesi; più curiosi e si capisce meglio perché diversi presepi siano costruiti in un certo modo.
-- Foto dei Presepi del Ghana, Argentina, Kyrgyzstan, Puglia (con Trulli di Alberobello)

La Mostra è fino al 13 gennaio. Nel pomeriggio del giorno festivo potete incontrare una (un?) mitica Frate-Befana e i frati vi offrono il the caldo :-))

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- アッシジを歩く1~ポルツィウンコラ / Basilica di Santa Maria degli Angeli, Porziuncola (27/4/2011)
↑↑ サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会について詳しく説明。
- 聖母受胎を祝うミサ、アッシジ / Immacolata Concezione
↑↑ サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会の名の由来などを説明。
- 世界のプレゼーペ / Presepi del mondo, Porziuncola (25/12/2010)
- Assisi ofm – Natale alla Porziuncola 2012

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-01-09 15:43 | Feste & eventi | Comments(10)
Commented by KEIKO at 2013-01-10 00:08 x
なおこさんこんばんは。もうすっかり回復なさったんですね。良かったです!

「アッシジ郊外にあるサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会」ですね。

なんて素敵なんでしょう!!なおこさんは、そこまで車でちょっとドライブ。。。。で行ける距離なんですね。羨ましいです。特に夕方の教会は、何とも言えず風情がありますね。いつもななおこさんが写して見せて下さる素晴らしい写真にため息が出ます。いつか本当に自分の目で見てみたいです。美しい写真をありがとうございました。
Commented by milletti_naoko at 2013-01-10 03:09
けいこさん、サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会は、ペルージャからは電車やバスでも行けるんですよ。いつかお嬢さんと一緒に、ぜひ訪ねてみてください。こちらこそ、いつもお優しいコメントをありがとうございます。
Commented by ムームー at 2013-01-10 18:44 x
なおこさんもうお加減はよろしいのですね、良かったです~♪
プレゼーペをこちらで見せていただけて今まで以上に興味を持ちました。
お国によって飾り方や受け止め方も違うことにも感動
します、お知り合いになれて色々教えていただけて幸せです~♪
知らないことばかりですの。
夫もおかげ様で今日退院いたしました。
また抗がん剤で入院になりますが、つかの間の家族一緒を
楽しみます。
いつも優しい言葉をかけて下さって嬉しいです。
Commented by milletti_naoko at 2013-01-10 22:09
ムームーさん、すっかり元気になりました。ありがとうございます。同じものでも、国の文化によって、材料や作り方がかなり違ってくるので、おもしろいですよね。

だんなさんが少しでも退院できて、本当によかったですね。ご家族のだんらんを十分に楽しんでください。こちらこそ、いつもありがとうございます。
Commented by fusello at 2013-01-10 23:42
naokoさん、こんばんは☆
写真付きのプレゼーペ、いいアイディアですね。
アルベロベッロのトゥルッリ、本物の石で作られているのかしら? 可愛いですね♪
それからプレゼーペとプレゼーピの違いは何かあるのでしょうか?
Commented by milletti_naoko at 2013-01-11 00:02
Fuselloさん、こんにちは。素材が何かは気にしていませんでした。もし来年度も展示されていたら、じっくり観察してみますね。

我が家では家族全員がプレゼーペ(presepe)と呼ぶのですが、presepioという名前も広く浸透しています。単数形は、こんなふうに形が違うのに、どちらも複数形になると同形で、presepiとなるから、おもしろいですよね。
Commented by kazu at 2013-01-11 00:14 x
なおこさん、こんばんは。あーなんか懐かしいです。この教会を訪ねたのはもう二年も前になるのですね。なおこさんとこうしてお話をさせて頂いているからついこの間のような気がしていますが、時間は早く流れますね。プレゼーピオ一昨年見たとき、日本のは少し寂しい感じがしましたが、毎年同じモノが飾られているのでしょうか。それにしても写真が綺麗ですね。バランスもとてもいいし、素敵です。やはり写真は全部なおこさんが撮られるのですか。
Commented by yamaguchi at 2013-01-11 00:53 x
こんばんは。 yamaguchi(旧calcio)です。 

アッシジ、郊外にも教会があったんですね。 私は聖フランチェスコ大聖堂のほうには行った事があります。 中にも入れました。

普段は、ペルージャで暮らしていた時も、宗教と言うものを格段に意識する事は無かったんですが、アッシジでは、うまく言えないんですが「キリスト教なんだ。キリスト教がここに存在するんだ。」ということを肌で実感しました。



Commented by milletti_naoko at 2013-01-11 16:43
かずさん、おはようございます。わたしも前回見たときは、日本のプレゼーペは今ひとつだなと思ったのですが、今回は、少し背景や配置が違うだけなのに、なかなかすてきに見えました。サンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ内には、世界各国およびイタリア各地の多数のプレゼーペがあって、毎年その一部を展示しているのではないかと思います。同じプレゼーペを見かけることも多いのですが、昨年あったのにないなというものもいくつかあります。今年は、展示に一工夫凝らしてあって、例年に比べて、さらに見がいがありました。

ありがとうございます。カメラはわたしが買ったものなので、わたしが撮るときの方が圧倒的に多く、今回の写真はすべてわたしが撮影したものです。夫はもうずいぶん長い間、「理想のカメラ」を探して、あちこちの店を訪ねているところです。
Commented by milletti_naoko at 2013-01-11 16:53
Yamaguchiさん、おはようございます。ジョットのフレスコ画もあり、芸術的に見がいのあるのは聖フランチェスコ大聖堂の方ですが、大聖堂は聖人の死後にカトリック教会や教皇の意向で建築されたもので、このサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会こそが、聖フランチェスコ自身が最も愛した場所であり、聖人が祈りを捧げ、仲間たちと暮らした小さな礼拝堂を含んでいます。鉄道のアッシジ駅に近い平地にあります。

イタリアでも世界でもことさら慕われる聖人のふるさととあって、やっぱりアッシジには何か心の奥を打つものがあるなとは、わたしも思います。聖フランチェスコにはゆかりの伝説も多く、各地を歩いて回っている点も、日本の弘法大師に似ている点が多い気がします。アッシジと高野町にも共通点が多いので、姉妹都市なのもなるほどなという気がします。
<< フランス語1000時間 ベファーナに2度びっくり >>