大雨と雪とレンガと

 ペルージャからテッツィオ山を登り、ミジャーナに向かっていくと、標高が上がるにつれて、雨が雪に変わりました。

f0234936_23344890.jpg
Migiana di Monte Tezio 5/12/2012

 舞い落ちる雪とみぞれが、ミジャーナにうっすらと雪化粧をほどこしたのは、昨年の12月5日のことです。(下記リンク参照)

f0234936_2335873.jpg
5/12/2012

 凍えるような寒さの中、水道工事の職人さんたちは、黙々と作業を続けていきます。まずは、床をすべて覆いつくし、

f0234936_23352557.jpg
7/12/2012

その上から、床下暖房のために、温水が通る配管を設置し、

f0234936_2335456.jpg
10/12/2012

さらに、その上を網で覆いました。

f0234936_2336354.jpg
16/1/2013

 この一連の作業を、極寒の中で行うことになったのは、床に敷くレンガを注文していた業者が、11月半ばにイタリア中部を襲った水害で、1メートルの浸水に遭い、11月下旬だったはずのレンガの完成が、12月上旬になったからです。水道工事の業者が、配管作業を床のレンガを敷く直前に行うと言っていたのは、配管を凍結から守るためです。ところが、温水の配管がようやく終わり、床のレンガが届いた頃から、ペルージャの気温が氷点下以下になる日が続いたため、夫は気温が上がるまでと作業を延期。レンガ敷きの職人は、ならば作業はクリスマス休暇明けに始めるとのこと。

f0234936_23362742.jpg

 と言っても、クリスマス休暇明けの1月7日に電話をすると、「来週から」との返事で、結局、床のレンガを敷く作業が始まったのは、昨日、1月15日火曜日になってからのことでした。本当は月曜日に来るはずだったので、夫は有給休暇を取って、早朝から寒い中、ミジャーナで職人たちを待っていたのですが、連絡もなしに、2時間待ちぼうけを食らって、大憤慨。オルヴィエートからペルージャに向かう途中で、大雨に遭い、これでは作業はできぬと引き返したそうですが、それにしても、電話連絡はすべきでしょう。

f0234936_23364534.jpg

 というわけで、温水の配管から1か月以上経って、昨日ようやく、床にレンガを敷く作業が始まりました。ひどく寒い上に、昨日は雨が、今日は雪が時々降るのですが、そんな中、職人たちはセメント作りを、夫は、廊下とトイレ用に、長方形のレンガを半分に切断して、正方形にする作業を、外で行いました。

f0234936_23365912.jpg

 少し不ぞろいになったけれどと夫は言いますが、そうやって、夫が苦労しながら、時には、指にも切り傷が入りながら、一生懸命に切ったレンガは、とてもきれいに、廊下やトイレの床を飾っています。

 昨日、朝7時半に家を出た夫が、一度だけ昼食に家に戻り、再びミジャーナで仕事を見守り、帰宅したのは午後7時頃です。わたしには、寒いし天気が悪いから家にいるように言い、今日も昼食のあと、再びミジャーナに戻りました。寒いし天気もひどく悪いので、職人さんも夫も、本当にご苦労さまです。大掃除も日本語の授業の準備も、ようやく片がついてきたので、今日は、おいしいトルコロを焼いて、疲れて帰って来るであろう夫を出迎えるつもりです。

Finalmente i mattoni coprono i tubi di riscaldamento a pavimento con più di un mese di ritardo. (← Prima l'alluvione, poi il gelo, le festività natalizie e la pioggia...)

- Ieri mio marito ha lavorato, creando i mattonelli quadrati per i pavimenti di corridoi e bagni.
- I pavimentisti e mio marito lavorano nonostante questo freddo e la neve. Otsukaresama!

LINK
- 初雪こんこん / La prima neve su Migiana di Monte Tezio (5/12/2013)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-01-16 15:39 | Altro | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/18354332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kazu at 2013-01-17 17:03 x
なおこさん、こんにちは。ミジャーナのおうち、少しづつ出来上がっていきますね。床下暖房なんていいなぁ。大理石なんかの床は清潔でいいのですが、冬は足元が冷えて心底寒いということを今回モンテロッソのホテルでいやというほど知りました。日本の家屋は「夏を旨として作るべし」と言いますが、ミジャーナのお家のように私は冬対策がいいです。ミジャーナは夏は涼しそうだし、おうちの作りもいいですものね。出来上がっていくのが自分のことのようにワクワクします。

それにしてもご主人様は器用な方でおられるのですね。れんがをこんなに綺麗に切断されるなんて。そして温かなお食事を作られて待っておられるなおこさんも素敵な女性だと気持ちが温かくなりました。
Commented by milletti_naoko at 2013-01-17 18:35
かずさん、こんにちは。ホテルで寒い思いをされたとは、大変でしたね。そうそう、イタリアの家は、他のヨーロッパ諸国に比べて、暖房効率が悪いのだという記事を時々見かけます。冬は寒いイタリアの室内に慣れているので、昨年6月のパリで、外はひどく寒いのに、屋内が、学校でもステイ先の家でも、とても暖かいのでびっくりしました。床下暖房は、設置には非常にお金がかかるのですが、あとは暖房費がかなり安くなるし、話を聞くと、床下暖房の家に住む人はこぞって、足元から温まる暖房に満足しているようです。と言っても、プロパンガスを使うと、ただでさえ高い料金が倍になると言う人もいるのですが、薪をくべる暖炉かストーブの火力も、床下暖房やシャワーなどの温水の加熱に利用する予定でいます。夫も自分自身がこうして手をかけることで、家への愛着が深まっていることでしょう。お優しい言葉をありがとうございます。
Commented by Delfino at 2013-01-17 21:26 x
だんだんできてきましたね。どんな家具を置こうとか、これからもっと楽しくなってきますね。
それにしてもダンナ様も作業の方も、寒い中体力的に辛いでしょうに、良く働かれてますね。
私はてっきり日本のように、家は業者に頼むものだと思っていましたが、イタリアでは自分でもやるんですね。とはいってもイタリア人みんながこういうことができるわけじゃないと思うので、やっぱりダンナ様、すごいです。
Commented by milletti_naoko at 2013-01-17 23:05
Delfinoさん、業者とは話がついていたはずなのですが、現場で作業をする人から、「ぼくらが切断作業をするなら、割り増し料金がかかる」と言われて、作業の監督だけするつもりだった夫も、レンガの切断をすることになったようです。わたしも大変だろうなと思うのですが、夫は、職場で机やコンピュータに向かうより、体を動かすこういう仕事の方が好きだと言っていました。最終日の今日も、何とか天気が持って、床レンガ敷き(と言っても、予算が足りないのもあって、暖房も床も1階はまだまったく作業を始めていません)が無事に終わりそうです。1月下旬から2月にかけては大雪や凍結の恐れも大きかったので、ひとまずはほっとしました。

改築はうちも業者に頼んでいるのですが、業者だけに任せておけないので、しばしば足を運んでいます。そう言えば、友人のフランコは、3年間かけて、時々は業者にも頼みながら、自分の腕で家を建てたんですよ。
<< 歯医者と神父とクリスマス 修道院の緑を歩く >>