空映す湖水のほとり

 昨日の午後、トラジメーノ湖を訪ねると、波のない穏やかな湖水が、空に浮かぶ雲を、鏡のように映し出して、幻想的で、美しい姿を見せてくれました。

f0234936_21161358.jpg
Lago Trasimeno & Isola Maggiore, Passignano 12/2/2013 15.51

 トラジメーノ湖の水面は、天気や時刻、風・波の有無によって、青、緑、水色、赤、ピンクと、色が変わります。

f0234936_21163959.jpg

 昨日は、空と湖が、静かに向かい合い、湖水が天空をそのまま映し出して、ことさらにきれいでした。

f0234936_21165543.jpg

 昨日のペルージャは、朝から気持ちのいい青空が広がっていました。それで、昼食後、散歩をしようと、湖に向かったのですが、まずは、こちらのパッシンニャーノ(Passignano)を訪ねて、

f0234936_21171791.jpg

湖の水位を確認しました。理想の水位まで、あと61cm。秋から、もう80cmも水位が上がりました。

f0234936_21174364.jpg

 桟橋の近くから、遠くを見やり、向こうに見える葦(canna)の生い茂る岸辺が、散歩にうってつけだという話になり、車で、この岸辺を目指しました。

f0234936_21181436.jpg
12/2/2013 16.17

 この線路の下を通る道をくぐれば、湖畔まで出られそうだと、近くのバールの前に車を置いて、歩いて行きました。

f0234936_21183334.jpg

 まっすぐ進むと、草木の間から湖が見えたのですが、この辺りには、散歩道はありません。

f0234936_21184615.jpg
12/2/2013 16.40

 そこで、少し湖からは離れるのですが、線路の手前を走る、サイクリング用の道を歩いて行きました。道と湖の間には、広い私有地や家、木々があり、遠くにわずかに見える湖を、時々左手に確認しながら歩いて行くと、やがて、こんなふうに、湖に向かって、突き出した木の歩道がありました。

f0234936_211944.jpg

 この遊歩道は、湖を眺めたり、水草の間に棲む水鳥を観察したりするために設置されたのだと思います。残念ながら、葦が高く生い茂っているため、湖はその間から、かろうじて少し見えるだけでした。

f0234936_21192337.jpg

 線路に沿って歩く間に、進行方向が違う電車が、2台通り過ぎていきました。

f0234936_2119408.jpg

 歩くうちに、トラジメーノ湖に流れ込む小川にも出会いました。湖は相変わらず、遠くにわずかに見えるだけです。

f0234936_21195578.jpg
12/2/2013 17.22

 歩き続ければ、そのうち道が湖に近づくのではないかと期待しながら歩いていたのですが、湖は近づかず、日が傾いてきたので、この辺りまで歩いたあと、元来た道を引き返すことにしました。

f0234936_2120159.jpg

 歩きながら、時々振り返って、茜色に染まっていく西の空を眺めます。

f0234936_21203035.jpg

 帰り道に、夫の関心を引いたこの教会を訪ねようと考えたのですが、閉まっていました。

f0234936_21204562.jpg
12/2/2013 17.54

 駐車場に戻ると、午後5時45分。ペルージャに向かって走る車から見えた湖が、茜色に染まる空を映して、それはきれいに見えました。

Nuvole, sole, tramonto - ieri il Lago Trasimeno rispecchiava lo spettacolo del cielo!

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-02-13 13:21 | Viaggi in Umbria | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/18600581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ムームー at 2013-02-14 09:51 x
なおこさん
おはようございます。
美しく神秘的な景色が広がりますねぇ、同じ空も見る場所に
よってこんなに詩情豊かな雰囲気ですね。
ぐんぐんと引き寄せられる景色になおこさんの言葉が
合わさって素敵です~
いつもありがとうございます。
Commented by kazu at 2013-02-14 19:52 x
なおこさん、こんばんは。この湖の名前を聞く度に、サンドイッチ、って思ってしまいます(笑)静かな落ち着く湖のようですね。何年か前にオルビエートを訪ねた時にボルセーナ湖まで足を延ばしましたが、似ている感じがしてなおこさんが話題にしてくださるたびに、懐かしい感じがします。列車が走っているということは、ローマから乗り継ぎながらでも行けるということでしょうか。ご主人様が気になられたという教会、やはり、このあたりだとフランチェスコの足跡があるのでしょうね。
Commented by とすかーな at 2013-02-16 17:20 x
わぁ~、キレイな景色!!直接みたら、もっと美しいんでしょうね~。
自然が身近にあるのって良いですよね。
水位をみるところが、四季のうつりかわりを長期でゆったり楽しんでいる感じがして、ステキです。
Commented by milletti_naoko at 2013-02-17 02:11
ムームーさん、こんにちは。こんなにきれいに湖面が空を映しているのを見たのは初めてで、感動しました♪ ムームーさん、こちらこそいつも、お優しいコメントをありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2013-02-17 02:16
かずさん、こんにちは。ボルセーナ湖もきれいですよね。海のないウンブリアでは、イタリア中部一大きいトラジメーノは、地元の人の自慢の湖であり、憩いの湖でもあります。トラジメーノ湖に浮かぶマッジョーレ島では、聖フランチェスコが四旬節の40日間を過ごしたことがあり、聖人にゆかりの泉や、床代わりにしたという岩もあるんですよ。フィレンツェから、あるいはペルージャからは、直行便もあるし、電車を乗り換えなければいけない場合もありますが、ちょうど電車が湖のそばを通る区間があります。
Commented by milletti_naoko at 2013-02-17 02:18
とすかーなさん、いつかいらしたときには、一緒にフェリーで島を訪ねて、湖を散歩したあと、おいしい魚料理を食べましょう♪ 水位は、トラジメーノ湖は本来あるべき水位より、あまりにも低くなっているため、夏は、フェリーが運航に苦労する上、帆船は岸から出発できなかったり、島に近づけなかったりして、低すぎることが大問題になっているのです。
Commented by fusello at 2013-02-17 07:52
naokoさん、おはようございます。
この記事のコメント、誤って扉は右開き左開きのコメント欄に書き込んで送信してしまいました。
たいへん失礼致しました。何処でどう間違ったのか、あわて者の私を笑って見逃して下さいませ。
Commented by milletti_naoko at 2013-02-17 08:23
Fuselloさん、お気になさらずに。いろんな記事を読んでくださっていることが分かって、うれしいです。
<< 聖なる渓谷を訪ねて 花粉症の足音と薬草療法 >>