週末は山を越え

 3月16日土曜日は、昼食のあと、アドリア海岸はリミニまで、車で出かけました。頂上からも雪がすっかり姿を消したテッツィオ山(Monte Tezio)の前を通ると、

f0234936_2051134.jpg

麦畑(campo di grano)の緑が目に鮮やかです。

f0234936_20513132.jpg

 無料高速道路をサンセポルクロで下り、アッペンニーニ山脈を登っていくと、テベレ川の水を堰きとめた人工湖、モンテドッリョ湖(Lago di Montedoglio)が見えてきます。2010年10月の堤防決壊以後、満水となる基準となる水位が下がり、雨が少なかった昨夏はすっかり小さくなっていた湖が、この冬の間に降った雨のおかげで、豊かな水をたたえて、きれいに見えます。

f0234936_2051516.jpg

 山の上には、まだ雪が残っています。浅い上に、真っ白できれいなので、金曜の晩に降り積もったのでしょう。途中から、走行中の車が、右ハンドルを切るたびに妙な音を立てるようになり、夫は、「タイヤが外れかけているか、車軸に問題があるんだと思う。このままリミニまで無事につけるかな。」と言います。どこかに開いている自動車整備工(meccanico)の店がありますようにと願いながら、進みました。

f0234936_20521011.jpg

 バディア・テダルダでバールに寄り、眠気ざましに、夫はコーヒー、わたしはホット・チョコレートを飲んで、それから、自動車整備工の場所を尋ねました。幸い店が開いていて、すぐに車の病状を診断してくれました。整備士さんは、しばらく車を運転して、山道を走り、音に耳を傾けたあと、「右タイヤの車軸を固定する部分が磨耗しているようです。週末のドライブの安全には支障がないので、月曜日に、整備に出したので大丈夫ですよ。」と言ってくれたので、ほっとしました。しかも、夫が差し出した10ユーロを、いいですよと受け取らず、無料で危険がないことを確認してくれたのです。

f0234936_20524996.jpg

 道中、雪化粧をした、アッペンニーニの高峰の眺めを楽しむこともできました。

f0234936_2053463.jpg

 ふだんは、広く石が敷きつめられた川原に、幾筋かの細い流れが見えるばかりのマレッキア川(Fiume Marecchia)に、驚くほどたくさんの水が、勢いよく流れています。

f0234936_20533016.jpg

 リミニ県、ベッラーリア・イジェアマリーナにある友人宅に到着し、しばらくおしゃべりに花を咲かせたあと、他の友人と合流して、夕食のピザを食べに行きました。それから、サンタルカンジェロ(Santarcangelo di Romagna)の、ジェラートが、この上なくおいしいジェラート屋さんで、デザートも食べました。

f0234936_20534491.jpg

 この店のジェラートは逸品だと、友人たちから聞いてはいたのですが、ピザを食べたばかりで満腹の上に、花粉症の季節は乳製品は極力避けた方がいいと読んだので、代わりにこちらの、ハート型でイチゴ味の、小さくてかわいらしいデザートを食べました。夫に味見させてもらったジェラートは、本当においしかったのですが、ダイエットのためにも、花粉症の症状緩和のためにも、我慢してよかったと思っています。リミニ周辺は、車窓から風景を眺めても、イトスギ(cipresso)を始めとするヒノキ科(Cupressaceae)の並木がむやみに多く、週末は、ドライブ中も散歩中も、症状が悪化して、困ったからです。

f0234936_2054131.jpg

 翌日、3月19日日曜日は、マヌエーラと共に、リッチョーネの春の花市、Giardini d’Autoreを訪ねました。朝10時から、中世の庭園(Giardino Medievale)に関する説明会があり、庭園や植物を使った染色、植物の癒す力などについて、3人の専門家から、興味深い話をたくさん聞くことができました。

f0234936_20541773.jpg

 今回の花市は、登ると、びっくりとわくわくが待ち受けているすてきな木の家もあって、例年にも増して、楽しみがたくさんありました。花市については、ご紹介したいことがたくさんあるので、また別の記事に書くつもりです。

Attraversando gli Appennini

- Sabato a Perugia, Monte Tezio senza neve & campi di grano verdi; atmosfera di primvera.
- Ma sulle cime alte degli Appennini rimane ancora la neve. Bellissimi Lago di Montedoglio & Fiume Marecchia, grazie a tante piogge di questo inverno.
- Domenica, Mostra dei Fiori, Giardini d'Autore a Riccione. Ancora più bella e interessante con nuove iniziative. Ne scriverò di più in un altro articolo.

関連記事へのリンク
- テベレの満水とミルヴィオ橋 (15/11/2012)
↑↑ モンテドッリョ湖(Lago di Montedoglio)とその堤防決壊、水位について。地図あり。
- 花粉情報、イタリア&ウンブリア (13/3/2012)
↑↑ イタリアで花粉症を引き起こす木々の写真と年間月別花粉飛散状況。
- 花市で春を先取り (21/3/2011)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-03-18 12:56 | Viaggi | Comments(4)
Commented by はなこたまこ at 2013-03-19 17:10 x
いつも楽しく読ませていただいております。今回は、サンセポルクロの言葉に思わずコメント(笑)昨年のちょうど今頃、サンセポルクロにバスで向かいました。母と二人でアレッツオからバスに乗り、搭乗の折にサンセポルクロに行くかと運転手に確かめ、バスに揺られていました。しかし、待てど暮らせど、到着せず。運転手に尋ねると、もうすでに通り過ぎているとのこと!!なんでーーー???教えてくれても良いじゃん!!!しっかり頼んでいなかった私が悪いものの、怒れてしまいました。。。あわてて降りて、戻りのバスを途方にくれながら待ちました。すると、小一時間待つと、さっきのバスが、折り返しで帰ってきた(そうなの。。。)!!次は、サンセポルクロで降ろしてください、としっかり頼みました。サンセポルクロにつくと、不機嫌に教えてくれました!やっぱり、この運転手は、良い人ではありませんでした(怒)。旅先で、こういうのがあると、かなりへこみます。それと同時に、自分のイタリア語能力の低さに、悲しくなります。なおこさんのイタリア語で、がんばります(まぐまぐも読んでいます!)。イタリア人と楽しい会話がたくさんできるように(^-^)
Commented by milletti_naoko at 2013-03-19 18:53
はなこたまこさん、うれしいコメントとブログ・メルマガのご愛読をありがとうございます。サンセポルクロにいらっしゃったんですね! よく知らない場所でバスに乗るときは、運転手さんや近くの人に「バス停が近づいたら教えてください」と頼んで、運転手さんの目に入るような、バスの前の方に乗るようにしています。残念ながら、日本と違ってイタリアでは、「言わなくても分かってくれるだろう」という以心伝心は働かず、お願いもNOも不満も、はっきりと言葉にして初めて、意思疎通があいかなうという場合が多々にしてあります。最近は少なくなりましたが、かつては夫とのケンカの原因と言えば、この「言わなくても分かる」VS「言わなきゃ分からない」という日伊の文化の違いでした。

親切な運転手さんも多いんですよ。以前、ローマから、間違えてペルージャ行きのバスに乗ってしまった中国人旅行者がいたのですが、運転手がバス会社の人と相談して、誰か見つけて、ペルージャから車で目的地まで送ってあげることに決めていました。今度は、すてきな出会いがあるといいですね。

イタリア語のお勉強、頑張ってくださいね! わたしもフランス語、頑張ります♪
Commented by sao at 2013-03-19 20:03 x
なおこさん

こんにちは、はじめまして。

Riccioneで春の花市が開催されていたなんて知りませんでした。
とても興味深い内容だったようですね。
私も園芸にはとても興味があるので、次回の記事が楽しみです^^

それから花粉症の時期には極力乳製品を避けたほうがいいということも知りませんでした。
どうやら私もついに花粉症デビューしてしまったようで、症状はまだそれほど酷いということはないのですが、目のかゆみと鼻詰まりに悩まされています。
乳製品を毎日大量に摂取しているわけではないのですが、大好きな牛乳やチーズを避けなければいけないというのは悲しいものがあります...

私は夫とSan Leoに行くときによくSantarcangeloを通ったりすることがあるのですが、おいしいジェラート屋さんも避けたほうがいいのでしょうか...花粉症って辛いですね。
Commented by milletti_naoko at 2013-03-19 22:16
Saoさん、はじめまして。近くにお住まいで、園芸がお好きなんですね。ぜひ次の花市を訪ねてみてください。リッチョーネの花市は、この数年毎年春3月と秋9月に催されていて、毎回同じ顔ぶれの店も多いのですが、展示するものや仕方は違います。今回は、新しい企画もあって、例年にも増して興味深かったです。

花粉症は今の時期、本当につらいですよね。日伊のいろいろなサイトや本で読んで、牛乳や乳製品、サラミ、白砂糖を避けた方がいいと読みました。いろいろ説もあるようですし、イタリアに住み、夫がイタリア人だと、完全にこうしたものを排除するのは難しいのですが、とにかくこの週末は症状が頂点に達していたので、アイスクリームはあきらめました。それほどひどいわけでなければ、ふだんできるだけ取らないようにして、通りがかりにはジェラートを楽しまれたらいいのではないかと思います。

Saoさんもどうかお大事に。
<< 学び発見、春の花市2013 野すみれと育ちゆく家 >>