春よ来い

 昨日、3月31日日曜日は、復活祭。朝は、夫、義父母と共に、教区教会のミサに参加し、それから、復活祭を祝って、皆でいっしょに昼食を食べました。

f0234936_6495242.jpg

 ほぼ毎週日曜日に、大家族で集まっている我が家の場合、いつもと違うのは、この日は子羊の肉が食卓に上ることです。そうして、食後に、鳩の形をしたコロンバというケーキを食べ、卵の形をしたチョコレートを贈ること。

 今年は、職人さんが、手作りできれいに作り上げ、飾ったチョコレートを姪たちにも贈り、夫がわたしに贈ってくれました。中にびっくりのおまけが入っているかどうか分からなかったため、夫は姪たちが喜んでくれるだろうかと心配していましたが、わたしは、自分が初めて見たときに一目惚れしたのと、やはり多国籍企業が工場で作るものより、地元の店が、自分たちで作っている品物の方が安心だし、地域産業支援にもなるしとうことで、この卵を推しました。とは言え、わたしも姪たちの反応を心配したのですが、目を輝かせて大喜びで、「もし、中にびっくりおまけが入っていなくても、こんなにきれいな卵を見たら、もうそれだけで、うれしいびっくりになっているもの。」と、おませなお礼を言ってくれたりもしました。
 
 前に並んでいるのは、復活祭とは関係なくて、わたしの本棚を飾る動物さんたちで、みんな、いろんな方からの大切なおみやげです。中央にいるクマさんは、リンツのチョコレートでできていて、主顕節に夫に贈ってもらったお菓子の一部です。かわいらしくて、クマさんだけは食べられずに大切においていたのですが、おととい夫に、「復活祭のチョコレートがあるから、このクマはもう食べてもいいだろう。」と言われました。今しばらくのお慈悲をと頼んで、せめて記念にこうして写真を撮ったのは、これで、食べてしまっても、かわいいクマさんの面影が残るからであります。

f0234936_650148.jpg

 昨日は復活祭に加えて、未明には夏時間に移行し、暦の上では、春の到来を感じさせるできことが重なりました。花市で買ったツツジも、たくさんの花を咲かせています。うれしいのは、以前同じ花市で買って、枯らせてしまった、その同じ2種類のツツジが、たまたま店の手違いか何かで、この一つの鉢に、二つとも植わっていることです。

f0234936_6505364.jpg

 椿もようやく、つぼみがほころび始めました。

f0234936_6511082.jpg

 昼食後、リミニからはるばる来てくれたフランコと共に訪ねたミジャーナでは、曇り空から雨が降り始めたのですが、ここでも、アーモンドが、日本の桜を思わせる、淡いピンク色の花を咲かせています。

f0234936_6512637.jpg

 雨に濡れ、スミレの紫もより色鮮やかで、

f0234936_6514649.jpg

 昨夜の記事には書き忘れましたが、夫は昨日も、野生のアスパラガスを見つけました。手前にあるアスパラガスは、わたしが手に持って撮影したため、焦点がぼけているのでありますが。

 暦の上では春、花や野の草は春の準備を進めているものの、ペルージャではまだまだ曇りや雨の日が続きそうです。

Quando i cioccolati sono talmente carini o belli, ti dispiace mangiarli...
Ecco il caso dell'orsetto Lindt e l'uovo di Pasqua artigianale.
Prima si mangiano con gli occhi e il cuore e poi... con la bocca.
Ora che ho fatto la foto, finalmente sono pronta a dire addio al mio orsetto bello.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-04-01 23:52 | Fiori Piante Animali | Comments(6)
Commented by ムームー at 2013-04-02 12:36 x
なおこさんこんにちは。
まぁ~子羊の肉が食べられるのですかぁ~
皆さんがこうして集まりお祝いの席を設けるのは
こちらで言えばお盆やお正月なんでしょうかぁ。
おおきい卵を見るだけで嬉しくなりますね。
熊ちゃんのチョコレートも素敵。
やっぱり大切にしてなかなか食べれないですねぇ。
お花も満開~綺麗、アーモンドもサクランボのお花と同じ
ようですね。
こちらも今日は薄曇りです~
夕陽が沈むのも最近見れていません~
いつもありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2013-04-02 16:53
ムームーさん、こんにちは。そうですね、キリストの復活を祝う復活祭は、誕生を祝うクリスマスと並んで、キリスト教で最も大切な祝祭日ですから、日本で言うと、お盆やお正月に当たると言えるかもしれません。この時期は、バールやスーパーの陳列棚にも、きれいに包装されたさまざまな卵がたくさん並んでいて、おっしゃるとおり、眺めるのも楽しかったです。

そうそう、イタリアに従来ある桜は真っ白な花を咲かせるので、こちらではむしろ、アーモンドの方が、淡いピンク色で、花が日本の桜を思わせます。梅らしききれいな花もあちこちで見かけるのですが、かなり枝を残してあるので、にぎやかにかわいらしい花を咲かせていて、また違った風情があります。

そちらも曇り空なんですね! わたしたちも最近は、夕陽の頃は寒いので、見ていません。大好きな夕陽が早く見られるといいですね♪
Commented by kazu at 2013-04-02 17:53 x
なおこさん、こんにちは。しばらくバタバタしていてご無沙汰していました。こちらでも日曜日にイタリア語教室の方達と盛大にパスクワのお祝いをしましたが、卵は出て来ず、オーナーに聞くと、その代わりオムレツを出すよと言われてしまいました。でもイタリア語を勉強しているお陰で、こんな行事にも参加できて嬉しかったです。それにしても卵たち、可愛いですね。子供でなくてもこんなのを貰ったら大喜びします。日本は贈り物をする風習がほんとに少ないとつくづく思います。

つつじも元気でいますね。なおこさんが大切にされているのを知っているので、何だか自分のことのように嬉しいです。我が家もパキラという大きな観葉植物が、何とか冬を乗り切ってくれました。こちらは桜が満開ですよ。帰国されることがあれば是非広島にもお立ち寄り下さいね。ご案内しますよ。
Commented by saraa at 2013-04-02 19:43 x
なおこさん こんばんは

可愛いチョコレートと動物たちが並んで卵のチョコが大きい^^
復活祭賑やかなんですね^^
なおこさんつつじとか椿のお花を見ると日本の感覚になりますがそちらもあるのですね。
それにアーモンドのお花もほんと桜のようで綺麗です^^
少しずつ春の訪れを感じますね。
Commented by milletti_naoko at 2013-04-03 02:05
かずさん、こんにちは。よかったですね~ そんなふうに、言葉を学びながら、文化も学べるイタリア語教室なんて! 昨日の朝は、起きたてに、前日教会で祝福を受けたゆで卵と、卵とチーズをたっぷり使って作った復活祭のパンを食べました。きれいですよね、この卵! 一目見てとりこになりました。両側の子供向けのものが11ユーロ、中央のわたしたちの卵が8ユーロですから、値段も決して、他のものに比べて高くないので、幸い手にすること、贈ることができました。クマさんは今日食べ始めましたが、夫はもう、卵も食べようよ、復活祭は過ぎたのだからと言っております。もう少し飾っておきたいのですが、「だったら来年から贈らないよ!」どんな味がするのかは、わたしも実は気になります。

満開の桜、さぞかしきれいでしょうね! ぜひ、いつか。わたし、広島は、英検1級の受験で行って、そのときに広島平和記念資料館を訪ねたくらいで、いつかまた行ってみたいなと思っています。かずさんも、イタリアにいらっしゃるときには、ぜひ声をかけてくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2013-04-03 02:11
さらさん、こんにちは。実は動物たちを並べたのは、クマさんチョコの記念写真を撮り、かつ卵を立てるために添えてあるプラスチックの台を隠すためで、基本的には、復活祭のデザートの主役は、この大きなチョコ卵(夫たちがお義母さんに贈ったチョコレートは特大でした)と、鳩の形をしたコロンバというケーキなんですよ。

イタリアでは、うちの周囲も含めて、土壌がアルカリ性の場合が多いので、ツツジや椿、紫陽花など、日本ではよく見かける花が地面には育たない場合が多く、それだけに、こちらで花を見かけるとうれしくなります。日本をなつかしんで、ツツジや椿の鉢を購入しました。イタリアでも、土壌が酸性の土地もあって、そういうところでは、椿や紫陽花が町じゅうの家にあったりするんですよ。アーモンドの花、優しいピンクが桜を思わせて、大好きです。少しずつ春らしい季節になってきているようです。
<< カレンダーも聖フランチェスコ 押してもだめなら >>