まさかDon Matteoが

 地元ウンブリア州、グッビオで繰り広げられる、人間模様の温かい推理ドラマ、『Don Matteo』。ドン・マッテーオが自転車で駆け抜ける風景を見ながら、グッビオの町並みの、そして自然の美しさに魅かれて、時々グッビオの町を訪ねたりもしています。

f0234936_02211100.jpg
Immagine da “Gubbio nei luoghi di Don Matteo”

 先月、新聞の地域版で、なんとドン・マッテーオの舞台が、同じウンブリアではありながら、グッビオからスポレートに変わるかもしれないと知り、びっくりしました。不況で、ドラマの撮影現場でも資金不足のため、グッビオが援助しようとしている金額では不足で、さらにグッビオはローマから遠いというのが、制作会社の挙げる理由なのですが、これまで長い間続いてきたシリーズの中で、グッビオという町自体が、単なる舞台ではなく、ドラマにとってかけがえのない要素、血と肉となっていると、わたしは思うのです。

f0234936_654740.jpg
Panorama dal Parco della Rocca, Spoleto 15/4/2012

 確かにスポレートも、歴史のあるすてきな町ですが、そんな理由で、グッビオからスポレートに舞台を移してしまうだなんて。夫も、場所を変えるくらいなら、シリーズ自体を終了させて、別のドラマを始めればいいのにと言い、わたしも、スポレートに、だれか制作者側に対してコネを持つ人物がいるのではないかと疑ってしまいます。ドン・マッテーオがグッビオではなく、スポレートで司祭を務めることになるとしても、これまでドラマの中で、長年個性のある役柄で、視聴者に親しまれてきた登場人物たちを、すべてスポレートに移動させるには、設定として無理がありすぎるため、こうして、顔ぶれが変わってしまうであろうことも、とても残念です。

f0234936_6525313.jpg
Gubbio 14/5/2011

 新聞の地域版で、毎日情報を追っていたら、ある日、主役のテレンス・ヒルが、「グッビオではいつも町の人が温かくて、自分も町に深い愛情や心のつながりを感じています。撮影場所でなくなってしまうのが本当に残念です。」といった内容の手紙を、グッビオの人々に対して送っていたことを知り、ああ、本当に、ドン・マッテーオはグッビオから去ってしまうのだと、今も、何だかやりきれない気持ちでいます。

 イタリア語を学習中で、このドラマに興味のある方は、次の『Don Matteo7』の予告映像をご覧ください。、おととし発行したメルマガ第26号(下記リンク参照)では、この映像を、イタリア語学習教材として利用しています。



Anche Spoleto è una città bella e mi piace molto, ma ma ma...

A me sembra che la città di Gubbio sia ormai una parte integrante, immancabile della storia di Don Matteo. Inoltre, ci sono tanti personaggi a cui siamo affezionati ma è molto probabile che non tutti si trasferiscano a Spoleto insieme al sacerdote.

Mi dispiace davvero tanto.

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 大好きDon Matteo / Don Matteo & Gubbio (6/2/2012)
- イタリア語学習メルマガ第26号 「ペルージャ死者の市、Don Matteo7」
- グッビオに鐘響く / Il Campanone di Gubbio (22/5/2011)
- スポレート食べ歩き1 / Passeggiata a Spoleto 1 (10/1/2011)
- スポレート食べ歩き2 / Passeggiata a Spoleto 2 (12/1/2011)
- スポレート大冒険1 / Rocca & Panorami di Spoleto (15/4/2012)

LINK
- La Stampa.it – “Don Matteo” lascia Gubbio per Spoleto. E’ guerra di campanili in Umbria
- Giornale dell’Umbria – Così “Don Matteo” è fuggito a Spoleto. E a Gubbio si mastica amaro (22/3/2013)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-04-05 23:54 | Viaggi in Umbria | Comments(6)
Commented by accaesse at 2013-04-06 07:54 x
初めまして!いつ読ませていただいてます
”DON MATTEO”!私も好きです

昨年、イタリア行きの機内(アリタリアだったから?)で偶然見ました。
字幕がないので、ほぼ想像でつなぎ合わせながらですが、人情探偵物がすっかり気に入って
イタリアのホテルでも、いそいそ見てしまいました^^

街の雰囲気が、人情探偵物ととても合っていましたね
そうですか・・・舞台が変わるんですね

新しい街でどうなっていくんでしょう
ちょっと興味あるところです

日本では”モンタルバーノ”(リラと言っているのでびっくりした!)が始まっています。
楽しみに見つつも、結構セクシーな場面があるので
「イタリアじゃ、こういうシーンを入れないと人気ないんかな~、こんなんいらんわ」と思う、オバチャンな私です

そんな時、ドン・マッテーオを見たいな~と思います(字幕つきで)
懐かしいような、ぬくもりのある感じが好きなんですよね
NHKかどこかにリクエストしてみようかしら・・・
Commented by gianca at 2013-04-06 13:38 x
私もこのドラマのファンで舞台になっているグッピオに、以前訪れたのもその理由もあってです。舞台が変わるのが残念でたまりません。
Commented by くみこ at 2013-04-06 14:46 x
朝からこれを読んでしまい、私も軽いショックです・・・こないだ行った時、あちこちにドンマッテオの写真やポスターがあり、グッビオの人たちの誇りでもあったでしょうに・・・本当に場所を移すくらいならやめたら?と思ってしまいます。ただでさえ、2,3、ならまだしも延々と続くシリーズもの、ドラマ制作者は新しい企画がないのか?といつも思います。
Commented by milletti_naoko at 2013-04-06 17:03
Accaesseさん、はじめまして。Don Matteo、いいですよね! 機内で放映されたとはびっくりです。 どろどろした人間関係や血なまぐさい場面は好きではないので、基本的に推理ドラマは見ないのですが、夫が従来好きなモンタルバーノと、近年二人そろってファンになったドン・マッテーオだけは、毎回欠かさず見るようにしています。今回の移動については、ファンの中でも賛否に分かれていて、反対と言う人もいれば、新しい町での話の展開に興味があるという人もいます。スポレートにはさっそく撮影に合わせて、町を訪ねたいファンからの問い合わせがあるそうです。

モンタルバーノが日本で放映されているなんて、びっくりしました! もともとシリーズ物の小説をドラマ化したものなので、テレビでも、そういう場面が割愛できなかったというだけの話で、たとえば、ドン・マッテーオにはそういう場面はまったくと言っていいほどありません。モンタルバーノはマフィア、ドン・マッテーオはカトリック教と、どちらもイタリア文化の一面と深く関わっているのですが、わたしもドン・マッテーオこそ、ぜひ日本で放映してもらいたい作品なのですが。ぜひリクエストしてみてください♪
Commented by milletti_naoko at 2013-04-06 17:06
Giancaさんですか♪ ドン・マッテーオ、いいですよね。人情物の温かいドラマだけに、金銭的な、地理的な理由での舞台変更に納得が行きません。スポレートの方がローマから近いと言っても、そんなことは最初から承知で、ずっと長年グッビオを舞台に物語が繰り広げられていたというのに。
Commented by milletti_naoko at 2013-04-06 17:09
くみこさん、わたしも夫も毎日関連記事を読みながら、「どうか嘘だと言ってほしい。グッビオに舞台を戻してほしい。」と思っていたのですが…… グッビオにとってはドン・マッテーオが、ドン・マッテーオにとってはグッビオが、切っても切れない深い大切な縁で、今は結ばれていると思うのに。シリーズがつづくのは、日本の時代劇でも同じですよね。ここまで長くシリーズが続いたドラマは、RAIではかつてないそうで、でも舞台を変えるくらいなら、グッビオで話を終結させてほしいと、わたしも思ってしまいます。
<< 春のトイレ日曜大工 アスパラガスと洗濯機 >>