夜も昼も歩こう歩こう

 4月13日土曜日は、夜道を歩いて、真夜中過ぎに、こちらの山の家に到着しました。

f0234936_18454491.jpg
Casina dell’Alpe 14/4/2013 9.38

 夜9時20分にペルージャを出発し、11時前に、キウーシでリミニから来たフランコたちと合流。さらに車で先に進み、山の家の下方、登山道の入り口に車を置き、11時15分から1時間ほど歩きました。

f0234936_1846236.jpg

 か細い月が沈み、暗い森の中を、ヘッドライトの明かりを頼りに進みました。照明のない山の中で、星の光のまばゆさと数の多さに感嘆しました。星を観察したり、眼下に現れた夜景を眺めに立ち止まったりしていたら、山の家にたどり着いたのは、12時半頃になりました。

 他の人たちがすでに眠っている大部屋に静かに入り、ベッドに広げた寝袋に横たわり、ヘッドライトを消したときには、もう午前1時を過ぎていました。

f0234936_18461816.jpg

 翌朝は、山の家、Casina dell’Alpeから、Sasso della Regina(直訳すると、「女王の岩」)まで歩くことにしました。

f0234936_1846346.jpg

 9時40分に出発し、最初は、めずらしい花を見つけては、ガイドで説明を読んだり、眺めたりして、ゆっくりと歩きます。

f0234936_18465374.jpg

 この青紫色のかわいらしい花、scillaを見たのは、今回が初めてです。

f0234936_18471576.jpg

 早春の山ではおなじみのクロッカス(croco)や、

f0234936_18475136.jpg

 プリムラ(primula)もあちこちに咲いていました。

f0234936_18493698.jpg

 こうしてのんびり歩いていたら、目的地まで歩いていては、食事時までに、宿に戻れないかもしれないという事態になり、「目的地を変えようか」、「途中で引き返そうか」と考えたときもありました。

f0234936_18481564.jpg

 それでも、「せっかく天気がいいのだから」、「ここまで来たのだから悔いのないように」と、早足で進み、全員、Sasso di Reginaに到着して、

f0234936_18485294.jpg
Panorama dal Sasso della Regina 14/4/2013 11.38

 このすばらしい見晴らしを楽しむことができました。

f0234936_18495810.jpg

 振り返ると、そこにもやはり、たたなづく青山が見渡せます。

f0234936_18505944.jpg
Nebbia fitta al Sasso della Regina 3/11/2012

 眺望が魅力だというこのSasso della Reginaをいつか訪ねてみたいと思ったのは、今から約1年前(下記リンク参照)です。その後、夫と一度行こうとしたものの、道に迷って、別の場所についてしまい、ようやく初めて訪ねたときには、真っ白な深い霧に覆われていて何も見えませんでした。それだけに、今回、ようやくその眺めを見ることができて、本当にうれしかったです。

f0234936_18512148.jpg

 宿に残ったメンバーが、午後1時から食べられるように、昼食を準備してくれているので、それまでに戻らなければいけません。眺望を楽しみながら、しばらく休んだあと、2時間かけて登った道を、帰りは早足で下り、1時には無事、宿に戻ることができました。青空の下で皆で食べる昼食は、おいしかったです。

f0234936_18513757.jpg

 わたしたちも、金曜日にミジャーナで摘んだ野生のアスパラガス(下記リンク参照)を、うちの鶏が産んだ卵と共に持参して、アスパラガスの卵とじを作りました。アドリア海岸に住む友人たちの中には初めて食べる人もいて、喜んでくれました。

f0234936_18515541.jpg

 食後は片づけをしたあと、おしゃべりしたり、草むらに横になったり。午後3時頃、わたしたちと、フランコ、マヌエーラは、車で来た友人たちにあいさつして、リュックを背に、駐車場を目指して、山を下りました。4時過ぎに車に乗り、キウーシでアイスクリーム休憩を取り、二人に別れを告げ、午後6時過ぎにペルージャに戻りました。

 久しぶりにたくさん歩いたので、とても気持ちよかったのですが、日頃の運動不足がたたって、昨日も今日も、ひどい筋肉痛に悩まされています。5月半ばには、久しぶりにまた6日間の巡礼の旅を予定しているので、これからはもっと日頃から、リュックも背負って歩く訓練をする必要がありそうです。

Passeggiata dalla Casina dell'Alpe al Sasso della Regina 14/4/2013

- Belli! Fiori spontanei; Croco, primula, violetta, scilla...

- "Cambiamo la meta? Torniamo indietro? Non abbiamo il tempo." Invece, proseguendo la strada, abbiamo trovato i panorami stupendi che la nebbia fitta nascondeva nel novembre 2012.

- Squisito Pranzo Picnic in compagnia sotto il cielo azzurro. Pasta al ragù, frittata con gli asparagi selvatici e non solo. Grazie mille a tutti quanti per un bellissimo fine settimana :-)

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- さらばラヴェルナ2 / Passeggiata verso l’Eremo della Casella 2 (5/5/2012)
↑↑初めてSasso della Reginaが気になったとき / E’ durante questa passeggiata che il Sasso della Regina ha catturato la nostra attenzione per la prima volta.
- さらばラヴェルナ1 / Passeggiata verso l’Eremo della Casella 1
- カボチャとシチューとぶつぶつ大王 / Zucca & Passeggiata nella nebbia (5/11/2012)
↑↑ 霧の中を歩いて、Sassoに向かったときの写真あり / Foto della passeggiata nella nebbia
- 桜と小石とアスパラガス / Spuntano gli Asparagi selvatici (12/4/2013)
↑↑ 昼食に食べた野生のアスパラガスは、こんなふうに生えていました。 / Così abbiamo raccolto gli asparagi selvatici.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-04-16 11:53 | Viaggi in Toscana | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/19226978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KEIKO at 2013-04-17 08:57 x
なおこさん おはようございます。
先日は歯医者さんの件ではお世話になり、ありがとうございました。先生の奥様が行かれた病院で診ていただいたそうで、レントゲンを撮る予定だそうですが、幸いにも痛みが止まったそうです。しばらくは様子見でしょうね。ちょっとホッとしています。

さて、私の方は、一昨日、友人4人で、吉野山に桜を観に行きました。
今年は、日本中の桜の開花が早くて、中千本まで既に散り始めで、少し残念でしたが、奥の方はギリギリ美しい桜と出会えて良かったです。行く日の前夜、娘の「日本文学を学んだことのある人なら絶対一度は訪ねたいところね、お母さん行けて良かったね~」と優しいひと言が嬉しかったです。

昨日も、今日も、歩きすぎた足の痛みに耐えかねて・・・・です。階段の上り下りが特にこたえますね・・・・

春に帰国というのはなかなか難しいでしょうが、なおこさんも、ご主人とぜひ一度は吉野山の桜鑑賞にいらして下さいね。
Commented by milletti_naoko at 2013-04-17 15:45
けいこさん、おはようございます。お嬢さんの歯、痛みが収まったようで何よりです。安心して診てもらえるお医者さんが見つかって、よかったですね。

今年は開花が早かったとは聞きましたが、本当に開花から満開までがあっという間だったんですね。美しい桜が見られて、本当によかったですね。さぞかし感慨深いものがおありだったかと思います。長く歌に詠まれた地の名勝は、風景と共に、そうした和歌や文学作品も心に染み入ってくるもので、けいこさんのように、芭蕉のように、わたしもそうした土地を訪ねたいなという思いがあります。吉野山の桜、わたしもぜひいつか見てみたいです。そうそう、歩きすぎると、特に登り下りの多い山道を長く歩いたあとは、階段がつらいですよね
Commented by oliva16 at 2013-04-18 07:35
色鮮やかな花の写真、楽しく拝見しました。
最近の私は全く歩くことを忘れています……。行く時間かないからジムも退会してしまったし、駅の階段さえつらい有り様。できたら今年はイタリアにも行こうと思っているのに、こんな体力ではいけませんね……。日常生活を見直しまーす!
Commented by milletti_naoko at 2013-04-18 15:33
Olivaさん、毎日本当にお忙しいようですね。おつかれさまです。そういうときこそ、5分でも10分でも外に出て歩いてみると、逆にあとで、お仕事やお勉強もはかどるかもしれません。わたしも最近は、天気のいい日が続いていて、花粉症でこもり気味ですが、夫に我が家にある3階までの階段を何度か上り下りしてでも足腰を鍛えるように言われています。夫自身は、職場がウンブリア州庁の6階なのですが、毎朝階段を歩いて6階まで上っているそうです。

やっぱり体が資本ですから、お互いに歩く習慣をつけましょう♪
Commented by sara at 2013-04-18 20:28 x
なおこさん こんばんは

雄大な景色ですね。
いろんな花が咲いていて綺麗です楽しかったでしょう^^
野外での食事はまた美味しくなおこさんの気持が良く伝わります。
リンクの方にお邪魔しましたがブナの木を見ながら、大きくなってもっと山々を浄化してくれると良いですね。
自然を沢山見せていただいて元気を頂きました^^
なおこさん ありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2013-04-18 21:59
さらさん、こんにちは。自然の中を歩くのは、登りは大変ですが、気持ちのいいものです。春はことさら、いろいろな花が咲いていて、散歩がことさらに楽しいです♪

そうそう、この辺りにはブナの木が多く、中には本当に大きな巨木もあるんですよ。さらさんに喜んでいただけて幸いです。うれしいコメントをありがとうございます♪
<< 庭も畑も花ざかり ちゃっかりツグミと庭の花たち >>