バラに思う

 5月14日火曜日、夕方、魚料理に使おうと、畑にパセリを摘みに行くと、

f0234936_17535389.jpg

色とりどりのバラが、それはきれいな花をたくさん咲かせています。

f0234936_1754865.jpg

 ジャスミンにバラと、香りの高い花を好む夫が、長い間に、少しずつ集めたとっておきのバラたちです。

f0234936_17542712.jpg

 ウンブリアとトスカーナの州境の、緑に囲まれた村に、夫の母方の祖父母が住み、義母が生まれ育った古い家があり、8年ほど前から、1年あまり、夫と二人で、その家で暮らしました。

 今はもう人手に渡り、改築されて豪邸になってしまったというこの家の前に、夫は小さなバラ園と畑を作り、しばしば手をかけて、それはそれは大切に育てていました。

f0234936_17551862.jpg

 せっかく咲いている命ある花を、家に飾るためにと言って手折るのは忍びないということで、夫は、そして、その感化を受けてわたしも、花は基本的に摘み取らず、庭や野山に咲いているのを愛でています。

 それが、この頃、部屋で日本語の授業の準備をしていたわたしの背後から、こっそり忍び寄った夫が、庭で摘み取ったバラの花を、特に記念日というわけでもないのに贈ってくれて、それがひどくうれしかったのを、今もなつかしく覚えています。

f0234936_17553389.jpg

 当時は、バラが、病気や小さな丸く黒い害虫に襲われることが多く、しばしば二人で、害虫退治をし、育ちかねているバラを、心配しながら見守ったものです。

 義父母が住む今の家に引っ越したとき、夫はどういうわけか、このバラを、すぐに人目につき、見ることができる庭ではなく、家から離れた畑の奥の垣根近くに植え替えました。最初にわたしたちが暮らし始めたのが、庭のない3階だったからかもしれません。目につくところに置いておくと、義家族が花を摘んでしまうかもしれないと、心配したかもしれません。大きなクルミの木の下なので、日ざしが強く、地面が乾きやすい土地でも、バラが育ちやすいからかもしれません。大きな夢をかけ、できればいつまでも暮らしたかった、大地に根ざした生活を送りたかったのに、手放すことになった、祖父母の家や土地の思い出を、しばしば目にするのが、つらかったからかもしれません。

 わたしたちが、このペルージャの家に暮らし始め、なつかしいバラたちを植え替えてから、はや6年。最初は細々と花を咲かせていたバラたちも、近年は新しい土地にしっかりと根を下ろしました。住居から離れているためもあって、以前に比べると、手をかけることがずっと少ないのに、不思議と以前よりもずっと元気で、病気や虫に負けることがなく、毎年すくすくと育って、かつてよりもはるかにふんだんに、花が咲いています。

 5月初めの巡礼中は、わたしたちもしばしば雨に降られ、ペルージャでも雨の日が多かったと聞いたのですが、そのおかげもあるのでしょう、ほとんどのバラたちが、つぼみや花でいっぱいでした。

 環境の変化に順応して、少しずつしっかり大地に根を伸ばし、新しい土地でも、人が見ていなくても、手をかけなくても、きれいな花をたくさん咲かせて、目を喜ばせてくれる、そういうバラに、見習いたいところの多い今日この頃です。

Piove, piove, ma la pioggia innaffia le Rose e le rende più vigorose e belle.

Ormai è passato qualche anno da quando si sono traslocate. Vivono in loro i ricordi, le emozioni, il sole, il vento e la terra di Reschio.

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-05-17 10:55 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/19408329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ムームー at 2013-05-18 11:22 x
なおこさんこんにちは。
美しく咲いたバラのお花にうっとりです。
私も庭のお花は切らず眺めています、だから生け花を娘時代に
習いましたがパチパチと無残に切るのが嫌でした。
思い出のお花たちがこうして見事に咲く様子を見るのは
嬉しいですねぇ。
なおこさんの言われるように見習う事が多くありますね。
この間の母の日の薔薇が綺麗に庭で咲いています。
どんなになるか楽しみです~
いつもありがとうございます~♪
Commented by milletti_naoko at 2013-05-18 21:56
ムームーさん、こんにちは。お嬢さんの贈り物のバラ、ムームーさん家の庭に、うれしい一角を増やしてくれましたね♪ きっと毎年、今年の母の日を懐かしく思い出されることでしょう。

今朝、夫は、バラの花びらでリキュールを作るのだと言って、たくさんバラを摘み取って来ました。リキュールのためなら、いいのかしら? お酒は弱いのですが、香りの高いリキュールができそうで、少し楽しみです。

こちらこそ、いつもありがとうございます♪
Commented at 2013-05-19 04:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2013-05-19 05:46
鍵コメントの方へ

情報がお役に立ったようで、何よりです。土曜市、わたしたちは混雑を避けて、なかなか足を運びませんが、市の間の周辺の渋滞の様子を見ても、皆に人気があるのだなと感じています。

どういたしまして。こちらこそ、うれしいコメントをありがとうございます。ペルージャでの留学と滞在が、楽しく実り多いものとなりますように。
<< 夏野菜の植えつけ 赤・白・青 >>