アレルギーは感染する!?

 土曜日は、少し遠出をして、オルヴィエートの近くにある森、Bosco dell’Elmoの周遊コースを歩きに行きました。

f0234936_1814790.jpg

 緑の森や野の花を楽しめたのですが、トレッキング・コースの説明が実際とは違い、分岐点に道しるべがなく、地図も大ざっぱなので、何度も道を間違え、正しい道を歩いていたときも、本当にこれでいいのかどうか不安がつきまといました。

f0234936_182853.jpg

 正午前に歩き始め、最後の大切な分岐点で、どれが道で、どれが乾いた川床が分からず、おそらくはここで道を間違えたため、目的地とは別の方向に進んでしまい、かなり遠回りをしました。ようやく駐車した車のところまでたどり着いたのは、午後6時半のことです。

f0234936_1822463.jpg

 天気のいい暑い日だったため、この時点でわたしはくたくたでした。車でまっすぐ戻っても、ペルージャまでは1時間半かかるので、すぐに家に帰りたかったのですが、夫は、「ひょっとしたら、自分たちが曲がった場所より先に、本当のトレッキング・コースへの分岐点と道しるべがあったかもしれないので、それを確かめたい。」と、すでに歩いたくねくね道を車で走り、さらにそのあと、初めてヨガを教えてくれた先生の住んでいた村が近くにあるから訪ねてみたいと、寄り道のために、片道7kmの山道を往復します。

 おかげで、こういう美しい眺めも楽しむことはできたのですが、ペルージャの家に戻ったのは、午後9時過ぎで、その頃にはわたしは、すっかり疲れ果てていました。さっと夕食のしたくをして、食べていたら、夫はビールが飲みたくなったのですが、ビールはありません。代わりに、以前、来客時に購入していた炭酸入りのオレンジジュース(aranciata)を飲み始めました。

 夫より先に食事を終えたわたしは、手持ちぶさたなので、オレンジジュースの瓶を手にとって、ラベルの説明を読みました。「アレルギーは感染する」と読んで、「えっ、アレルギーって、感染するの!?」と言い、このあと、自分自身で気づいたのか、夫が読んで教えてくれたのか覚えていないのですが、疲れ果てて判断能力の低下した頭で、わたしが、「アレルギーは感染します(L’allergia è contagiosa.)。知っていましたか?(Lo sapevi?)」と読んだ文の主語は、実はALLERGIA(アレルギー)ではなくて、ALLEGRIA(喜び、陽気さ、上機嫌)だったのでした。語の中央にあるRとGが入れ替わるだけで、文の意味がすっかり変わってしまうのだから、おもしろいものです。

f0234936_1824258.jpg

 疲れていたわたしも、夫も、この間違いをきっかけに、楽しい気持ちになったのでありました。

"L'allergia è contagiosa!?"

Dopo una lunga passeggiata, ero esausta. Ma in realtà era scritto "L'alleGRia è contagiosa": questo frainteso ci ha portato poi davvero un po' di allegria :-)

Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-06-10 11:06 | Lingua Italiana | Comments(6)
Commented by とすかーな at 2013-06-10 18:14 x
うふふ、なおこさんのうっかり間違い、かわいい~♪

しかし、スゴイ長いコースになっちゃいましたね~。
これは、疲れますね。
オルビエートの近くなら、山もあるから(ってイタリアはどこもありますが(笑))
坂も結構あったのでは。
この夜は、お二人ともきっとぐっすり眠れたことでしょう(笑)
とっても健康的でステキな日でしたね☆
Commented by milletti_naoko at 2013-06-10 18:43
とすかーなさん、道に迷い、登り道が長く続いて、大変でしたが、きれいな花や渓流に出会えてうれしかったです♪

いやあ、こういううっかり間違いは、時々あるのですが、場がなごんで、楽しめるのがいいですよね。allegriaは形容詞allegroの名詞ですが、同じallegroから派生した名詞で、こんなこともあったそうです。義弟の奥さんはスペイン語圏の人なのですが、二人がつきあい始めた頃に、義弟がほめ言葉のつもりで、「君は陽気で明るい人(allegrona)だ。」と言ったら、対応するスペイン語では、よく覚えていないのですが、侮蔑的な表現らしく(意味は「娼婦」かな??)、彼女がひどく怒って、しばらく口を利いてくれず、理由が分からずに困ったそうです。
Commented by fusello at 2013-06-10 20:02
naokoさん、こんばんは☆
いつも花粉症で悩んでおられるので間違えてしまったのでしょうね、きっと。
せっかくオルビエートまで遠征したのですから、再度のコース確認ではなく、あの美しいファサードを見に行けばよかったのに、と思うのは私だけ~?
そうそうオルビエートはかぎ針編みのレースで有名です。
すごく細い糸で立体的な模様を編んだ美しいレースです♪
Commented by milletti_naoko at 2013-06-10 22:14
Fuselloさん、こんにちは。そうなんです。最近はアレルギー対策に、食品のラベルを見て、「白砂糖、アルコール、乳製品」や化学合成添加物の有無をしっかりチェックするようになり、こういうラベル(最初に「エチケット」と書いてから、「ああ、イタリア語ではetichettaだけれど、日本語ではラベルだ。」と気づいて書き改めました。)を読むときには、「アレルギー」が頭にあるのも、確かに間違いの原因かもしれません。最近は雨の日が多く、6月になってもう大丈夫と油断して、2日間、戸外で長く過ごしたら、昨夜から症状が復活してしまいました。
 
オルヴィエートの町、魅力的で見どころが多いですよね。わたしも町を訪ねたかったのですが、この週末のオルヴィエートはちょうど盛大なお祭りの最中で、疲れてもいたので、また次回ということにしました。でも、こんなに遠回りするくらいなら、オルヴィエートを訪ねたかったです!! 

オルヴィエートにも独特の美しいレースがあるんですね。イタリアは本当に、各地にいろいろな伝統の文化があるんですね。今度出かけたときは、注意して見てみます!
Commented by KEIKO at 2013-06-10 23:47 x
去年の今頃ペルージャに始めていきました。到着した日の、夜の9時からお食事ご一緒しませんか?という嬉しいお誘いが有りました。
でも、私は、その時は、イタリアが9時になっても、まだ「宵の口」であるということが分からずに、ご迷惑をおかけしてはいけないと、お断りしてしまったのです。サマータイムということと、やはり位置的に太陽が沈むのが日本と比べたら遅いものでしょうね。

「上機嫌は伝染する」・・・・・その通り!!とても良い言葉ですね。
私も、いつも上機嫌でいるように、心掛けたいです。
Commented by milletti_naoko at 2013-06-11 00:17
けいこさん、我が家では、ふだんは夕食は8時前後なので、この日は、夫が帰りがけにレストランで食べようかとも言ったのですが、食後は特に車に酔いやすいわたしは、カーブが多い道なので、この日は遅くなってもうちで食べようと言いました。午後5時頃に、昼食用に買ったチーズパンを食べたばかりで、あまりおなかがすいていなかったためでもあります。

イタリアでも、南に行くほど夕食の時間が遅くなるという印象があります。以前訪ねたサルデーニャの友人との夕食は、なんと10時からでした! 夜の9時からというのは、ご本人のお宅やお仕事の都合もあったのかもしれませんし、次回もしあったら、ぜひお誘いに乗ってみてください♪ 本当に、今はどんどん日が長くなっています♪

けいこさん、そうですよね。わたしも「不機嫌に不機嫌で応じる」のではなく、「上機嫌で切り返して、伝染させていける」くらいでいけないなと、分かってはいるのですが…… わたしも心がけます! ちなみに、この言葉は、このオレンジジュースの宣伝の一部なのですが、確かに、最初の1行に、いかにも宣伝という言葉ではなく、こういう心に響く言葉を持ってくるところは、しゃれていますよね♪
<< きれいおいしい湖畔のピッツァ Cuore verde みどり... >>