オリーブ収穫枝切り作戦

 今年はオリーブ収穫が大変なのは、例年に増して実りが多いからなのですが、我が家の場合はそれに加えて、収穫の対象であるオリーブが古く、高く大きく育っていて、しかも、斜面にあるため、物理的に摘むのが難しく、体力的に厳しいという問題があります。

f0234936_7381983.jpg

 ずっと手をかけ、剪定を工夫して、木が低く、小さくとどまるようにしてあれば、収穫が楽なのですが、我が家のオリーブは、義父が今住む家が建つ土地やミジャーナのオリーブ園を、ずっと昔に買ったときに、すでに長い間放置されて、大きくなっていたのです。  だから摘むのが大変だと、先週だったか義父と夫が話していたとき、「だったら、枝を切り落として、地面で作業をしたらいいのでは」と提案しました。どのみちいずれは剪定が必要な枝だからです。そのときは二人とも笑って取り合わなかったのですが、今日、家事を終えて、わたしも手伝おうと外に出ると、

f0234936_7384240.jpg

 枝切り作戦はすでに実行に移され、お義母さんが、網の上に置かれた枝から、オリーブの実を摘んでいる最中でした。  今日は夫は、1日有給休暇を取って、早朝、まだ霧が深く、寒い頃から、義父と共に収穫を始めました。午後2時に仕事を終えて、昼食後すぐに作業に取りかかっても、午後5時前に日が沈むため、6時には暗くなってしまう上、今週の週末も、雨という予報が出ているからです。

f0234936_7385965.jpg

 今日は久しぶりに晴れたので、わたしもまずは掃除と洗濯を済ませ、それからオリーブ収穫に加勢しました。

f0234936_7391993.jpg

 夫が網を持ち上げて、オリーブの実を一箇所に集めている間、わたしたちは、網から落ちてしまった実を拾いました。

f0234936_739576.jpg

 日が暮れてから、夫と義父が、これまでに集めたオリーブを、搾油場に運びます。今年は今日までに2度、合計240kgを運んだそうです。それでも、100kgのオリーブに対して、9kgのオリーブオイルしか受け取れないとのことで、大家族で年間に消費するオリーブオイルの量を考えると、体力的、時間的には厳しくとも、まだまだ収穫を続ける必要があります。それで、義父も高齢なので、例年のように、「それなら労力を考えると買った方が安いので、割りに合わない。」と、ため息をつくわけです。

f0234936_7401312.jpg

 作業のために、だれかが外に出るたび、家に戻るたびに、ネコたちは、すわエサかと勘違いをして、扉のそばに駆け寄ってくるのでありました。

Raccolta delle Olive 6/11/2013

Alcuni alberi sono molto alti e noi non lo siamo,
dunque tagliati i rami, i due lavorano sulle scale,
le due raccolgono le olive dai rami messi sulla rete.
Ogni volta che usciamo di casa,
vengono i gatti pensando sia ora di mangiare.

LINK
- オリーブ収穫と栗のジェラート / Raccolta delle olive & Gelato alle Castagne (2/11/2013)
Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking
こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-11-06 23:40 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cuoreverde.exblog.jp/tb/20788736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fusello at 2013-11-07 19:33
naokoさん、こんばんは☆
オリーブの収穫作業、ご苦労が伝わってきます。
naokoさんの提案が受け入れられたことに拍手です。少しでも楽に収穫したいですし、どうせ剪定する枝なら一石二鳥、、、
また受け取れるオイルの少なさにもビックリ!労力と作業時間を考えると買ったほうが安いのはやまやまですが、自家製オイルの魅力には勝てない!

↓の記事のキノコのパスタ、どんなお味なんでしょう?
いつも醤油味のキノコパスタしか作らない私には興味津々であります。
Commented by milletti_naoko at 2013-11-07 21:16
Fuselloさん、こんにちは。ありがとうございます。伝統をあまり知らないから、かえって自由に発想できるということもあるんですよね。つま先立ちで背伸びしながらオリーブの実を探すより、この方がずっと作業が早いです。受け取れるオイルが少ないのは、搾油場がかなり取ってしまうからです。搾油ができないと仕方ないけれど、こんなに搾油代に取られてはと、ご近所や親戚も、オリーブを持つ人は皆言うのですが、難しいものですね。やっぱり出自が分かり、自分たちで収穫したオリーブのオイルはことさらにおいしい気がします。

オリーブオイルにニンニクで香りをつけてキノコを炒め、塩こしょうで味をつけているのだと思います。盛りつけのときにパセリを散らすことが多いのですが、キノコの風味が味わえて、おいしいですよ。他にも何かハーブを使っていたかもしれません。
Commented by suzu-clair at 2013-11-08 00:23
オリーブの収穫ってこんなにすごいのですね!
日本にいる私たちは、そういうイタリアの方々のご苦労を知らないままオリーブオイルを使っていたんだな~と思いました。
これからは、オリーブオイルのお料理をいただくたび、
感謝したいと思います☆
ご自分のところで収穫されたオリーブオイルでお料理なさったら本当においしいでしょうね!
羨ましいです・・・☆
Commented by milletti_naoko at 2013-11-08 01:57
すずさん、ありがとうございます。ただ、ふつうは収穫がしやすいように、オリーブの木が高くならないように剪定を工夫し、繰り返すので、もっと作業が楽なはずですし、器械を使って作業をされる方も最近は多いようなので、うちはかなり特殊な例ではないかと思います。ハシゴの上の父子は何だか曲芸師のようにも見えますよね。今日もかなりの急斜面にあるオリーブの実を収穫していました。ボイラー交換のために、水道工事屋さんたちが作業をしているので、今日と明日は、わたしはうちでつきそい・待機・掃除係です。

自分たちで摘んだと思うと、やっぱりおいしく感じるし、大切に使わなければと気が引きしまります。10月から11月にかけてイタリアにいらっしゃれば、そこかしこで新オイルの味を楽しんだり、購入したりすることができますよ♪
<< 目指せ800時間 カプレーセ栗祭り >>