Oggi fuori

Oggi fuori stagione
今日も季節はずれの
f0234936_76846.jpg
i fiori di lillà
リラや

f0234936_762955.jpg
cosmea e zinnia,
コスモス、ヒャクニチソウの花が咲き、

f0234936_76448.jpg
la neve,
雪が降り、

f0234936_77114.jpg
e i fichi ancora sull’albero.
イチジクがまだ木に実っています。

イタリア語では季節はずれを「季節のそと」(fuori stagione)と言うのですが、

Fuori dal Senato e dal Parlamento



今日から、この人も国会の外。国会議員ではありません。

万歳!
Banzai!


Articolo scritto da Naoko Ishii

 この記事いいなと思ったら、応援の1クリック(↓↓)をお願いします。
Cliccate sull'icona (↓) se vi piace il blog.
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
NihonBlogMura Blog Ranking

こちらのランキングもクリックをお願いします↓↓ ありがとうございます!
Cliccate anche su questa icona. Grazie!

Ninki Blog Ranking

by milletti_naoko | 2013-11-27 23:08 | Fiori Piante Animali | Comments(6)
Commented by クロちゃん at 2013-11-28 07:52 x
なおこさん、おはようございます。♪
一足早い天からの贈り物~♪o(^^o ) ( o^^)o
この時期だからこその嬉しい光景がありますね。
こちらも毎日寒いです。(^^)/
Commented by milletti_naoko at 2013-11-28 18:42
クロちゃん、こんにちは♪ 春に咲くはずのリラが今頃咲き、もうしばらくしてから降るはずの雪が降って、リラに積もる雪という、珍しい、きれいな情景を見ることができました。

そちらも寒いんですね! どうかお体を大切に。
Commented by suzu-clair at 2013-11-29 00:32
雪、かなり降ったのですね!
先日の記事で、そちらの紅葉が遅いようだとおうかがいしていたので、まだ日本よりも温かいのかと思っていました。

植物への影響は心配ですが、
白い雪はやはりきれいですね。

このところ家を空けることが多かった上、
ようやくPCに向かう時間のできた昨日は、なぜかPCの調子が悪かったために、
やっとまた記事をまとめ読みさせていただきました。
青空と湖の美しい記事も素敵でした☆
寒くなってきているごようすですので、
お風邪など召されませんようご自愛くださいね。
Commented by ライラ at 2013-11-29 04:51 x
こんばんは。
ここ数日で、ぐっと寒さが増してきましたね。
いつも素敵な写真を拝見して癒されます♪
何となく、3枚目の写真で故郷の山を思い出し、懐かしく思いました。

ところで、個人的に何故ベルルスコーニ氏が未だに(一部の?)国民から支持を得ているのか、さっぱりわかりません…
わからないなりにTVニュースを見ていても、夜の政治討論番組?のようなものを見ていても、必ず出てきますね、彼の顔…
Commented by milletti_naoko at 2013-11-29 17:29
すずさん、11月に雪が降るのは夫の言うように植物にはよくないようですが、真っ白な雪がきれいで、散歩と撮影を楽しみました。氷点下のとき畑に野菜を採りに行く気力はなかなか出ないのですが、雪が解ける前に写真に撮りたいという気持ちは強くて、おかげで雪に覆われたキャベツも収穫できました。

ありがとうございます。すずさんも、ご多忙の上、季節の変わり目ですから、どうかお体を大切にお過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2013-11-29 17:49
ライラさん、ペルージャよりはるかに北にあるピエモンテは冷え込みもかなりのものではないかと思いますが、こちらも最近は季節はずれの急激な冷え込みや雪に襲われています。ライラさんのふるさとも緑の多いところなんですね。写真を喜んでいただけたと知って、わたしもうれしいです♪

いまだにベルルスコーニを支持する政治家や市民がいて、政治が彼に翻弄されることには私もあきれています。自社のメディアだけではなく国営放送でも自分に都合のいいニュースを流し、ニュースを歪曲し、くだらない番組を増やして国民の痴呆化を進め、何かをもっともらしく言えば、それで信頼が得られる状況を徐々に築き上げてきたようにも思います。昨日の各社のベルルスコーニ議員資格剥奪のニュースについても、報道の順に問題があるものが多く、失格決定のあとに、「これは民主主義の最後だ」と訴えるベルルスコーニやそれを取り巻く人々を映して終わりでは、見る人の頭にはベルルスコーニの顔や言葉の方が印象づけられる気がするのです。政界だけではなくテレビからも少しずつ退去していってくれることを、イタリアの将来のためにも心から祈っています。
<< キャベツにアイロン、関節症対策 初雪とコスモス >>